換気してもカビるお風呂場。その原因は気づいていない場所の汚れにあり!

 

こんにちは!
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

「今日を大切に」する時短家事と
快適に暮らしながら備える
『減災収納』をお伝えしています。


前回の話題は
せっかくの浴室大掃除で
カビや汚れをとったのだから
それを維持しようって話でした。

きょうは浴室のカビ防止のためにも
「ここ」は絶対外せない
お掃除のポイントが話題です。

「え~、そんなところ
一度も掃除していないわ~」
浴室のカビの原因は「そこ」に
あり!なんです。

 

■浴室をカビさせないために
しなければならないこと

浴室をカビさせないためには
換気が大事。

換気の仕方を間違っていたり
換気の時間が足りなかったりすると
浴室に湿気がこもって
カビが発生しやすい状態に。

浴室の換気ファンの中を
掃除していますか?
埃が溜まっていると換気効果半減。

エアコンのフィルターが
埃で汚れていたらパワー落るのと
同じことですね。

換気ファンだけではありません。
浴室浴室ドアの床に近い部分に
空気を吸い込むスリットがあるのを
知っていますか?

そこに埃が詰まっていると
空気の吸い込みができなくなり
湿気が排気されなくなります。

さらに
浴室の乾燥を早くさせないと
換気ファンの部品も錆びるとのこと。

 

■ドアスリットの掃除が必要な理由

湿気を排出する仕組みと
カビる理由を
もう少し詳しく書きます。

脱衣室など浴室の外からドアのスリットから
吸い込んだ空気は
浴室内の湿気を含んで
換気ファンから外へ排出されます。

ドアのスリットは吸気口なんです。

もしもドアの空気の吸い込み口に
埃が詰まっていたら?
湿気が換気口から抜けにくくなります。

スリットは
意味があって空いているんです。

湿気は早く抜いた方が
カビは生えにくい。
湿気が抜けないと当然
雑菌が繁殖しやすくヌルヌルになり
やがて黒カビに。

逆に湿気を抜いて乾燥させると
カビで困ることは
ほとんどありません。

 

■吸気校の埃の取り方

何度も言いますが
埃が溜まりやすいドアの下の吸気口は、

内側と外側両方から
お掃除クロスに定規を巻いて埃を取ります。

画像をもう一度見てください。
定規は5センチ1秒くらい
ゆっくり強く押すように動かします。

1週間しないだけでも
埃の塊が出てきます。

浴室の中からは
入浴中に
シャワーの勢いで埃の塊を
取ります。

ドアの外に水が出るので
その対策をしておきましょう。

シャワーが届かない端っこは
わたしの場合、
小指で掻き出します。

え?知らない?
さっそっく今日のお風呂タイムで
確認を!

長年配置していると埃がガチガチだそうです。
入浴中だと湿気で埃が
緩んで取れやすいはずです。

ドアのすき間にも
けっこう埃が溜まります。
ここも空気の通り道です。

定規にクロスを掛けて埃取り。

 

■換気扇の掃除を怠ると
換気効果が半減する!

本当にくどいですが
何度でも言います。

空気の吸い込み口と
外に出す換気扇のセットで
湿気は抜けます。

浴室の天井の
カバーを外して中のファンも
外して掃除。

…といいたいのですが
家では
止めネジに適した工具がなくて
外せず掃除機で埃を吸います。

それでも取れない埃の塊。

踏み台を使って
埃が飛び散らないように
ペンシルブラシを湿らせて
こびりついた埃を取ります。

やっぱりファンを外さないと
ダメですね。

カバーを戻して
フィルターで中の汚れ予防。

それにしても
換気栓の位置が浴槽の上って
入浴中も換気するためってことですよね?

浴槽に脚立が小さいのしか入らず
掃除がしにくいなあ~。

換気扇の掃除をするときは
足元が滑らないように
十分注意と配慮が必要ですね。

昨日の記事で
溜めた汚れとカビのことを書きました。

せっかくカビをとっても
換気効率がよくないと
再びカビが…。

換気扇にはフィルターをつけて
日付をメモしてひと月に一回は交換。
そのとき換気扇の汚れも点検、掃除。

吸い込み口は
入浴のたびに掃除を~。

 

【こちらの記事もおススメ】






 

 


posted : 2017年12月29日