【保存版】洗った食器も生ゴミも即ラクに片づく!シンクまわりスッキリ化一年半の記録

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「私」の時間を大切に。

こんにちは。
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
ていねいな暮らしのための
時短家事をお伝えしています。

きょうは
キッチンシンク周りの
この1年半の変化を写真で追います。

18年余りなんだか使いにくい…
でもこういうもの…と思い込んでいた
あれこれが数珠つなぎに改善。

シンクまわりには
台拭き以外何もなくなって
料理がしやすく片づけやすく
水浸しも解消して
家事がとってもスムーズに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■調理、食器洗い、掃除…
シンク周りが快適になった理由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

去年の春ごろ
一枚のお掃除クロスに出会い
食器洗いやシンク周りの
拭き掃除が変わりました。

洗剤もスポンジも使わない食器洗いは
ラクで時短!手荒れなし?!

その後…
包丁の置き場所を変えてみたら
これまた手に取りやすく戻しやすい。

包丁の置き場所改善で人生のロスタイム解消

さらに変化が。

シンクまわりには、生ごみ入れ、水切りかご
洗い桶もなくていい!?

洗う→拭く→片づける…が
一連の流れになって
無理なく洗った食器も
即片づけできるように

家事というのは
点で捉えると一つひとつが
しんどいことになるのかもしれない。

作業を一連の流れで頭の中でイメージ。

流れに沿ってものが配置されていたら
とっても家事がラクにできることを
この一年半余りのキッチンの変化で
感じています。

それには
あって当たり前

と思っているものを
本当にないと困るのか…

と、疑ってみること。

当たり前と思っている
置き場所を見直すこと
欠かせません。

 

■水切りかごと生ごみ入れが
ない方がいいことに
気づいていなかった頃

神戸に住んでいた頃の
キッチンシンクには
ピッタリはまっていた水切りかご。

それもあって
愛してやまなかった水切りかご…。

それを
撤去することになるとは!

以下2016年5月~6月の
次第に変化する
シンクまわりの写真です。

包丁もシンクサイドが置き場所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑水切りかごを
シンクにハンギングすると
水きれはいいが
シンクの中が狭くなる。

シンクサイドに置くと
水きりかごの下や周りが水浸し。
その結果水垢で水シミザラザラ。

シンクにハンギングと
シンクサイドを
水切りかごが行ったり来たり…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、思うところあたって

↓包丁の位置を改善。
小さな動作のムダをなくしてすこぶる快適に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

↓その頃、生ゴミ入れは
まだザルを置いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その後、生ゴミ入れは
ザル&ボウルから
筒状のツールスタンドへ。

さらに生ゴミ容器はなしに。
新聞紙でその都度処理。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓まだ水切りかごはあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

↓ふきんは19年間シンクの左。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■ここからは
2016年7月から半年間の試行錯誤

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑長年使ってきた水切りかごを
ためしに外してみました。

あくまでもとりあえず…、です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑バットを水切りかごに
お試し中。

↓バットの中の食器も
バットもその日のうちに片づける…
ように努力していたけれど。

努力するようでは
使いやすいとはいえません。

ふきんの位置を奥に変えてみたら
使いにくい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓水切りにバットやめてみます。

マイクロファイバークロス&網。
この使い方は現在も同じ。

pc227342

↓調理台上のハンギングに
水切り網がかかっています。

食器が片づいているってこと?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■この3ヵ月を振り返る

シンクの左壁際に洗った食器を置いていた
ときは即食器拭きにはなかなか至らず。

それが横から正面に変わったら
即片づけるように!

シンクの左は視野の端で
意識が向きにくかったんですね。

私がサボっていたんじゃ
なかった。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今現在の様子。↑
あれこれ見直し改善して
流れができて
とにかくシンクでの作業がスムーズ。

少々疲れていても
苦にならないのです。

食器洗いの方法に始まり
包丁の位置
水切りカゴと生ごみ入れの撤去
洗った食器の置き場所
ふきんをかける場所…
段階を経て試行錯誤して
結果的に変えたことで
シンクでの作業がものすごくラクに。

にんじん1キロ一度にたわしで洗って
切って下ごしらえするのも
快適に進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使ったたわしは
食器洗いクロスで
ギュッと水気を吸い取って
ハンギングで乾燥。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓いつも使うこの3つは
カランのそばからここへ移動。
専用のフックに引っ掛けて。
ここがしまい場所。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■洗った食器とふきんの位置の関係

ふきんの位置は
調理台の正面、洗った食器の上で大正解!
…と今のことろ思っています。↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だって、ふきんの下が
水切り食器の
仮置き場所なんですよ~。

動作がコンパクトっていうか
動かなくていいんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

築20年目、
ステンレスペラペラ(笑)の
ごくごくありきたりのキッチン。

これからも
日々使いながら
いろいろなことに気づいて改善して

キッチンを育てていけたら
もっと家事がラクに楽しく
なりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《追記》
シンクまわりが変化した1年半の間
流れを見直すと同時に
シンクまわりの収納スペースの中も見直し。
(点検、棚卸、収納方法)
断続的に改善しています。

1年半の収納改善は
あらためてレポートします。

 

 

*****お知らせ*****

コドモトとのコラボ企画
「日々の繕いと再生」

日時:11/17(金)
   10時半から14時
ランチタイムあり
場所:リビングスタジオ208
講師:土井けいこ
暮らしのアドバイザー


参加費:1500円&野菜(お味噌汁の具)
会場:リビングスタジオ208

詳細&お申込みは→コドモト

ぜひぜひお気軽に参加を!

 

***講座日程のお知らせ****

 

■グループ講座
『暮らしの困りごと解決サロン』


11 / 28 (火)

@神戸須磨
毎月第4火曜日

講座の詳細&お申込み

講座の日程を確認後
お申込みができます。


posted : 2017年11月12日