「セーターにたたみジワ…」。スチームアイロン不要で、水と手でラクに取れる方法がある!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

春にたたんで収納したセーター。
急な気温の変化で
着ようと思って出したところ
たたみジワ!

こんにちは!
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
ていねいな暮らしのための時短家事と
「減災収納」という暮らし方を伝えています。

きょうは、
セーターのたたみジワを
アイロン要らずで
水と手だけで取る方法を
取り上げます。

 

■スプレーの水と手を動かすだけでOK

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は洗濯機の上に広げていますが
ハンガーで
クローゼットのドアなどに
掛けた状態でもできます。

出掛けに急いでいるときなどは
ハンガーに掛けて
シワ全体に水をスプレーして
手のひらで水滴をなじませて
ほかの用意。

水分がシワに馴染んだところで
片方の手をセータの中にいれて
しわの下で手のひらの指を揃えて台にします。

もう片方の手のひらでセータの上から
スプレーをかけたところを
指をそろえてトントンと優しくたたき
シワに水分を含ませます。

きついシワは残ることもありますが
シワがぼやけて目立ちにくくなります。

 

■ウール100%の
形と素材がしっかりしたセーターの場合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取れないきついシワを
あらためて取るときは
細かな水滴が
繊維になじむように手の指の腹を使って
シワの表面をやさしくなでます。

手のひらの指をまっすぐそろえて
編み目に逆らわず
1秒10センチくらいのスピードで
ゆっくり
編み目に沿って手を滑らせます。

手でセーターをなでる際
くれぐれも
セーターをのばすことがないように
手の動きに注意。シワがきつい場合は
写真くらい↓
多めにスプレー(水)を吹きかけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手のひらで優しく
セーターの襟から裾に向かって
撫でて水分をシワの部分に
馴染ませるとやがてシワがのびます。

見た目にしわがなくなれば
ハンガーにかけて残った湿気を飛ばします。

写真↓のような
肉厚で伸びにくいセーターなら
ハンガーで自然乾燥でも大丈夫。

↓素材はウール100%
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■ふわっとしたデザインで
繊細な糸の場合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

糸が細くてウールやカシミアなど
繊細な場合は
スプレーのあと、
水分を馴染ませて
気持ちをよりていねいに、トントン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウールと同じように
シワの程度に合わせて霧吹きの量を調節。

繰り返しますが
伸びやすいデザインや
ゲージがゆるいニットの
シワを取るときは、
ニットそのものを伸ばさないように注意。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑手の下はたたんだ袖。
片方の手でセーターを軽く押さえて
もう片方の右手を奥(写真の上袖口方向)
に向けて滑らせます。

 

■より早くシワを取るブラシ使い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラシを使うと繊維への
水分の馴染みが早くシワがのびやすく
表面の絡まりが取れて
毛並みも綺麗になります。

ブラシをセーターに
当てる角度は45度くらいで。
手のひらの場合と同じように
編み目に沿って滑らせます。

ブラシの動きは
「ブラシの平野」の
リンク貼ります。
特に後半のアニメがおすすめです。

カシミヤのたたみジワも
アイロンなどの蒸気を使わずに
水と手、もしくはブラシで
シワ取りできます。

セーターのシワ取りに使った
洋服ブラシです。↓
私のは豚毛と思われます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「平野ブラシ」さんによれば
馬毛が柔らかでよいとか?

毛玉取りブラシを使うときは
セーターの糸の細さやゲージのゆるさなど
デリケートさによって
適したものを。
(電動は毛玉カッターのようなものなので
水も使うのでシワ取りにはNG)。

セーターのゲージ(網目)のゆるいものに
ブラシはひっかかりやすいので
使うときは細心の注意が必要です。
失敗した経験あり。

 

■湿気を残さない注意点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伸びやすいセーターは
シワ取りのあと
パイプにふわっとかけて湿気取り。

しわが取れたあとは
再びしわをつけないように
できるだけ湿気は取ります。

除湿器などがあれば
利用しますが
お風呂場の洗濯ものポールや
濃い色のセーターならば
テーブルなど平らなところに
スプレーをした面を下に
シワがつかないように
新聞紙の上にひろげると湿気を吸います。

水分(湿気)が残ったまま
すぐ着ると
新たなしわがつきやすいので注意。

なので出掛け直前の場合は
霧吹きを控え目に

たっぷりかけたときは
ドライヤーの風を
20センチくらい離して
ドライヤーを動かしながらかけると
乾くのが早いです。

アイロンのスチームを使うと
もっとふっくら仕上がるかな?

だけどアイロンを出さなくても
水のスプレーと
手のひらで応急処置ができるんですよ。

明日着るセーターの場合は
水をスプレーしたセーターをトントンしながら
その日を振り返ってみたり
明日の予定を思い浮かべたりの時間に。

セーターのしわを見て
「アイロン?大変だな~」と思ったら
「水と手で3分」
と思い出してくださいね~。

手はスゴイ道具です。
使わないと損です。(笑)

 

 
**********

 

【こちらの記事もおススメ】


]


posted : 2017年11月3日