「散らかって、片づけて、収納グッズを買って、また散らかる」。負の連鎖の原因と解決策

 

 

“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

「今日を大切に」する
時短家事&減災収納を、
お伝えしています。

散らかっている場所を
片づけようするとき
ものをどこかにしまうと
考えていませんか?

「え?そうじゃないの?」

ものはしまうものではなくて
使う場所(近く)に『置く』と考えます。

使いやすさと戻しやすさ、
見た目の快適さも合わせて
置き方=収納方法を考えると
暮らしやすく、
散らかりにくくなるんです。

それでも散らかるときがあります。
そのときは…?

今日は、
モノや散らかりに振り回されない
人=暮らしが主体の収納について
考えます。

今日の記事の元になった
インタビュー記事はこちらです。

 

■発想の出発点をどこに置くか?

「せっかく片づけたのに
また散らかってしまった…」
すこし悲しそうにつぶやく。

こういうつぶやきは
あちこちから聞こえます。

どうしてそうなるのか。

散らかりという不快な状態をなくしたい。
それを片づけと思っていて
だからどこかにしまいこむのかな。

片づけが苦手な人は
そのときすっきりするために
ものを片づけているのでは?

だから、しまい場所をさがして
空きがあれば突っ込む。
空きがないと即「場所がない!収納を買う!」
と、なる?

手にしたもののしまい場所を探すのは
ものを中心にした考え方。

散らかったものを
捨てたり、しまい込んだりする前に
ものの置き場所=戻し場所を
決めることから始めましょ。

そう考えると
すでにもので埋まっている収納場所だって
置き場所候補になりますね。

既存収納の使い方を見直すこと
抜けていませんか?

↓開封済みのお菓子などの置き場所

■ものはしまはない!?

私の場合
❶使う場所に使うものを置く
と考えています。

 

洗面脱衣室に
肌着や日々のふだん着を置くのも
棒を渡して繰り返し着るジーパンを
引っかけるのも
そこが着替える場所だから。

 

エプロンのひっかけ場所を
キッチンの壁につくったのも
そこが着脱の場所だから。

お掃除クロスを
洗面台の横や浴室やトイレに
引っかけるのも
そこが使う場所だから。

お菓子を食べるのはテーブルだけど
開封したお菓子を
お皿に入れるのはキッチン。
だから開封済みのお菓子の戻し場所は、
キッチンのかご。

テーブルで使うもの(血圧計とか、笑)
の置き場所は
テーブルのすぐそばの箱の中。
冒頭の写真参照。

ペンやハサミは、
リビングだけでも
使う場所3カ所に。

使うものは
使う場所(近く)に置く。
これを原則にすると散らかりにくい。

もう一つポイントがあります
❷快適かどうか。

 

■快適とは、無駄な動きがなく
見た目も気持ちがいい状態

片づけにくさを感じると

ラクに手にできて
サッと戻せるように
置き場所と置き方を考えます。

この基本は
棚や扉付収納の使い方にも
通じることです。

快適とは、
ラクに手に取って戻せて

視覚的にもバランスがいいこと。

動きたくないからって
テーブルやその周りをしまい場所にする
のとは全然意味が違うんです。

人間の動きに合わせて
物の置き場所を考える
「どこでなにをする?」
と、自分に問いかけるということに。

置き場所がほしいところに
置けなければ場所をつくります。

ものを「しまう」から
快適に暮らすために
適した場所に「置く」へ
発想の転換
をすると

 

タオルハンガーがなくても
フック一つあれば
タオルは引っ掛けられます。

エプロンを引っかけるのも
小さなフック。

フック一つ、
棒を1本つけることで
ものの置き場所はつくることができます

エプロンなどを
その辺に置きっぱなしにしたり
椅子に掛けている人は考えて~。

フックは形状も大きさも
ものを手にするときサッと外しやすいか
快適に使えるか
考えて選ぶことも大事。

 

例えばうちでは
洗面台で洗ったお掃除クロスは
洗面台の横に引っ掛けるのですが

フックの大きさは
サッと掛けられて
マグネットがずれたり
クロスが外れて落ちないように
大きめを選んでいます。
洗濯機の側面なのでマグネットタイプ。

クロスに丸く穴をあけているのも
掛けやすさを考えてのこと。

 

発想はいつも人間が主体。

いかに無駄な動きがなく
ラクな姿勢と動作でものを手にして
使って戻すことができるか。

ラクに手に取れると
作業ははかどります。

いつもそうなら
脳には片づけのイヤなイメージは
浮かびません。

ものの置き場所=戻し場所が
決まっていて動作がラクなら
使いっぱなしになりにくい

つまり散らかりにくい!
ここが一番大事!!

