台風、豪雨の夜。停電に備えるならヘッドライト。ポイントはフィット感とスイッチ、その理由

 

“暮らしはラクに楽しく♪”
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

丁寧な暮らしのための時短家事と
「『減災収納』という暮らし方」
をお伝えしています。

登山、野営などする人達にとって
おなじみのお店といえば
モンベルなど
「アウトドア用品」のお店。

そこには
災害時に役立つ優秀なものが
いろいろ揃っています。

アウトドアに関心のない人も
お店で実物を手にしてみるのは
非常用グッズの準備に有効ですね。

さて、
今日の話題は
停電時に灯を確保しつつ
両手が使える
アウトドア派必携、
ヘッドライト選びのポイントです。

昨日の懐中電灯選びの記事
共通する「非常灯選び」の
ポイントも取り上げます。

 

■ヘッドライト選び
3つのチェックポイント

一つ目はスイッチ
左のは、
スイッチがボタンでワンタッチ。
頭から外さなくても片手でラクに
オン・オフができます。

右のヘッドが大きい方は、
光の範囲を切り替えできます。
でも、小さなレバーを指先で操作するのは
ボタンに比べて不親切設計かな。

次に着用感をチェック。
身体につけるものは大事なポイントだから。

実際には右が
20グラム重いのですが
フィット感がよくて重さ気にならず

左のは
ヘッドのカタチが凸=
出っ張りなので重く感じます。

実際の重さより体感が大事

3つめのポイントは
電池の入れ替えとケース。

当然、1本差し込む方がカンタン。
ふたはネジ式でしっかり閉まります。

3本のは入れにくく
ふたが外れやすい。

雨の中をつけて歩くのをイメージすると
大事なチェックポイント。

 

 

■二つのうち
どちらを使いたいか?

机上の話ですが
ふたが外れやすくても
点灯時間が短くても
スイッチが使いにくくても
フィット感がある方を使いたい。

装着感がいいのを選びます。

自分の身に長い時間着けるのだから
フィット感はかなり大事

調べて見ると
ヘッドライトはやはり
アウトドアメーカーの製品は、
性能がいいと思われます。

アウトドアメーカーの価格は
(2,900円)と
私が買ったものの3倍。

価値観が問われる…。

次に買うときは
アウトドアショップで
価格ではなくフィット感のあるものを
選びたい!

■台風と地震で
停電への備えの違いはある?

停電が長くなれば手を塞がないのは
かなりありがたいこと。

台風のときは
あらかじめ
頭に装着ができるはずなので
ヘッドライトが安心。

ただし、夜間の大きな地震発生時の
自分の状況をイメージすると
とっさには
頭につけるより
パッと手にできる方が確実に思えます。

地震は急襲。
「溺れる者は藁をもつかむ」。

それを踏まえて
昨日の記事にも書きましたが
「灯」の備えは
誰にでも使いやすいものが基本。
一つのものにベストを求めない。

「災害」といっても予測できる台風と
急襲の地震は備えも違いそう。
結果的にどちらも停電は起こるけれど。

ほんとうにケースバイケース
ですね。

 

■同じものを揃えない
使い分ける理由

ヘッドライトだけに限らず
家族で同じものを揃えない方が
いいと思っています。
なぜ?

これは分散管理の視点です。

明るさが絶対必要な場面も
あるかもしれないし、
電池がなくなりそうなときも
あり得ると思うからです。

「状況」」「目的」
「使う人」によって

「使いやすさ」「明るさ」
「点灯時間の長さ」
手に持つか頭につけるか…

それぞれ「一番大事」が変わるのでは?

一つ備えたら
次はいまあるものの
弱点をカバーするもの
備えるのがおすすめ。

非常時の「灯」は
一度備えたら永遠?
買い替えが必要です。

それには頻繁に点検が必要。
点検しやすくて
停電時にサッと手に取るにはどこがいい?

次回は、懐中電灯の
置き場所について取り上げます。

 

【関連記事】
停電と同時に点灯する充電式センサーライトについて
視点を変えて何度か記事で取り上げてきました。

【保存版】懐中電灯。停電の瞬間とその後への備え。どこに何ががあれば安心?

電池のストックは「いつもの場所」。
使う場所といつも開け閉めする場所。↓

夜間の停電、灯の確保は充電式がメイン。電池のストックは適所保管でしまい込まない

停電。「ローソク火災」を防ぐ。ふだんからローソクの扱いに慣れて備えて、ペットボトルランタンと併用

 


posted : 2018年9月17日