「片づける時間がない…?」。思わぬタイミングでおとづれる片づけのひととき。だから「出して置く」!

 


こんにちは!

暮らしのアドバイザー土井けいこです。

“暮らしはラクに楽しく♪”
丁寧な暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方を
お伝えしています。

夏の間インテリアとして楽しんだクロスや
来客時に使ったテーブルクロス類。

洗濯してしまうはずが
なかなか本来のしまい場所に収められず。

食卓の椅子などに置いて
けっこう日が経っていました。

ある日の日暮れ前…
ふとクロスをしまう気持ちに。

それをきっかけに
クロス類を収納した扉の中を
点検するタイミングがやってきました。

今日は「片づけ」のタイミングと
そこからの気づきの話です。

 

■日暮れ前のひと息入れる時間

ふと気持ちが動いて
布類をしまおうと思ったときは
まだ外は明るかったのです。

午後4時頃は
デスクワークにくたびれて
ちょっとお水を飲みに…とか
仕事場から離れる時間帯です。

なんとなく
椅子の上にたたんで置いたクロスが
目に入りました。

テーブルそばの収納の扉を開けて
クロス類をしまおうとしたとき
ふとほかのクロスをたたみ直す気持ちに。

 

たたみ直して戻すはずが
あれこれ気持ちが動きだして
思わぬ片づけのひとときに。

次第に日が暮れて照明をつけます。

この時間は
お子さんのいる家庭では
ゆうげの支度で忙しいかな?

…そんなことを思いながら
布に触れつつ
扉の中の状態を整えたくなりました。

 

 

■扉を開けたとき
気持ちがいい状態をつくる

たたんだ布を積み上げて
扉をあらためて開けると
しまい方が何だか乱雑になっていることに
気づきます。

日々出し入れしていると
よほど気をつけない限り
いつのまないか少しずつ乱雑になって
しまうものです。

収納の中の雑然さ解消のために
たたみ直す以外に
何をしたらいいんだろう…。

たたんだ布を見ながら思います。

扉を開けたとき
気持ちがいいように
同じ色味のもので揃えてみようかな?

 

■いつもと少しだけ違う時間

たたみ直したクロスを
これまでは
使用頻度で家具の左と右で分けていましたが
色でしまい分けしてみます。

 

さらにその中を
使用頻度で分けると
見た目も感じがよくなり
把握しやすく頭の中もスッキリ。

 

扉の裏に貼った写真↓は
5年くらい前に片づけたときのもの。

5年の間に
収納の使い方もずいぶん変わり
収納したものも変化しています。

 

■暮らしの変化を感じとる

以前は講座のときも
仕事の打ち合わせの時も
ふだんの来客のときも
必ずテーブルクロスを掛けていたテーブル。

最近はクロスを掛けていないこともあります。

もっと前には
日常でもクロスを掛けていたのに
最近はそれもなくなっています。

暮らしはそういう変化があるものですね。

出したりしまったりする
いつもの開け閉めとは違う
ふと気持ちが動く片づけは
暮らしの変化など
に気づかせてくれます。

いつもの出すためしまうための片づけより
ゆっくり流れて
とても意味のある時間に。

片づけつつそろそろ室内を
初冬のインテリアに変えよう…
そんなことも思ったり。。。

次の日、
片づけた場所をもう一度扉を開けて眺めて
前日の片づけを確かめるのも恒例です。

なかなか片づかないとしても
どこかにしまい込まずに「出して置く」。

ものをしまう片づけのタイミングは
すること(もの)が見えているから
引き寄せることができるのかもしれません。

のんびり片づていたら
そろそろ手放そうかと
思うクロスの目星もつきました。

 

思えば朝からなんとなく
時間がゆっくり流れている日でした。

こういう日はめったにないんですけど。(笑)

「片づけ」といっても
たたものをしまうだけではないんですね。

いろいろな気づきがもたらされる
「片づけ」の時間は
散らかりを片づけるだけとは
意味が違うと、
あらためて気づくひとときでした。


posted : 2018年11月27日