排水口をヌルヌルさせない秘訣は、すごく簡単なことだった!

排水口って、ヌルヌル汚れがイヤですよね。
毎日ササっと洗っていれば、
ヌルヌルにはならないのですが、
わかっていながら、
掃除を忘れてしまいがち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事のプロ、
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

 

先日、

キッチン排水口の掃除を忘れていることに気がつきました。
ストレーナーを外してみたらやっぱり汚れている。
お掃除クロスでぬぐえば、取れそうです。

でも、この際ですからお湯と酸素系漂白剤を使って
排水管もお掃除します。

 

お湯が沸くまでの5分は、
ほかのキッチン周りのお掃除タイムにするので
これもよいきっかけ?

注いだお湯が流れてしまわないように
トラップを外して
30センチ×20センチのお掃除クロスを
2枚詰めます。

汚れの写真ですみません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お掃除クロスの上に
トラップをひっくり返して置いて
塩ビのトラップが変形しない程度に熱湯を冷まして注ぎ入れ、
酸素系漂白剤を振り入れ
泡立ったところで冷めるまで放置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

冷めたところでトラップを取り出して
ペンシルブラシを使って
トラップの凸凹についた汚れや
周りの溝掃除をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

詰めたお掃除クロスを取り出すと
クロスの汚れも同時にきれいになっています。

排水管の中と縁をブラシで軽くこすり、すすいで完了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

トイレの排水口の汚れは目に見えるけれど
キッチンの排水口は
カバーがついているので中が見えなくて
目に見えないと気がつきにくい。

見えないところこそ
掃除を習慣にするとヌルヌルさせずに
掃除もサッと済んで気持ちがいい。

使うたびにサッと掃除すればいいんですよね。

…と言いながら、
「あれ?キッチンの排水口昨日掃除した?」

と思い、この記事を書いている途中、
お水を飲みにキッチンに行ったついでに
排水口のストレーナーを取り出してみました。

ヌルヌルにはなっていませんでしたが…、
見たついでにお掃除クロスで
ぬぐいました。

食器洗いの後のフルコースから、
排水口の掃除忘れること多いです。

特に、湿度と気温が高くなるこの時季。
あらためて、ヌルヌルさせないように

…と、心にメモしました。
大丈夫かな?

大丈夫、何回でも気づいたときに
習慣づけを心掛けますから。

 


posted : 2016年7月4日