カビ取り剤いらずの浴室。入浴ついでに1分拭いて、しっかり乾燥でお風呂掃除なし!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

ていねいな暮らしのための
時短家事をお伝えしています。

きのうは
高いところを拭けるように
モップを回転しないように
工夫の紹介でした。

きょうは、
浴室をカビさせない対策です。

乾燥を心がけるだけで
カビのない 快適な浴室を
長年キープ。

カビはすぐ取れなくても
ジメジメしない
カラッとしたお風呂は
きょうから即できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


■換気ファン活用と
日々の1分で
カビない浴室に

お風呂のカビで困っている人に
換気ファンの使い方を聞くと
ほとんどが使い方を
間違っています!

昭和の建物などで
換気ファンが設置されていない場合は
窓と浴室のドアを開けて
風を通して乾燥させる
ことになります。

その方法が
半端に記憶されているのか
窓のない浴室で
ドアを開けて
換気ファンをオンにしている!

換気機能をフルに活かして
湿気を外に出すには
湿気を浴室内に
閉じ込める必要があります。

ドアの下部にある
細いすき間の通気口から
空気を吸い込んで
浴室内の換気口から
湿気とともに効率よく排出する、
そういう換気システムなんです。

だからドアを開けるのは
NGです。

ドアを開けると
脱衣所に湿気がたちこめて
お風呂も脱衣所もカビの原因に。

換気ファンを使っても
コストを気にしてか
短い時間で
湿気が完全に抜けないうちに
切ってしまうケースも。

完全に湿気を抜かないと
カビますから
中途半端に使った電気はムダに。

特に持ち家の場合、
コストは電気代だけでなく
カビで住まいが傷むコストも考えて。

持ち家か賃貸の区別なく
健康への影響も考えなくては。

私が住むのは
24時間換気システムが
法律で義務化される前の建物です。

コンクリート高気密で
窓がない浴室ですが

換気ファン活用と
数年前からの
お風呂上がりに1分拭くことで
カビはほとんど心配はありません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■ついで掃除&ながら掃除
のための工夫

一年前に
汚れがよく取れて使いやすサイズの
マイクロファイバークロスに出会って
お風呂のカビ防止にも役立っています。

クロスの置き場所も
手に取りやすくひと工夫。

浴槽の手すりに一枚。
そのほかに もう一枚。

身体を洗うのに
洗浄剤要らずのクロスや
ブラシを使っています。

いい具合に壁から浮いているので
これもカビ防止。

浴用グッズと同じ場所で
手が伸ばしやすいところが
もう一枚のクロスの引っ掛け場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャンプー用のボトルも
最小限なので サッとクロスで拭けて
ボトルのヌルツキ(カビ)もなし。

そういうわけでカビがまったくない …
といいのですが
ときたま天井際で小さな黒いものが!

お湯に浸かっているとき
天井と壁の境目を見て
黒いもの(カビ)チェック。(笑)

見えたら浴槽から出るのに
立ったついでに
クロスでサッとこすって、
そのあとシャワーがお湯になるまでの
水を使ってクロスを洗います。

最近、カビ予防で浴室を出る前に
天井と壁のつなぎ目などに
エタノール(アルコール)
スプレーをかけるように。

立って手にできる天井に近い棚が置き場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■浴室から出る前に
手と身体を1分動かす

カビ対策に
換気ファンを使いますが
その時間を短くして

なおかつ汚れも取れる
方法があります。

ここでちょっと前置き。

浴室から出る前に
まずバスタオルで身体を拭きます。

そのためにバスタオルは
中から手が届くように
ドアに外に引っ掛け収納。

身体が濡れていると冬なら寒い。
いまの季節でも夏でも
濡れたままでは気持ちがよくない。

脱衣場でバスタオルを使うと
たぶん埃がたつと思います。

とにかく
浴室内で 濡れた身体を拭くと
スッキリなんです。

前置きが長い!(笑)

それで換気効率をよくして
汚れ取りを同時にする方法ですが
浴室から出る前の1分が大事。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑こんな感じ…で
ザッと拭きます。

え~! 拭くんですか…。
そんな声が聞こえてきそう。(笑)

日々の1分で
あらためて掃除をしなくてよくて
カビもなくなるんですよ~。

拭くといっても
汚れやすい浴槽の縁の高さから下を

身体を拭いたバスタオルで
ザッとです。

気持ちに余裕があれば
時間延長&場所拡大。

水滴だけでなく
石けんやシャンプーの泡も
同時に拭き取れて

カビのえさになるよごれも
取れてしまいます。

家族が後から入る場合も
よごれを
自分の段階で拭き取っておけば
溜まることがなく
カビのエサを少なくできます。

 

■『1分』がラクにできる
道具選びと置き場所の工夫

じつは去年の夏から
拭き取りにも タオルサイズの
マイクロファイバークロスを
使っています。

バスタオルよりも扱いがラクで
吸水力あって汚れも取れます。

スクレーパーも使うようになって
楽しく水滴をかき集めています。(笑)

文章に書くと長いようですが
わずか1分です。

何度もいいますが
この1分でカビ対策ができて
お掃除の時間も浮く…
となれば 1分の効果はすごい!

1分拭く動作を
頑張らなくてもできるように
グッズの置き場所を工夫。

床の水滴を拭くときは
姿勢がラクなように
床に膝をつくので
膝をついて手を伸ばした位置が置き場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無印良品のマグネットで
スクレーパーと
クロスを引っ掛け収納。

ユニットバスは マグネットが使えて便利。

きのうの記事で紹介した
天井など高いところ用の
モップの置き場所は
ドアの取っ手の近くに。

拭くのをサボりたいときにも
ドアを開けようとすると
道具が目に入る位置。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ザッと拭いて出て
換気ファンを入れると
30分後には浴室内の床が
カラッと乾燥しています。

拭かない場合は、 ファンは一晩稼働。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

カビ対策は乾燥が一番です。

いまカビがある浴室も
きょうから まずは
一晩中換気ファンをオンにして
しっかり乾燥を。

そのうえでカビ取りをすれば
カビ取り剤とカビの
追いかけっこが 解消です。

 

 

《追記》
塩素系のカビ取り剤は
取り扱い注意ですし
できるだけ使わない方がいいと
思っています。

でもどうしても
使わなければならない状況であれば
チューブ入りのゼリータイプを。

泡タイプより取り扱いがラクです。
スタジオのユニットバスの
カビを取るのに使って
効果がありました。 

溜めた汚れを取る方法
カビと汚れをためない方法の講座の詳細の
リンクを貼ります。


《追記2》
昨日の記事にお風呂用モップの
回転防止策その後の改善写真
追加貼りました。

 

***************

【お知らせ/神戸の日程
グループ講座&おそうじ講座】

■グループ講座
「暮らしの困りごと解決サロン」

5月20日(土)
11時~14時
@大阪豊中

5月30日(火)
10時~12時
@神戸須磨

講座の詳細とお申込み

■テーマ別単発講座
「時短家事実演講座
/そうじをラクに楽しく」

5月23日(火)
11時~14時
@大阪豊中

講座の詳細とお申込み

 

***************

【通年講座のお知らせ】

6月から
「台所しごと」(見学はキッチン)
の3回シリーズが始まります。

通年講座は
「暮らしの困りごと解決解決サロン」
受講の方が対象です。

詳細&お申込みは
こちらをご覧ください。

講座の詳細とお申込み

 


posted : 2017年5月16日