リビング、テーブル…。収納が苦手な人が片づけるとすぐに散らかるのはなぜ?原因を知ることで解決策が見つかる

 

こんにちは!

“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

今日を大切にする時短家事と
『減災収納』という暮らし方を、
お伝えしています。

片づけが苦手な人が片づけようとするとき、
ものを「どこかにしまう」
と考えていませんか?
その考え、間違っているんです。

しかも気持ちのどこかに
「散らかった状態をなくしたい」
という思いがあるのでは?

今日の話題は、
散らかりと片づけを繰り返す原因と
解決策の見つけ方です。

昨年7月に投稿した記事を
最近、受講生さんとのやり取りで
感じたことを反映して
大幅に書き直しています。

この記事の元になった
インタビュー記事はこちらです。

 

■発想の出発点をどこに置く?

「せっかく片づけたのに
また散らかってしまった…」
すこし悲しそうにつぶやく。

なぜそういう人が多いのでしょう。

なぜ片づけてもすぐに散らかるのか。

片づけが苦手な
受講生さんの困りごとを聞いていると
捨てたりしまい込んで
ものを目の前からなくすことを
片づけだと思っている
のがわかります

ものがない状態にしたいのですね。

だからしまい場所をさがして
空きがあれば突っ込む。
空きがないと
「場所がない!収納を買う!」
となるのですね。

片づけが苦手な人は
「どうして置きっぱなしにする?」
「どうしてここに置く?」
と自分への問いかけをしないまま
ものを動かしてしまいます。

これでは何度やっても
一時しのぎで
すぐに散らかることになります。

うれしいのはそのときだけで
うれしかった分だけ
空しい作業になってしまいます。

■テーブルとその周りに
置いていはいけないものと
置くものの理由

前にも書きましたが
受講生さんによると
バナナやお菓子をテーブルに置くのは
座ったまま手が届くところに
置きたいからだそうです。

それは食べすぎの元にも。
おやつの置き場所は
少々不便なところがちょうどいいのです。

うちの場合、
すぐ食べるお菓子はキッチンの棚のかごへ。
おせんべいの湿気防止だけでなく
なんでも開封済みは冷蔵庫、未開封は食品庫です。

テーブルで使うもの(血圧計とか、笑)
の置き場所は
出しやすくて戻しやすい
テーブルのすぐそばの箱の中。

箱ごとテーブルに出して
箱ごと元の場所へ戻します。
この方が出しやすく戻しやすいから。

ペンやハサミは使う場所が置き場所。
使いっぱなし=紛失防止策で
食卓のそばとテレビのそばと
新聞を読む窓際のコーヒーテーブルにも。

「動きたくないから
テーブルやその周りを置き場所にする」
のとは全然意味が違うんです。

 

■自分の弱点を知って発想の転換

置いた状態が視覚的に快適かどうか。
それは重要なポイントです。

見えていても
その場に置く理由があって
まっすぐまとまって置かれて
整然としていれば
見えなくする必要がないからです。

ところが
ものを置く場所も
置く瞬間も動作(置き方)も無頓着。

雑然としないように置く
という意識がないんですね。
だから置きやすいところに
なんとなく置いてしまう。

それに「ラク」の意味を間違えています。
何もしないのが「ラク」ですか?
だから手近に置きたいと思ってしまう?

バナナの例でもわかるように
動かなくて済むようにと考えてしまうのは
動くのが苦手だからだと思います。
生活不活発病の要因になりそう。
健康によくないです。

対策を取ろうと思ったら
散らかる原因を知ることが欠かせません。

原因を知るためには
自分の弱点に気づくこと。
気づかないと
改善策を見つけられないからです。
だから苦手から目をそらさないで~。

 

■どうすればどこに決めると
ラクに片づけられるか自問

「どこでなにをする?」
「どこだったらラクに戻せる?」

と、自分に問いかけて、
人の動きに合わせて
ものの置き場所を考えます。

置きたいところに置き場所がなければ
置き場所をつくるのです。

つくる?DIY?
例えばフック1つでも
ものの置き場所はつくることができます

エプロンなどを
その辺に置きっぱなしにしたり
椅子に掛けている人は考えて~。

見えなくするための片づけは
負のベクトルの片づけ。
それでは楽しくない
はず

ラクに動ける片づけを考えることは
創造的なこと。
実際ラクに片づけられるようになるので
脳には片づけのイヤなイメージは
浮かびません。

ものの置き場所
=戻し場所が決まっていることは
とても大事。

でも決めただけではまだまだ。
戻せなければ
原因を考えて置き場所と置き方を改善します。

自分に合った最適な置き場所は
一度ではわからないものなんです。

自分の無頓着さを自覚することも忘れずに
ラクに自分を動かす方法を考え続けましよ。

戻す動作がラクなら散らかりにくい!
ここが一番大事!


ものがない状態をつくることが
片づけだと思っていると
しまい込むばかり考えてしまい
結局ものを動かしているだけになりがちです。

収納グッズで解決できると考えるのも
散らかりの原因に。

適した収納グッズ選びは
簡単ではありません。
相当慎重に考えるのがいいです。
収納グッズ選びの失敗も
散らかりの原因になりますから。

 

《関連記事》
▼「片づけてもリバウンドする理由」
http://doikeiko.com/archives/29569

《追記》
インタビュー記事はもう一つあります。
リンクを貼ります。

 

 


posted : 2019年1月23日