手軽に手で汚れを落とせるミニ洗濯板!無印良品とニトリを使い比べ

 
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
“暮らしはラクに楽しく♪”

ていねいな暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方を
お伝えしています。

ふきんやお掃除クロスを洗うのに
プラスティックのミニ洗濯板が重宝。

キッチンでは
台拭きなどの部分的な汚れ落としや
レンジフードをサッと拭いたクロスの
汚れをラクに取るのに活躍。

洗面台にも置いて
洗濯の部分洗いや
お掃除クロスの汚れ落としに活躍。

今日は
ニトリと無印良品ミニ洗濯板の使い比べと
活躍ぶりを紹介します。

 

■何しろ汚れが落ちる!

ガスコンロの掃除に使って汚れた
マイクロファイバークロスを
石けんつけてゴシゴシ。

PC227362

↑こんな汚れだって
洗濯板にゴシゴシこすりつけたら
どんどん汚れが取れます。

気持ちがいいこと~。

調理台の上で
台拭きタオルを滑り止めに敷いて
ゴシゴシすると…
きれいになりました。↓
PC187159

途中↓

PC187157

最初の状態↓

PC187154

手で揉み洗いしただけでは取れない汚れも
洗濯板の凸凹に押し付けて
ゴシゴシ手を動かすとよく落ちます。

 

■ニトリと無印良品を使い比べ

最初にキッチン用に買ったのは
ニトリで見つけた「Ramo」。↓

丸い大きな穴に親指を掛けて
板を固定して
もう片方の手でゴシゴシすると
洗濯板がズレずに力が入ります。

「Ramo」のは
丸い大きな穴が利用価値あり。
引っ掛けるのも便利です。

 

無印良品のも使ってみます。
お値段ニトリの3倍ほど、
何が違うのでしょう?

無印良品の洗濯板
穴は引っ掛けるのに
最小限ついているだけ。

でもね、
ニトリで買ったのと違って
板が柔らかいから
親指をひっかけなくても
ラクにたわんで使いやすいです。

ニトリの方は
固くて曲げられません。

手になじみがいいのは
柔らかい無地良品のです。
素材がいいように感じますが
汚れ落ちはどちらも劣らず。

どちらも溝のカーブが
汚れ落としによい働きが。

P1319286

無印良品のは形がシンプルなので
乾かす間
まな板と並べてハンギングしても
目ざわりにはなりませんから
キッチンには無印良品のを使います。P1269097

ニトリのは洗面台で使います。
水をきって乾いたら洗面台下
扉の裏にハンギング。

P1319292

 

■手のひら、指先を使う
気持ちよさを実感

PC227374

ミニ洗濯板は
シャツの襟や袖口洗いに使って
予洗いにももちろんいいです。

中でも私が一番いいと思うのは
小さなものの汚れを手でサッパリと
きれいにできる点です。

洗濯機任せに慣れてしまうと
自分の手できれいにする気持ちよさが
実感できません。

はじめから終わりまで
自分の手できれいにできて
その過程を目で確かめられます。
これはなかなかうれしいことです。

ソックスなどの部分的な汚れには
固形石けんとミニ洗濯板!

子どもも
自分のソックスなどは
自分のソックスを手にはめてゴシゴシ…。

子どもにも手を使って
汚れを取る気持ちよさを伝えましょ~。

手をよく使って
汚れを落としながら
大人も子どもも脳トレ~。

手のひらサイズの
プラスチックの洗濯板が
思いがけずに活躍。

汚れ落としの気持ちよさを実感するのにも
お役立ちアイテムです。

コンパクトで
しかも当然電気を使いません~。

「洗濯板」って
機械と電気任せの家事を
見直すきっかけになる道具!?

*

ふたつの洗濯板のリンクを貼ります。

無印良品洗濯板
 Ramo

 


posted : 2017年1月31日