 

■人が主役
暮らしやすさを考えた収納

人が使いやすい
置く場所や置き方でも
出すと戻すのペースが合わなくなって
散らかることはあります。

それでも
人が主体の収納は
時間と体力とタイミングが合えば
元の状態に戻すのもラクです。
問題点を見つけて
改善策を考えることもできます。

その逆で
散らかりの解消方法が
間違っていると
片づけてもすぐに元に戻ってしまいます。

「人間主体の収納」は
あとのことを考えますから

やみくもにあちこちに
ものをしまい込んだり詰め込んだりしません。

収納は
人にとっての暮らしやすさを
考えることから始まります。

片づけって、
使ったものを次使うために戻すこと。
そうするとテーブルや調理台などのスペースも
次に使える状態に戻ります。

ものがない状態をつくることが

片づけだと思って片づけると
すぐに散らかります。

ものもスペースも次に使うために
決まった場所に戻す。

そう考えると
散らかったら
元の場所に戻せばいいことに
なりませんか?


しまうことばかり考えていると

見えなくするために
どこかに押し込んで
後でわからなくなったり

収納家具やグッズを買って
解決しようとして
ものを増やすことにもなります。

今日書ききれなかった
大事なポイントがあります。
次回取り上げます。

 

 

*追伸*

5月にパーソナル講座のお申込みがありました。
秋の引越しに備えて隔月で3回面談。

その1回目のとき
どんな家具を買ったらいいのか
という質問があって
そのとき、
一年前のインタビュー記事を
紹介しました。

インタビュー記事冒頭の
ほかにもあります。
目に留まらなかったとの声を聞き
あらためてリンクを貼ります。

個人面談
もうすぐ2回目です。

新しい住まいでどんな暮らしがしたいのか
より具体的にイメージできるように
サポートしたいと考えています。

パーソナル講座の
詳細はこちらをご覧ください。

 

***************

新しいお知らせ

■ワンコイン30 分ほど
地震対策困りごと相談会
7/14(土)
❶13時~❷14時~❸15時~❹16時~
各回4名
@ 大阪豊中服部緑地スタジオ

参加費500円(お飲み物付き)

お申込みは→info@doikeiko.com

 

ほかの講座の日程変更になっています
最新情報は

こちらに掲載しています。

***************

 

【暮らしがラクになる「減災収納」】
地震対策記事こちらに掲載

*****お知らせ*****

著書が発売になりました!
「収納が苦手」な人がラクに「片づけ上手」になれる本

苦手意識をゆるめる考え方の本です。
ごちゃごちゃの解消法や
地震対策にも役立つ
家族で取り組む暮らしの管理も
取り上げています。

詳しくはこちらに掲載

アマゾン

 

ダビンチニュース
本が取り上げられました。

片づけられない大きな理由ふたつ
と片づけられルようになる方法が
記事になっています。

 

本の中身部分的ですが
↓こちらで読めます。

https://books.google.co.jp/books?id=xpJeDwAAQBAJ&pg=PA288&lpg=PA288&dq=収納が苦手が苦手な人がラクに片づけ上手になれる本&source=bl&ots=_tkvoBMoiF&sig=yuvY_ndv_ZO476VSP_hpWXOIPY8&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjw0s-_zuvbAhUBp5QKHZY4CoMQ6AEwCXoECAkQAQ#v=onepage&q=%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E3%81%8C%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%8C%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%AA%E4%BA%BA%E3%81%8C%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%AB%E7%89%87%E3%81%A5%E3%81%91%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%9C%AC&f=false


posted : 2018年7月3日