油と水を吸収するクロス。洗って汚れスッキリ!ギュッと絞って台拭きのジメ~&臭いサヨナラ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

今日を大切にする時短家事と
暮らしがラクになる
「減災収納」を
お伝えしています。

お掃除講座では、
洗剤を使わない
マイクロファイバークロスを使う
お掃除や食器洗いを
おススメしています。

すると…受講生さんから
マイクロクロスの汚れが取れない
という声が!

そこで、
台拭きをいつも快適に使うコツを
紹介します。

 

■マイクロファイバークロスを
おススメする理由

タオルなどを台拭きに使って
たたんだまま置いてあると
臭ってきます。

臭うのは雑菌が原因。

特に湿度が高い季節は
雑菌が繁殖しやすいのはご存知の通り。

マイクロファイバークロスは
(マイクロクロスと表記)
乾きがはやく、
乾くまでの途中も
サラッとした手触りで臭いません。

ただし、
絞り方が弱いと当然水気が残ります。
雑菌は水分を好み繁殖するんです。
マイクロクロスでも
ほかのクロスでも
絞り方がゆるいと臭いの元に。

あるとき、台拭きを手にして
ベチャっとして
なんだか気持ちよくない。
台拭きはわたしだけが使うわけではないので
人によって絞りが弱いことに気づきました。

握力の問題ではなく意識の問題かな?
台拭きを使った人は男性ですから。

台拭きは使うたびに
汚れを取るのに水洗い。
洗ったらギュッと3回は絞ること。
これもジメっとさせない
大事なポイント

 

■マクロクロスは
臭いの元になる汚れが落ちやすい

マイクロクロスは
超極細繊維が油汚れも水分も吸収。
繊維に付いた汚れも落ちやすいんです。

繊維についたばかりの油汚れは
コンロのひどい汚れでも
2~3秒お湯で
揉み洗いすると汚れは取れます。

洗っていると
汚れが落ちるのが 目に見えますから
また洗いたくなるんです。

キッチンには
洗って乾いたクロスが
かごに10枚スタンバイ。

洗い替えをたくさん持つと
汚れのない台拭きに替えながら使えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■台拭きを
臭わず白くサラッと
気持ちよく使い続ける工夫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

揉み洗いでは取れない汚れが
全体にうっすらつくと
沸かしたお湯と酸素系漂白剤(※)を使って
つけ置きします。

冷めたら漂白液から出して
すすいで干します。

酸素系漂白剤は
全体の汚れを取るのに 向いています。

汚れがひどいところなどは
石けん使って揉み洗いが効果的。

マイクロクロスは
ほんとうにラクに汚れが落ちやすいので
洗うのが習慣になって
クロスに汚れをためなくなっています。

講座の受講生さんから
「クロスの汚れが
酸素系漂白剤では取れない…」

「どのくらいの頻度で
クロスを洗うのか…」

とよく訊かれます。

どうやら一日中一枚のクロスを
使っているようで
ひどい汚れになってから漂白している?

台ふきんに汚れがついたままでも
気づかずだと

マイクロクロスにも
汚れをたまり拭き取り効果半減のうえ
汚れも落ちにくくなります。

 

■お湯を沸かすは流れの中で
ついでにするとラク
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マイクロクロス洗いのために
お湯を沸かすタイミングは
クロスが汚れたな…と感じたとき。

何枚溜まったらとかは、関係なし。

気がついたときがタイミング。
最低でも一日に一回は
酸素系漂白剤のつけ置きしています。

キッチンにいるときは
クロスが汚れたらいつでもお湯を沸かします。

コーヒーのお湯を沸かすのと
同時にだったり、
片づけや食器洗いの前にお湯を沸かして
洗い物の間、酸素系漂白剤のつけ置き。

一連の台所しごとが終わってから
お湯を沸かすのも習慣です。

汚れを拭き取ったクロスは
当然汚れます。
クロスの汚れは拭き取ったらすぐ洗って
ギュッと絞る。

その小さな習慣が
クロスを快適に使い続けるコツ。

 

***************

《クロス選びのポイント》
超極細繊維のサイズは
28センチ×20センチ。
半分にたたむと手のひらサイズにな。

正方形では
どうしてもハンカチたたみで4枚に。
手のひらに
汚れが取れている感覚が伝わるのは2枚。
サイズや厚みがポイント。

※酸素系漂白剤を使うのは白だけ
色物は染料の関係で漂白剤を使うと
繊維が劣化する可能性がありますので
石鹸洗いを。


posted : 2017年6月1日