「見せる収納」でも今すぐできる、あるものでできる、食器と食器棚の地震被害軽減対策

 

 

 

暮らしのアドバイザー 土井けいこです。
“あなたの暮らしの困りごと解決”

「今日を大切に」する
丁寧な暮らしのための時短家事
をお伝えしています。

 

大阪北部の地震から
三日目となりました。

日本は地震大国。
…とはいっても
大きな地震を体験していない人が
ほとんど、とおもいます。

転ばぬ先の杖といいますから
今回被害がなかったお宅や
大きな地震を体験していない人にこそ

気持ちに余裕をもって
暮らしの見直しをすすめたい。

すぐできることから
対策を取ると安心感が増すことを
伝えたいと思っています。

 

■枚数とアイテムを絞って
総量を減らす

最初と上の写真の棚の
食器が変わっていることに
気づかれましたか?

最初の写真は今日のもの。
2枚目文字入りのは1年前のもの。

1年前の6月、
食器を一部買い替えたので
入れ替えになりました。

そうです。
新しいのが仲間入りするときは
アイテムの必要性と使用頻度を
見直すタイミング。

そうすることで
使っていないものを
外して量を減らすことも可能になり、
総量を減らすことで
地震被害の軽減に

総量減らすのにすぐできるのが
1アイテムの枚数は人数分にすること。

数を絞ると見た目もすっきりで
出し入れもしやすいです。

うちの食器収納は
キッチンとダイニングに
分かれています。

使用頻度で2か所に分けて
キッチンに置くのを最小限に。

これも狭いキッチン内に
割れものを少なくする工夫です。

 

■美観重視の「見せる収納」の
人でもできる被害軽減策?!

食器棚に滑り止めシートを
敷いている人は多いと思います。

うちでは
棚の拭き掃除がしやすいように
食器の下だけに滑り止め

市販品の透明の滑り止め。

美観優先でも
透明なら使ってもらえるかな…
と思って。

美観優先の「見せる収納」も
透明のを買うまで
手持ちの滑り止めで安心を得る
いうのもありですよね。

食器棚の扉の地震対策をしていない場合
引出し収納に滑り止めを敷いていれば
それを切って応急対策をすることで
少しは安心を得られるでしょうか。

底が平らなお皿には
部分的に滑り止めでもいいかな?

うちでは懲りないで
オープン収納にしている以上
できることはします。

棚を水平から斜めにして重心を壁側に。
そのために
ビス穴(→)を
本来の穴と穴の間に追加。

気休め?そうかな?
気休めでもゼロより「1」の実行。

滑り出す勢いを
少しでも軽減できる
かもしれない。

 

扉があれば安心といっても
扉に地震対策ラッチをつけて
ガラス扉に飛散防止フィルムを貼って
食器棚を壁と床で
転倒防止策を施すのが基本。

ガラスに飛散防止フィルムを
貼っていない場合は
応急処置として
マステを貼るのも方法です。

戦時下のようですが
飛散防止フイルム対策を
忘れないためにも効果が
ありそうですね。

 

■引出し収納でも
安心できない理由

阪神淡路大震災前、
食器を引出し収納していて
人に画期的といわれたものでした。

立っていた人間が
飛ばされたあの揺れで
家具の枠から飛び出した引き出しは
まるでダルマ落としのように
1メートルほど離れた場所に。

重箱を乱雑に重ねたようでもあり
引出しの枠は壊れかけていたけれど
引出しの中の食器は無事でした。

それじゃ、
引出し収納は安心かというと
そうでもないです

最近の引出し収納は
レールがついていて
飛び出しやすい。

収納物で重さがある引き出しが
勢いついて飛び出すとどうなるか。

家具は傾いて
引出しが飛び出す勢いで食器が飛び出す
かもしれません。

引出しにストッパーをつけて
家具の底に滑り止めを施すことが必要。

この記事を書きながら
うちのキッチンの引き出しは
レールはついていない家具だけど
何も対策していない…。

すぐできる方法は?
…と考えながら
コンロに近い方の引出しに
入っているものをイメージ。

「あ、包丁が入っている!」
開閉頻度低いので
あの引出しだけでも
応急処置でガムテ貼ります!

貼りました!
冷蔵庫に使っている
これ↓を買うまではガムテ!

 

対策をするとしないでは
安心感が100倍も違います。

安全は起きて初めて確認できます。
絶対はあり得ません。

だけど
安心感はすぐに実感できます。
「ゼロ」より「1」です!

 

【関連記事】

キッチン、観音開き収納の地震対策。セリアで見つけた「変形S字フック」でラクにできた!

 

暮らしながら減災対策をする
考え方と具体的な方法は
こちらに記事を掲載しています。

 

【関連記事】

扉付き収納家具の対策記事↓

キッチン、観音開き収納の地震対策。セリアで見つけた「変形S字フック」でラクにできた!

地震対策。”ゼロより1”の対策で不安と被害を小さく。キッチン収納、冷蔵庫など扉と転倒防止対策

置いたものの滑り止め対策↓

「見せる収納」でも今すぐできる、あるものでできる、食器と食器棚の地震被害軽減対策

 

【暮らしがラクになる「減災収納」】
地震対策記事こちらに掲載

 

*****お知らせ*****

著書が発売になりました!
「収納が苦手」な人がラクに「片づけ上手」になれる本

苦手意識をゆるめる考え方の本です。
ごちゃごちゃの解消法や
地震対策にも役立つ
家族で取り組む暮らしの管理も
取り上げています。

詳しくはこちらに掲載

アマゾン

 

 


posted : 2018年6月20日