片づけ、掃除の「やる気スイッチ教えてください」。自分を動かすのは、案外カンタン!?


暮らしのアドバイザー
土井けいこです。
暮らしがラクに楽しくなる
工夫をお伝えしています。

週末の今日は
「暮らしを愉しむ」です。

P2049504

 

今日の話題は、
プレッシャーかけずに
ふわっと身体が動き出す、
やる気が湧いてくる
私の休日の過ごし方です。

講座でよく質問されることに
「やる気」の問題があります。

「やる気スイッチの入れ方
教えてください」
「やる気になれなくて困っています」
と、講座の受講生から聞くのですが…。

篠原菊紀著
『生き方上手になるための
「片づけ脳」の育て方によると
やる気スイッチって、
直接働き掛けられないのだとか。

 

P2049501

 

■それでも、
”自分を動かす”方法がある

 

私の実践方法を紹介します。

まずゆっくりと、
雑誌をひろげて
コーヒータイムを愉しむ~♪

↓この写真のカップの持ち手の
向こうのぼんやりしたものを
よく見ておいてくださいね。

P2049509

雑誌のページは収納記事。
これ、視覚から収納改善したくなる
私の「その気」仕掛け方法。

料理のページを見ると
料理を作りたくります、
私の場合は。

これは人によって
効果があるかないか
分かれるようです。

いろいろな脳科学の本に書かれていますが
写真などで刺激を受ける人、
文字情報で刺激を受ける人、
いろいろなんだそうです。

両方アンテナ感度が高い人も
いるかもしれません。

逆に両方得意でない人も
いるかもしれません。
両方得意でない人にも
方法はありますので
最後まで読んでくださいね。

もし文字情報の方が向いているなら
「『収納が苦手』な人のための片づけ術」
をおススメします。(笑)

私の場合は、
「すること」が
何気なく目に入るように
仕掛けを作ります。

↓コーヒー飲んでる
私のずっと先には
缶がふたつあります。

P2049510

 

↓ ペンキです。

P2049497

 

去年の春。
リビングとダイニングの家具の
扉と天板を取り替えて
ペンキを塗るはずが
いまだにできていません。

先日、写真撮影の予定があり、
その準備で
ペンキを塗らなくちゃいけなくなって
やる気に…
というより追い込まれた!?

撮影のために
冬っぽさをインテリアから外して、
ペンキ塗りも
「やるぞ!」と思ったら…
じつは、ペンキが行方不明(苦笑)。

P2049506

 

私、先月中旬ケガをしまして、
ペンキが行方不明だったのも本当だけど
思うように動けなかったのも事実。

それやこれやあって
写真撮影延期になりまして、
よかった~。

だいぶ歩けるようになり
今月中旬の撮影には
影響ないでしょう。

 

■誰にでもできる方法がある

自分を”その気にさせる”のは
とてもシンプルな方法です。

いつもお伝えしている方法です。
ものに手を触れること。
片づけたい場所でも、
勉強ならノートや本でも、
手でていねいにゆっくり
触れてみます。

新聞記事で
脳科学の専門家の方が
書いていました。
3分くらい触れるのが
効果あるそうです。

皮膚感覚も
人それぞれでしょうから
ここはじっくりと3分、ですね。

触覚は五感のベース。
自分の変化を感じてみませんか?
3分は、カップ麺の時間ですよ(笑)。

え?3分もじれったい?
と思った方。
とにかくしなければいけないことがあって
やる気スイッチをいれたいときは
なんでもいいから
身体を動かすといいそうです。

 

さて…、私は眺めて触れる作戦で
いきます。

触覚は五感全体のわずか2%とか。
それでも五感のベース。

視覚は80%。
だから、ペンキは
時々目に存在が入って
手を触れようと思ったら
触れられるところに
「出して置く」ことに。

いつも視野に入ると
見慣れて景色になるので
置き場所は考えて。

DIYの雑誌読みながら
ふと目を遠くにやると
そこにはペンキがある。

じつは刷毛もキッチンの隅
掃除をする時だけ見えるところに
透明のポリ袋に入れて
ぶら下げてあります。

ペンキ塗りの
お試しをしたい場所が
キッチンにありますから。

時々目にしているうちに
ふわっとやる気が湧いて
身体が動き出す〜かな?

近いうちに
ペンキ塗りの報告が
できますように~。

 


posted : 2017年2月4日