家事を重荷に感じる理由。目についた場所を「10分掃除」、サッとできる理由

 

こんにちは!
暮らしアドバイザー 土井けいこです。

“暮らしはラクに楽しく♪”
丁寧な暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方
をお伝えしています。

体調のよい休日の朝。
のんびりなんとなく
ちょこっと拭き掃除。

それがきっかけで
思わぬ掃除ができてさらについでの家事も。

今日は、家事がはかどる理由を
あらためて感じた
休日の午前中のできごとを振り返ります。

 

 

■小さなきっかけで
家事がスイスイどんどんはかどる理由

通りかがりに窓際の
きのこやパンのマトリョーシカ
目に入りました。

その後ろにある木のおもちゃ、
埃を取りたいな~。
台の上も拭きたいな~。

そばにあるクロスとワックススプレーを手に
拭きはじめたところ
台の上だけで終わらずに
台を動かして裏側まで、すき間や床も掃除。

道具は手の届くところに
配置してあります。

置いたのは自分です。

わざわざ取りに行くと…
途中で違うことに気が逸れて
掃除のタイミングは
どこかへ行ってしまうから。

そういう自分を知っているのです。(笑)

ちょこっと拭き掃除で動かした手。
その「ついで」の家事が進みます。

 

■台の上を拭くだけのつもりが
台まわりフルコースの掃除!

台を拭いていたら
台の下の収納ボックスの蓋の埃に
目がいきます。

埃を拭くのにしゃがんだので
ついでに箱の中の埃も拭きましょ。

膝を床につけると腰を曲げずにすみます。
この体勢は
低い位置や床の拭き掃除をラクにするのに
地味ながら大事なポイント。

無印良品のおもちゃ箱。
キャスターが底についているので
片手でスッと引き出せます。

隅っこは埃とり専用の
「ほこりん棒」で。↓

そうこうするうち
ついでに台をクルッと45度回して
後ろの窓際の床も拭き掃除。↓

クルッとラクに回せるのは
4本足のひとつに
地震対策を兼ねて
滑り止めを施してあるから。
先日のかご収納と同じ発想です。

黒っぽい箱状の下。
床の間に置いたのは防振マット。
これも地震対策=滑り止め。
防振マットの厚みで掃除もしやすい。↓

 

ほこりん棒についた埃を
お掃除クロスで拭ってから
定位置に戻します。

わ!クロスが汚れています。

ほこりん棒を定位置に戻したついでに
その下、メタルラックの埃も拭き取ります。↓

まだまだついでは続く?

床をサッと拭いて…おしまい。
長々書きましたが
時間にすると「10分」ほどのこと。

 

■俯瞰と道具の配置と
動かしやすさがカギ

置きものが目に入って汚れに気づき
ついでの掃除が続いたのは
台の高さに要因がありそう。

65センチの台を拭こうとすれば
上から台全体が目に入ります。
俯瞰するといろいろ目に入ってきます。

暮らしを俯瞰するって大事ですね。

元々掃除がしやすいように
必要な道具を汚れる場所のそばに置き
家具も動かしやすくしてあります。

ほんの小さなきっかけで
自分が動けるように
仕掛けをしてあるのです。

掃除をしやすく工夫することが
ラクに自分を動かすことに。

この場合の「ラク」とは
「気持ちよくスムーズに動き出す」とうこと。

 

■家事が重荷にならないコツは
“ついで”と“連続”

 

さて、
お掃除クロスを洗おうと
洗面所に行こうとして
目に入った食卓椅子のチェアパッド。

先日から丸い座布団、
洗いたいと思っていました。

お掃除クロスを洗うついでに
これも洗おう。

拭き掃除と洗濯は別?

汚れた掃除クロスを洗う場所は洗面所。
そこへ行くついでに
チェアパッドも持っていき
ついでに洗うと
家事はひとつながりになります。

疲れているときは
「ついでに」ができないときもあるけれど
なるべく
ついでに取り掛かる環境をつくっています。
すると、ラクに家事ができます。

重荷になるのは
一つひとつ、一回ごとに
エンジンをかけるからかもしれません。

 

《追伸》

先日、自宅で
番組(NHK「助けてきわめびと」)
の撮影がありました。

自分ではなかなか撮れない
自宅リビングの全景が映るはずです。

番組の詳しいことは
あらためて取り上げます。

放送は10月12日(金)
午後1時からの「こごナマ」。
その中の「助けてきわめびと」のコーナーに
視聴者のひとりとして番組に協力。

なので1分も出ないはずです。

 


posted : 2018年10月8日