5分でできる中華あんかけ、シンプルですごくおいしい♪ 材料は筍と小松菜

 

大型連休初日ですね。
私が住む関西は
とてもさわやかなお天気でした。

そんな日に私はデスクワーク。

でも…、出版社への原稿の締め切りが
何とか送れてうれしい♪

しかも
晩のおかずが
すご~くおいしいのができて
さらにうれしい♪♪

わずか5分でできました!
トリプルうれしい♪♪♪

 

暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

今日は、あっという間にできる
とってもおいしい本格?
自己流中華の話題です。

 

 

■おいしいひと品の
きっかけは8日前に茹でた筍

 

前に筍を茹でた記事を投稿しました。

そのときの茹で筍、
大きいのが冷蔵庫に。
ジップロックに入れて
毎日水替え保存。

ジップロック(袋)に保存すると
冷蔵庫の中も省スペースで
水替えも少しだけ開けてできるので
ラクですね。

筍を茹でたのは
先日の咲き織りワークショップの前日。

裂き織りをしながら
筍談義。

裂き織りを教えてくれた
AOZARAさんが
そのとき、筍と葉物でつくる八(二)宝菜が
おいしいって言っていたんです。

それが頭の隅にあって
小松菜もありましたから
つくってみました。

小松菜を洗う時間を入れても
10分かかりません。

計量カップの中に溶け残り。↓

 

■料理の流れをイメージすることは手早く作るポイント

料理を手早作ることには
段取りが大事。

なんでも仕事は段取り八分。

ほんとうにこのひと品は
段取り八分で調理二分です。

調理の全体の流れと
でき上りをイメージしまうす。
ほんの短い時間でいいのです。
いきなり動きださないこと。

イメージっていうのは
あたかも実際に作っているかのように
映像で思い浮かべるってこと。

洗って切った材料もスタンバイ。

調味料をお鍋のそば=調理台に
出して置くのも段取りのうち。

さあ、
コンロ前での作業に集中です。

 

 

■葉物野菜をおいしく
シャキッと仕上げるコツ

小松菜に限りませんが
軸と葉を分けて
軸だけ先にした茹でしておくと
調理で加熱しすぎを防ぐことができます。

炒め物は火加減がむずかしいものは
先に加熱しておきます。

このひと手間が
おいしく仕上げるコツと
思っています。

今回の小松菜は
先にフライパンに少しだけ水を入れて
軸をサッと蒸し茹で。

その水を捨てて筍を
強火で1分ほど炒めて
スープを入れてもう1分煮ます。

真ん中の色は
溶け残りのチキンコンソメ。

 

1分煮たところで下茹でした
小松菜を加えます。

 

強火のまま筍と小松菜の軸を混ぜて
そこに小松菜の
葉をのせて混ぜて

とろみちゃんふりかけて混ぜて
9割くらいの加熱で火を消します。

余熱でちょうどいい感じに。
作り方簡単で
素材の味でシンプルなひと品。

 

■豚肉を加えるなら
下ごしらえがおススメ

野菜だけで物足りないですか?
筍のおいしさが際立ちますが。

お肉(豚)や
魚介類を入れると八宝菜になりますね。

そのとき、
お肉やエビなどは
お酒と塩で下味つけて
片栗粉をまぶして
下茹でします。

小松菜と同じで
下茹でしておくと
あとはフライパンのなかで
混ぜるだけ。

加熱具合を気にしなくていいです。

 

もう一度、でき上りを。
仕上げに落とした
ごま油が効いてほんとうにおいしい。

ごはんにもビールにも合います。
多めに作って
お昼にラーメンに載せてもよかったかな?

調理の先のひと手間は
おいしく食べるためのひと工夫なんですが
料理の流れがスムーズにいく
工夫でもあり。

先のひと手間で
加熱具合、時間を気にしなくていいって
ほんとに大事、と思っています。

 


posted : 2018年4月28日