片づけてもリバウンドする理由。実行前に原因と対策を「考える」時間が必要!

 

大型連休後半ですね。

私は毎年連休を
何かしらどこかしらの
片づけに充てています。

6年前の大型連休には、
大改造を実行の
体験があります。

大改造は、どうしても
解決しなければいけない
問題=状況があったからでした。

暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
「今日を大切に」する時短家事を
伝えています。

今日は、リバウンドしないための
片づけ実行前にすることと
取り掛かるときのポイントが話題です。

↓壁が見える最近の状態

 

■私が雑誌を300冊手放した
切羽詰まった理由

前に、雑誌や本を大量に手放した経験を
記事にしました。

3年続いた体調超低空飛行の真っただ中。
私は壁と空間(部屋)に余白がほしかった。

実務的には
事務仕事が把握できなくて
切羽詰まっていて
問題を解消するために
仕事部屋に事務仕事の
拠点をつくる必要があったのです。

↓2012年5月新設の事務拠点
現在はさらに使いよく
マイナーチェンジ

現在スケジュールボードがある壁には
当時、手が届かない高さの本棚が
ありました。

もう一ヶ所と合わせて二か所の
高い本棚を撤去するために
雑誌と本の大量の処分は
どうしても必要だったのです。

大きな改善には
こういう切迫感と具体的な目的と目標は
欠かせません
この切迫感と思いつめるは
似ていて全く別。

毎日10分ほどを2週間
300冊手放したときの話は

 こちらに詳しく掲載。

 

■問題を確実に解決するために
必要なこと

困りきって切羽詰まって
ものを大量に減らした上での大改造。

以前にも少し書きましたが
そこに至るには
体調不良の2年間がありました。

その時間をつかって
問題点とその原因を考えて
どうすればいいのか
紙に落書きをするように
どんどんメモをして
課題出しをしていました。

同時に仕事部屋を使う
もう一人の人に
問題点を共有してもらうことに
努めました。

困っていることを
理解してもらうには
すごく根気が必要。

いつだってこの根気は
自分の先の時間を
よいものにしていくためには
欠かせないのです。

「家族が協力してくれない」と
講座の受講生さんから
よく聞きますが
暮らしにくさを理解してもらうには
コミュニケーションがすごく大事

「言った」だけで
伝わっていないことはよくあります。

 

↓2012年5月につくったボードの記事はこちら
連絡の要であり締切書類の保管場所

 

■整頓した状態ではダメな理由

2012年改善までの仕事部屋は
私にとっては把握ができていない
うっそうとした空間でした。

でも、
見た目は整頓されていました。

その時点でも自宅取材はあったので
見た目は整える。
そういうのは難しくない。
プロですから(笑)。

だから自宅講座の受講生さんは
私が切羽詰まっている話をしても
(目に見える状態を見て?)
「まだいい方です」といわれました。

↓マイナーチェンジをしつつ
現在も機能している

2012年新設の事務拠点

 

整っていればいい
違うんですね。
見た目整っているだけではダメなのです。

郵便で書類が届いたとき
どのタイミングで
どう処理するのか。
それには何が必要なのか。

処理が終わった書類は
どこに保管するのか。
そういう環境=システムがないと
機能してるとはいえないです。

1通の郵便を見たときに
頭の中に作業の流れが
イメージできること。

家事も作業が流れるには
必要なスペースと
適切なモノの配置が不可欠です。

家事の流れを考えたうえでの
片づけでなければ
リバウンドして当然なのです。

だから散らかりを見えなしても
それは一時しのぎ。

テーブルの散らかりも、キッチンも
片づけてもすぐ戻ってしまうのは
家事の流れをよくするための片づけを
考えていないから
では?

私もただ見えなくする片づけ方をすると
すぐに散らかります。

そもそも流れが浮かばないと
やりたくない。
頭の中で拒否反応です。

↓2012年5月の改造でつくった
事務用品の拠点

 

↓事務用品の拠点の引き出しには
書類返信に必要な「セット」を新設
余裕がないときも
「セット」が頭に浮かぶと
サッと取り掛かって落ち着いて済ませられる

 

■実行に移す前にすることと
当日とそれ以降のステップ

2012年の片づけ初日。
まずは棚を空に。

次に机や事務拠点の
基本のレイアウト。

必要最小限のものを
配置するところまでで
一日目の作業はおしまい。

実働以外の時間は
ほかのことをして
レイアウトの構想の練り直し。

改善方法、アイディアを考える
時間にあてていました。

日ごとに段階を追って、
一日の実働は2~3時間で。

実行までに課題出しをして
イメトレに2年かけたことで
大改善も少しずつですがスムーズに。

そのときつくった事務拠点は
新たな要素が出ることもなく、
現在も機能。

一方で、
私のデスク周りは
仕事の要素が大きく変わって
再び回らなくなっていました。

それで再び一年かけて
問題と課題出しをして
今年の1月末に
自分のデスク周りを
仕事をしつつ
3日掛けて全面的に見直しを実行。

いまのところ
その日のうちに元の状態に
戻せています。

 

 

意気込んで中途半端に終わらないように
取り組む時間と場所を区切るのが
おススメです。

せっかく片づけても
元に戻ってしまうのは
見た目の整頓をするから

片づける前に
じっくり問題と向き合って
課題出しの時間を。

天候も荒れているので
連休後半は
片づかない背景を考える
時間をとるのはいかがでしょう。

 

【関連記事】

『片づかない家、こと』が『片づく!』になる、大型連休の過ごし方

事務が滞る…なぜ?書類も取説もサッと手にできる「家庭事務」拠点づくりのポイント

「テーブルが散らかる。片づけてもすぐ散らかる」。① リバウンドする理由と解決策

 

***************

【ニュース】更新

ホーム/トップの画像を
更新しました。

先日の河原の草花の名前
収納の使い方など
文字入りです。

昨日の記事のミシン糸の収納場所
全景を文字入りで載せています。

スライドショーはこちらです。

【ニュース】は、新着記事の上に掲載。

 

***************

【講座案内/5月受付中】

■少人数講座@大阪豊中吹田

5/7(月)午前・午後各2時間 →中止
5/12(土)11時~14時
5/15(火)午前・午後各2時間
5/16(水)午後13時~15時
5/24(木)午前・午後
5/25(金)午後13時~15時

■少人数体験講座@神戸須磨

5/22(火)10時半~12時

毎月第4火曜日

■ワークショップ

ダーニング@大阪豊中
5/19(土)13時~16時 

毎月第3土曜日

裂き織りに関心のある方もどうぞ♪

***************


posted : 2018年5月2日