「服やもので押入れがいっぱい」。ものが溜まる家になくて、溜まらない家にあるものは?

PB271935 (12)_LI

 

「私」の時間を大切に。

こんにちは。
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
ていねいな暮らしのための
時短家事をお伝えしています。

昨日は押入れ収納の
使い方が話題でした。

年末が近づき
押入れにものが溜まっていて
いきなりものを出して
がんばって「要る?要らない?」
と仕分ける?

きょうの記事は、
来年につながる片づけのポイントを
取り上げました。

いきなり片づける前に
ぜひ読んでくださいませ~。

 

昨日の記事から

PB271936 (4)_LI

■ものが溜まる理由
&溜まらない理由

私がものが溜まる理由に気づいたのは
22年前。

気がついてからは
何度も手を触れて増減を繰り返しつつ
徐々に管理できる量に絞ってきました。
焦ってはうまく進みませんね。

ものが溜まってしまう家にないのは
ものの使用頻度や傷み具合を
チェックする意識。

具体的な仕組みと収納場所
もないかもしれません。

まずは
分けてごちゃ混ぜを解消。
次にそれぞれを
●●に収まる量に絞る。

具体的な目標に向かって
一回10分あふれている服を
たたみ直すことから始めます。

そうしているうちに
収納場所も見つかって
仕組みが育っていきます。

ものを減らすことは
目的ではない
はず。

一時的に大量にものを減らしても
暮らしが管理できていないと
また元の状態に。

暮らしがスムーズに回っていくこと。
それが大事ですよね。

PB271921 (5)_LI

 

■たまらない仕組み
押入れの洋服の場合

私の場合、
仕事や外出用の洋服はクローゼットに。
押入れの左下=Bに、日常着を収納。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

押入れの4つの引き出し。↓
番号は説明のため写真に書き込み

PB282006 (2)_LI

 

押入れ左下の【衣類】という大きな塊は
さらに4つの引き出しで管理。

そこには
溜まらない仕組みがあります。

例えば一枚のTシャツ。
はじめは
1=【日常着】に収納。

翌シーズンに着ない場合は
2=【手放す?】へ移動

着心地がいいけど
外には着ないものは
3=【パジャマ】へ移動?

4=最後は【繕うor切る】へ。
その場で切ったら
ウエスの保管場所へ。

PB282006 (3)_LI

4つの引き出しを利用して
使用頻度や状態で行く先を
決めてある
ので

どこにどうしようと
考え込まなくていいので
管理がとてもラク。

PB271935 (8)_LI

【4】で保管して
切って布状にしたものは

リメイクの材料に。
隣のエリア【C=布】の引き出しへ。

Tシャツ…着なくなったら
【手放し候補】か
【ウエス】ですよね?

ものが溜まるのは
使い途が違うものが
おんなじ引き出しにいつまでも
ごちゃ混ぜで入っているからでは?

 

■増えがちなものは
「ここに入るだけ」と
自分との約束を守る

PB292015 (3)_LI

 

手芸が好きな人から
よく聞きます。

「つい好きな布、毛糸が増える…」。

私の場合、
4つのうち右の木箱
(着物用を押入れ用にDIY)
が生地の限界所有量。
重いので少しずつ減らしていきます。

生地が好きだからこそ
活かしたい気持ちで
管理できる量と
手放す辛さの板挟みで(笑)
楽しく悩むのです。

洋服好きな人も
「ここに入るだけ」と
自分と約束してみませんか?

本当に好きなものは大事に
したいです。
あふれるほど持っていると
大事にできません。
たくさん所有する喜びよりも
管理できている方がうれしい。

 

■あちこちからあふれたものを
引き受ける物置の役目

昨日の記事でも言いましたが
押入れの一角左上、
廊下からすぐの立って出し入れできる
ところに
家じゅうの【不用品】の管理場所
つくっています。

PB271932 (2)_LI

 

4つの引き出しを回る
一枚のTシャツの例に反しますが(笑)

押入れには
クローゼットから出した
手放し候補も保管。

PB271925_LI (2)

 

使用頻度チェックでメイン収納から
外したものはしっかり分けます。

これは
ものをため込まない
&収納からものがあふれないための
大事なポイント。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【B2】左下引き出しから
寄付用に出すものは
【A】左上段の無印良品の紙袋へ。

押入れ左の
上段と下段も連携

PB281962 (5)_LI

 

さて、
季節外の日常着のしまい場所は押入れ。
日々着ている服はどこ?

以前の記事↓思い出していただけましたか?
洗面脱衣室に着替えをしまうという気づき

P8147249 (3)_LI

 

22年間服をたたみ
ものに触れるのを繰り返して
ものが溜まらない流れができてきました。

年の瀬の気ぜわしい中
タイマーセットして
しばし座って
服をたたんでみませんか?

たたみながら
仕組み(管理する場所)を
どこにどうつくるか考えます。

すると…アイディアが浮かぶはず♪

PB271935 (8)_LI

 

【本日のポイント】

●ものの使用頻度や傷み具合を
チェックする意識をきょうから持つ

●捨てることは目的ではなく
管理の一つの方法

一回10分、あふれている服を
たたみ直すことから始める

●たたみ直しながら
分けてごちゃ混ぜを解消する

●分けたものを
××に収まる量に絞る=目標

 

【追記】…引き出しの使い方

浅い引き出しを使って
ただものをしまっている場合の対策。

タテ3つを1つの塊で捉えるなど
4つ以内の塊で意識すると
ラクに管理できるはず。
昨日の記事参照。

逆に引き出しが
二つしかなければ
一つの引き出しを二つに
中で仕切って管理する方法も。

実際の仕切りを利用しつつも
それにとらわれないことも
大事です。

 

*追伸*
きょう紹介した、ものの管理方法。
昨日の収納スペースを
4つの塊で管理する方法と

セットにすると
家じゅうのことが
管理できるようになっていきます。

だけど、そんなわたしも
仕事関係のものは
悩みの種。(汗)

方法がわかっても
実際に仕分け作業をしないと
一カ所に溜まってしまいます。

こまめな実作業は絶対大事です!

 

*追伸2*
昨日と今日の記事の内容をもとに
新年から
ステップアップ講座を開催を
予定しています。

詳しくは後日、
講座情報に掲載します。

 


posted : 2017年11月29日