手間?時間がしごとする文旦マーマレード。できあがるまで室内が爽やかな香りに♪

 

“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切に」する時短家事を
お伝えしています。

路地物の土佐文旦が美味しい季節。
実を食べた後の文旦の分厚い皮。
捨てるのもったいない。

マーマレードにするため
白いところを取らずに
ひたすら皮を刻みます。

さわやかな香りが家じゅうに漂って
刻んでいる私も幸せな気持ちに。

長年作ろうと思いながら
なかなかできなかったのは
手間がかかりそうな気がしていたから。
むずかしいことはなし!

生産者さんのメッセージを見て
わたしの心が動いてよかったです。
生産者さん、
ありがとうございます!

今日は、
文旦の皮ではじめて
マーマレードをつくった話です。

 

■雑に切った文旦の皮が
驚きの変身

文旦の厚い皮、活かしたい。
砂糖漬けトライしようか。

作り方を調べると
何度も茹でこぼして苦みを抜くとか…
手順がイメージできないと
なんだかやる気が失せます。

そうこうするうち、
文旦を入れたカゴの中に
農家さんのお手紙?見つけました。

ただ刻むだけ。
白いところもまるごと使うレシピ

なんだか簡単そう。
イメージ湧きます。

文旦の農薬が気になりますか?
うちではマイクロファイバークロスで
流水洗いです。

市販のマーマレードが
無農薬とも限らないのでそこは気にせず。

 

 

■マーマレード作りの過程
かかるのは手間ではなく時間

刻んだ皮を煮ますが、
この段階の皮はとても苦いです。

水に晒して一昼夜置く
のがレシピ。

気まぐれで寝る前に刻んで湯がいて
放っておきます。

翌日、夜寝る前に
皮がやわらかくなるまで煮る…
はずでしたが。

砂糖を加えて
煮詰める過程にトライする気力なく(笑)
保存を考えてもう一度加熱(二度目)して
水に浸けたまま翌日へ持ち越し。

二晩を超して、
翌朝ようやく
砂糖で煮詰める最終段階へ。

一晩余分に置いたことで
湯がいた回数が一回増えました。

あんなに面倒と思っていた
茹でこぼしを2回していたことに。(笑)

刻んでから
二晩置いて絞った状態。↑

水をひたひたに加えて
皮の固さがなくなるくらい
やわらかく中火で煮ると
水分はだいぶ減ります。

この段階では
皮の苦みがなくなっています。

量が多いので
お鍋を二つに分けて作ります。

↓右の白いお鍋から先に。

 

■お砂糖を加えて煮詰めるのは
30分でOK

ごく弱火で
タイマーセットして仕事しつつ
時々コンロに戻ります。

ゆっくりかき混ぜつつ
手を動かしつつ頭は仕事の考えごと。

ステンレスのお鍋では
焦げつくかもと思い
やっぱり厚みのある鉄ホーロー鍋に変えます。

余っていた氷砂糖を使いましよ。

溶けてきました。

そうこうしているうちに
先行していた
↓グラニュー糖の方ができあがり!


弱火で煮詰めたのは30分ほど。

マーマレード作りは
手間というより
茹でてから水に晒す時間が
大事と学びました。

苦みがあるといわれる白いワタも
茹でて時間をおくことで
おいしく食べられます。

マーマレードづくりは
時間をかけるものなのですね。(笑)

煮詰める時間は目安。
皮の量と水分で時間は変わります。

↑手前がグラニュー糖


どちらもでき上って
比べるとグラニュー糖の方(↓左)が
やはり透明感のある仕上がりに。

 

煮沸したびんに詰めて
色を比べます。

お皿とびんの位置を左右逆に
置いてしまいました。

右の色の濃いのが
グラニュー糖です。
味はどちらもおいしい。

農家さんのレシピでは
砂糖の量が
皮の1、5倍となっています。

甘いのが苦手だからお砂糖は
皮の重さと同量くらいにしました。

わたしの場合
精製したお砂糖はふだん使いません。

ミネラル分を含んでいて
身体を温めるという甜菜糖を
使っていますが
ジャムなどはやはりグラニュー糖が
仕上がりがきれいです。

文旦をこのところ毎日食べていて
皮がたくさんあるので
再度皮を煮て水に浸けてあります。

絞って水を変えてもう一度煮て…
冷凍したらどうなるかな?

煮詰める時間が短くなる?
試してみます。

↑きょうのベランダのグミ
蕾がくらんでいます

マーマレードづくりは
手間しごとと思っていたら
時間しごとでした。
茹でこぼすのは白い部分の苦味をとるため。
ひと手間の意味がわかると
めんどうに思いませんね。

やったことがないことは
だれでも億劫に思いこんでしまうもの。
やる気にさせてくれた
農家さんの素朴なレシピに感謝。

*追伸*
マーマレードができあがって
映画「人生フルーツ」の主人公の
暮らしを思い出し、
「ときをためる暮らし」という言葉が
浮かんできました。

マーマレード
たくさん作って人に食べてもらいたいと
思っています。

映画「人生フルーツ」
予告編リンク貼ります。

 

【つくり方ポイント】

❶剥いた皮をそのまま白いわたごと
ザクザク刻んで湯がく

一昼夜(24時間)水に晒す

絞って水をひたひたに加えて
苦味がなくなって柔らかくなるまで煮て

❹生の皮と同量の砂糖を加えて弱火で煮詰める

最後に焦がさないように注意するだけで
かなりアバウトでも美味しくできます。

文旦の皮の乾燥を防ぐ
食べるとき剥いた皮は
すぐに水に浸けておくと
乾燥を防ぐことができます。

 

【関連記事】

好きな家事、嫌いな家事?淡々とまんべんなく、暮らしはコツコツ、ゆっくり育ててゆく

人生はフルーツ、暮らしもフルーツ♪植物、椅子をリビングのあちこちに置く理由

 


posted : 2018年3月21日