ツールスタンドを、生ゴミ入れにしてみたら?

そもそも生ゴミは使うたびに処理すれば
入れ物はいらないですよね。
そう思いながら、生ゴミ入れを買い替えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事のプロ
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

 

うちでは生ゴミが濡れないように
生ゴミ入れをシンクの中には入れません。

シンク前にボウル&ザル(直径約17センチ)を置き、
長年、生ゴミ入れに使ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これのいい点は、
調理中、野菜の皮をむくとき、

そばに引き寄せて使えること。

でも…正面に置いてもコーナーに置いても
調理中以外は場所塞ぎです。

それと、このボウルは
食器洗いや台拭きなどに使っているクロスを
酸素系漂白剤でつけ置き洗いするのにも使っているんですが、
それに使うには小さいのです。

売り場でキッチンツールスタンドを見たとき、
「不便」を、思い出し、

ひょっとしたら漂白にいいかもしれない
とひらめきました。

水を500㏄カップで同じ量入れてみると
なんと、容量がこんなに違います!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

買い替えたことで、
漂白中もシンクの中で場所をとらなくなりました。
ツールスタンドの底の直径は11センチですから。

しかもふきん、食器洗い、台ふきん2枚、
一度につけ置き漂白できるようになりました。

 

調理中以外は奥のコーナーに置けます。
ボウルと違って場所塞ぎになりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

もし、生ごみをその都度処理するようになっても
今度の容器は漂白用に活躍します。

あ、ビンなど、
細長い容器を逆さにしてつけ置き漂白もできるし、
ラベルはがしもできますね。

と、いうことは
ワインクーラーにも使えますよ~。

キッチンツールスタンド、買ってよかったな~。
生ゴミ入れ、漂白だけでなく
ほかにいろいろ活躍しそうです。

 

日に2~3回は漂白するので、
そのたびに生ごみを処理して、
ついでに容器も洗うことになります。
漂白すると容器もきれいに~。

これは今までと変わりません。

 

 

【追記】
生ごみ入れは、入れにくい容器&場所がいい!
生ゴミ容器をボウルからツールスタンドに替えて、
生ゴミ入れの置き場所が正面(水栓右)から左コーナーへ。
そうしたら。。。
生ごみを容器に入れずに即処分するようになりました!

今までは低くて正面で入れやすかったんです。

高さが出て、口が狭くなって入れにくくなった!

入れにくい方が、即新聞紙に包んでゴミ箱に直行するんだ、
と気がつきました!
買い替えて良かったデス。笑

 


posted : 2016年7月15日