日常の中で『10分片づけ』〜食器の場合

1年前「手放そうか…」と思っていた器を、
この度手放すことにして
仕事の合間に食器の『10分片づけ』。
それをきっかけに
置き場所に困っていた器問題も解決しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事の専門家
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

日々の暮らしの中でモノの管理をする
「10分片づけ」をおすすめしています。

 

実は冒頭にも書いたように、
デスクワークの合間に
手放す器のパッキングが目的で、
「10分片づけ」。

でも、器が斜めに入っているのも
気になっています。
ほかにもごちゃごちゃが気になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パッキングのため収納から出してみたら、
ほかの器なども「もういんじゃないかな?」と、
手放すものが増えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パパッと決めたわけじゃないです。
「もういいよね?」「そうだね?」

もう一人の自分と会話しながら
気持ちはゆっくり
手放すものが増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとスペースに余裕ができたことで
あちこち意味や使用頻度の変化を点検して、
「繕うもの」(右下枠)を半分以上繕いをあきらめて処分へ。

ムリして決めたわけじゃなく
「もういいよね…」って思えたから。

モノに実際に手を触れることで
気持ちにムリなく
納得のときが訪れる気がします。

 

残した「繕いたいもの」は
「手放し候補」の枠に一緒にして
「繕いたいもの」の枠はなくして、
「思い出のもの」を空いた「枠」に移動。

「思い出枠」だったところに
大きな器が収まり、

斜めに入れていた水玉の器も
すっきり収まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

手放すモノの整理がきっかけで
「斜め問題」も解決しました。

大掛かりに意を決して片づけるより、
ふだんから困っていることを意識しておき、

気分転換に
時間を区切って「10分片づけ」。

今回は、「10分片づけ」を2セットで
手放すモノのパッキング。
続けて空いたスペースの片づけをして、
うまくしまえないでいた器のしまい場所もできました。

 

 

追伸
二日間投稿をお休みしてしまいました。
お伝えしたいことは日々生まれてきます。
できるだけ毎日お伝えしていきますので
どうぞよろしくお願いします。

 


posted : 2016年6月28日