春、靴を片づけて玄関を快適に。履かない靴の理由と履けない靴を増やさない対策

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

暮らしはラクに楽しく♪
掃除、料理、片づけ、収納
家事がラクにできるようになる
工夫と考え方をお伝えしています。

今日は靴の管理の話です。

履いていない靴に焦点をあてて、
履けない靴を放置しない方法や

処分するに忍びないものの
管理法を取り上げます。

 

↓自宅講座当日、準備中の玄関。

IMG_2136

 

履かない靴には理由がある!?

新入学の子どもたちも
新社会人も靴を新調したでしょうか?

大人だって冬のブーツから
軽やかな靴に履き替え。
玄関もリフレッシュの春ですね。

成長するちびっこの靴が
履けなくなるのはわかりやすい。

大人の場合はややこしい。
履きたいのに履けない靴がある。

靴ズレする、サイズが大きい、
足に合わない靴を履くのは
ほんとうにつらいです。

見た目きれいなのに
(自分が)履けないからって
見た目きれいなものを処分するなんて
「もったいない…」。

…そんな気がして取り置く気持ち、
すごくよくわかります。

問題は取り置き方かもしれません。
管理さえしていれば
履かない靴が溜まることは
防げます。

 

私が靴を手放す理由、きっかけ
残す理由と残し方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の20年以上前の靴です。↑
アップに耐えられませんね。(笑)

すごく気に入って
同じのを3足も買って
どれも直しながら
洗いながら長年履いてきましたが…。

あまりにも長く履きすぎて
飽きたのかもしれません。

年齢を重ねて足の形が変わって
履きやすさの基準が変わったのかな?

服の好みが変化して
合わせる靴も
変わったのだと思います。

そんなわけで
2年前「相棒」を2足処分。
(残した写真の1足もいよいよ処分)。

ほかにも
すごく気に入っていた
歩くたびに足がスポスポ抜ける(笑)
靴などを
やっとの思いで処分しました(笑)。

その時は
どうしようか(残したい)
と思いながら
石けんで洗ったんです。

靴を洗ったことが
気持ちに踏ん切りをつける
きっかけになりました。

一昨年、昨年と
2年続けて履けない靴を処分したところ
棚がスカスカに。

10年前は
毎日のように着物を着ていたので
↓この玄関の棚に
草履がずらりと並んでいたことも
ありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

5、6年前、カンペールの靴に出逢って
長年の相棒と疎遠になって(笑)

カンペール初代はかかと直して
底が割れるまで履き、
二代目、三代目と続いて

三代目が
かろうじて残っていますが
革がのびてブカブカに。

↓こげ茶色の三代目も、
黒い靴とともに処分?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちょっと話はズレますが
冬用の靴を片づける話です。

気温が上がり、春先まではいていた
暖かい靴を
先日クローゼットにしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そうそう、これも余分な話ですが
来シーズン履く靴や
履く機会は限定でもないと困る
フォーマルとかのパンプス類は
クローゼットがしまい場所。

冬靴をしまうついでにパンプスを点検。
点検は履かない靴を
生み出さないために必須です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

去年夏に、立て続けに出会った靴を
棚に出し、
昨シーズン数回しか履かなかったものも
出して様子を見ます。
(左の上下二足が様子見です)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

履けない靴をなくす工夫

私のマヌケノコアシは
ずんぐり甲高で靴を選びます。

サイズ調整のための中敷きや
靴ズレ防止のパッド…などを
買い揃えて
履けない靴を放置しない工夫を
してきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かかとが減った時
修理ができないタイプの靴には
あらかじめパッドを
接着剤で貼って
すり減り対策を施しています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体がしっかりしているのに
かかとだけすり減っても
修理ができないと
これまた捨てるに捨てられないものを
抱え込むことになりますから。

かかとが修理できない靴は選ばない
という選択肢もありますが…。

このパッドは丈夫で減りにくくて
長持ちです。

 

どうしても手放せない靴は
どうする?

私の話ではありませんが
プレゼントされた高価な靴を
一度も履かないまま
10年以上取り置き…

手放そうと、
リサイクルショップに
持っていったところ

経年劣化を理由に
引き取りを断られてしまった。。。

値段に関係なく、
一度しか履いていない靴。
処分するのはもったいない!
そう思いますよね~。

だからといって
玄関に「履かない」靴を
そのまま放っていたら
どうなるでしょう?
新品だって劣化するんです。

形がちゃんとした
履けない靴=ゴミ?
を抱えていることになりませんか?

【よく履いている靴】と
【全然履かない、
履く気持ちがないもの】が
混ざっていませんか?

その場合は
まず分けませんか?

次のステップとして

【思い出の品】や
【(手放すのが)もったいないもの】は
別の場所で
対処の仕方がわかるまで
(納得するまで)管理するのも方法です。

置きっ放しはNG。
場所が変わっただけになります。

同じ場所にごちゃ混ぜで収納していると
気がついた時には
もっと手放せなくなります。

数回履いた靴でも
ブランド品でなくても
リサイクル店によっては
引き取ってくれるところもあります。

 

【今の暮らしに必要な靴】は
しっかりとケアをして
長く最後まで履きたいと
やっぱり思います。

【靴の形をした思い出?
のもの】は
収納場所を分けて管理します。

分けるだけで
玄関(収納)、スッキリ。
分けておくと
あとあと手放すのもラクです。

玄関は帰ってきた人を迎える場所。
自分も家族も
ホッとできる空間に。

 


posted : 2017年4月10日