モノを半分に減らして、涼しさ感じます

暑いときに片づけなんて…
と思いますか?

扉の中のぎっしりを
スッキリさせたところ、

さわやかな風が通って、
眼から涼しさを感じています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あなたの時間を大切に。
時短家事のプロ
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

 

7月に入り、関西は早々に猛暑。

キッチンシンク上の収納。
「立てて入れるもの」の扉の中がぎっしり。
毎日開けるたびに暑苦しさを感じます。

キッチンにお水を飲みに行ったついでに
『10分片づけ』。

まずは、全部出します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

毎日開け閉めするたび
入っているものを眺めていたせいか

中のものを出す間に
処分対象はあさっり、はっきり!

取り出しただけで、
「もういいね…」と思えるから不思議。

 

そうめんのふた3枚。
「パン」「魚」「肉」。

これ捨てる?

「パン」は
パン作りをしていたころ愛用のもの。

再びパン作りをするようになりたいので、
その仕掛けとして、
これは「残す!」と即決。

残す=捨てないものには
理由があるのです。

いや、逆です。

処分するものこそ、
残す理由がない、といった方がいいかな?

あっさり処分が決まったのはこちら。
↓ 右は処分。左はほかの用途に転用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

必要と必要ではないものと
どちらでもないもの
3つに分け

「必要」なものだけ残して
ものを3分の1に減らす…って

料理家有元葉子氏の著書
「毎日すること。ときどきすること。」に、
そう書かれていました。

それができるっていいな~。
と思われましたか?

家じゅうの収納を
時間やスペースを区切って

ひんぱんに片づけているって
書いてありましたから

片づけ上手なかたでも
だからこそ?
日々片づけをされている。

その結果が、
「3分の1に減らす」
なんだ、と思いました。

 

私も確実に使うものだけにしたら
3分の1に(↓)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

だけど
3秒以上考え込んだら「それ以外」。
迷うものは、次考えましょ(笑)。

ってことで、
元の場所右側に戻しました!

3秒ルールがあるから
ラクに片づけられます(笑)。
私の『10分片づけ』はゆるいです。
潔くない、ワタシ(笑)。

 

毎日開け閉めするたびに
ものが詰まっている状態を映像で記憶して
日常のすきま時間を使って片づけます。

時間を区切ることで
さくさく進められます。

3分の1にはならなかったけれど
半分くらいにはなったかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

扉の中がスカスカに!
さわやかです。

暑いときこそ、
時間を区切って『10分片づけ』。
おすすめです。

 


posted : 2016年7月3日