「リビングが散らかるんです…」。脱ぎっ放しの上着は、フックで解決!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

暮らしはラクに楽しく♪
掃除、料理、片づけ、収納
家事がラクにできるようになる
工夫と考え方をお伝えしています。

今日は、ソファーや椅子に
上着が置きっぱなしの対策として、
フックで仮置き場所を
作る事例を紹介します。

「家族がリビングの
あちこちにものを置いて
散らかってしまう…
言っても片づけない…」

家族がリビングに持ち込むものは
いろいろあると思いますが
まずは上着から確実にひとつ一つ
散らかりを解消していきましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

上着を置きっ放しにする
理由

帰宅して真っ先にリビングに向かい
リビングでかばんや荷物を置き、
上着を脱ぐ…。

手からものが離れる瞬間には
すでにほかのことに
気をとられているのかな?

それでどこでも
置いてしまうのでしょうか?

上着の片づけ場所が
各自の部屋の場合は、
そこまでの距離が
実際より遠く感じて面倒なのかな?

長年の習慣でなんとなく
置くのでしょうか…。

「片づけて…」と言っても
言葉が届かないのは
きっといろいろ絡まっているんですね。

それなら言うよりも
上着を脱ぐ場所の近くに
フックで仮置き場所を作るのが
散らかり解消にははやい?

根本解決ではないですか?
う~ん…それでも
フックに掛ければ
置きっ放しの散らかりが一つ減ります。

 

■壁とドア、垂直面利用
置きっぱなし散らかり解消

うちのカウンター下には
耐荷重10キロまでの
石膏ボード用クロスピンフックを
つけてあります。

フックは
ふだん別の用途に使っていますが
上着と手提げを掛けてみました。

耐荷重OK。
フックが大きいので
掛けやすいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フックのつけ位置を
テーブルより下にすると
幼稚園年長さんから
使えそうですね。

低い位置のフックは
じつは大人にも便利なんです!
腕を高く上げなくていいので
動作がラクです。

壁にキズをつけない
粘着タイプやプッシュピンを
使うのも方法です。

↓モップなどの一時置きピンに
ハンガーを掛けてみました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

うちでは
引っ掛け場所をリビングまでの
途中につくって、
上着類をリビングに
持ち込まないようにしています。

あ、リビングに
上着が置きっ放しになるのは
玄関の近くに上着などを
掛ける場所がないからかな?

ドアに掛けるフックは
ドアの厚みに合わせて選ぶのが
ポイント。

玄関からリビングへの通路のドア↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほとんどのドアに
ドア用フックを掛けてあって
上着やバッグなどの
仮置き場所として
とても便利に使っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玄関からの通路には和室への
引き戸があり、
出入りのじゃまにならない位置に
鴨居用のピンを打ち付けるタイプの
フックを取り付け。

丈の長いコートの一時置きや
来客時のコート掛けにも
便利に使っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鴨居など、
高くて手が届きにくい場合は
紐やS字フックを使って
高さを手の届く位置まで調節。

 

■行動のクセを知って
フックで対策

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スーパーから戻って
食卓や椅子に手提げを置き
脱いだ上着を椅子の背に
掛けることはありませんか?

シンク下の扉にフックを掛けると
手提げや買ってきた食品が
サッと仮置きができます。
無印良品横ぶれしにくいフック(大)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

仮の引っ掛け場所がないと
私はついそのへんに
置いてしまうんです。

先日講座でエプロンの仮置き場所
が話題に。
「なんとなく
そのへんに置いてしまう…」

私の場合、エプロンを外す場所が
キッチンと脱衣所なので
両方にエプロンの
引っ掛け場所を作っています。

脱衣所のドア=脱衣所側↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手からものが離れる場所の近くに
フックをつけておくと
ラクに片づきます。

自分の行動のクセ、
家族の行動パターンに合わせて
引っ掛け場所をつくると
置きっ放しが防げるかもしれません。

それから、
フック使いの大事なポイントは
「フック一つに掛けるものは一つ」
を基本のルールに。

せいぜい
同時に置く上着と手提げ
がそれぞれ一つ。

そうでないと仮置き=一時置きの
意味がなくなります。

一つのフックに上着二枚は絶対NG!

新たな置きっぱなし場所を
つくらないために
フック一つにもの一つ、
このルールは重要です。

 

■自分の快適のための
引っ掛け収納

置き場所を作っても
意識がなければ片づけ行動には
結びつかないものです。

そういうわけで
家族に片づけ場所を知らせても
行動が変わらないことも
盛り込み済みに。

自分のものは自分で片づけるのが
基本ですが、

まずは、視覚的な快適を目指して
フックで散らかりを
一つでも減らしませんか。

家族の片づけ習慣と
自分の快適のためを
分けて考えると気持ちがラク。

ものが置きっ放しになる
すぐそばに引っ掛け場所をつくるのは
じつは自分のスッキリのため。

次の日、
上着の持ち主が引っ掛け場所から
ものを手に取りますよね。

もしかしたら意外に早く
すんなり誘導策に
のっかってくれるかな?

 

今の時期、
テレビは新番組がいっぱい。
お子さんたちは新学期。

大人も子ども気分一新。

新しい片づけ方法を取り入れるには
よいタイミングですね。

フック活用で
なんとなく置いてしまう対策をとって
散らかり状態を
一つずつ解消していきましょう。

 

***************

【講座のお知らせ】

4月から平日の講座
午前と午後2時間になります。

●4月の講座
4月15日(土)3時間@大阪

4月20日(木)午前、午後各2時間@大阪←追加!

4月25日(火)午前2時間@神戸

●これまで通りの
ゆったり3時間講座は
週末です。

講座の案内、
詳しくはこちらに掲載。

「春のおそうじ実演講座」
4月10日(月)午前
おそうじが苦手な人が
楽しくそうじができるようになります♪

詳しくはこちらに掲載。


posted : 2017年4月5日