「台拭き臭う…触るのイヤ!」。お水に重曹入れて沸騰させて、浸け置きですっきり!

 

暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切に」する時短家事と
暮らしがラクになる『減災収納」を
お伝えしています。

キッチンで使う
クロス類を洗うのに
お鍋にお水と重曹を入れて
お湯を沸かして
浸け置きしています。

汚れ落ちがすごくよくて
すすぎもラク。

台拭きが手を触れたくなる
すっきり感!

今日は浸け置き洗いで
台拭きをラクに
すっきり気持ちよく洗いあげる話です。

 

■ふきんも台拭きも
ラクにすっきり洗える!

自宅講座で受講生さんが
「台拭き、触るのがイヤ!」と
いわれていました。

臭う?
臭うのは汚れたままたたんで
濡れているから。
雑菌の温床だから臭うのです。

使うたびに洗っても
さらにとっても簡単に
すっきり洗える方法があります。

新たなお鍋の仲間入りで余ったお鍋に
お水を入れて重曹も入れて沸かします。

お水1リットルに重曹大さじ1くらい。
目計りで大丈夫。

湧いてくると泡(炭酸ガス)がブクブク。
火を止めて
そこに台拭きを浸けるだけ。

冷めるまで放っておいて
すすいで絞って干します。

 

■重曹を熱湯に溶かすと
汚れ落ちがアップする理由

重曹は沸騰すると
アルカリ度(PH値)が高くなって
=炭酸塩になるんだそうです。
石けん百科参照

前から知っていて
水に重曹を入れて沸かして
冷ましたものを
食器洗いに使っています。
小さなスプレーボトル↓

なのに、
台拭きを洗うのに最適と
今頃気がつきました。

ひとつ気がつくとあれこれ連鎖。

手拭きも食器用のふきんも
同じ方法ですっきり!

食器などを洗う前にお湯を沸かしておけば
食器洗いが終わったとき流れで
台拭きの浸け置きもできます。

だんだん慣れてきて
あれもこれもきれいにしたくなっています。

 

 

■手拭きに使うリネンキッチンクロスも
すっきりきれいに!

リネンのキッチンクロス、
毎日替えますが、一日何度も手を拭くと
思いのほか汚れています。

リネンは80度を超えると
毛羽立って質感が落ちるので熱湯はNG。

重曹を入れて沸騰させたお湯に
お水を加えて温度を下げます。

水を加えて効果が薄まる?
目計りなので気にしません。

それで、
お鍋に一回沸かしただけで
台拭きとリネンクロスを
両方浸け置きしようと考えました。

でも台拭きは黒いタオルです。
生成りのクロスと一緒はNGです。

そこでお鍋の中に
先にキッチンクロスを浸けて
濡れたクロスを
小さなボウルに移します。

お鍋の残りの重曹(炭酸塩)液に
黒い台ふきんを浸けます。

大したことではないですが
一回お湯沸かすのが
少なくなりました~!

 

■食器用ふきんも
すっきりさっぱり!

食器用のふきんは、
野菜を洗うボウルで煮洗いします。

重曹を入れなくても
ボウルに水とふきんを入れて
根菜類を水から煮るように煮ます。

熱湯で煮るだけでふきんの汚れは
けっこう落ちます。

 

それでもちょっと汚れた
と思ったら
重曹を入れて沸騰したお湯に
浸けます。

 

 

煮洗いとかいうと
トライしたことがない人は
ものすごく面倒におもうかな?

ほうれん草を湯がくよりラクですよ。

ほうれん草は
洗って砂を取ってからでないと
茹でられませんが
汚れたクロス類は浸けるだけ。

ラクにすっきり!
台拭きも快適♪

 

 


posted : 2018年4月24日