一気に片づけを進められない理由

今日は
片づけは一気には進められなかった、
という話。

先月22日にリビング&ダイニングの
収納家具の扉と天板を替えましたが

古い扉を室内に置いたままにしていたのが
ようやく片づけられました。

元の扉は、
裏を収納に使っていました。

扉を閉めるとわかりません。

古いもの扉を処分するために
まずは収納物を外します。

この作業があるため
なかなか片づけられずでした。

外してもわかるように、
元の扉ごとに分けます。


使い古しのジッパー付き袋にまとめます

ここから一気に新しい扉に収納・・・
といきたいところですが、

仕分けをしていると
今までの使いにくさを解消して

もっと使いやすくするには・・・
などと考えて、時間切れでした。

古い扉は
とりあえず資源回収に出すまで
「不用品?集中管理ステーション=押し入れ」に保管。

扉裏のもろもろの収納物も
紙袋にまとめて仮置き。


プラスティックの籠の中はここが置き場所のいろいろ

本当は一気に進めたい気持ちもかすめながら、
ほかの仕事に戻らなくてはいけないと
ブレーキを掛けました。

次への課題を広い出しながら、
まずは長いこと
室内に置いたままだった扉が片づけられました。

前は行きがかりの扉裏収納でしたから、
今度は計画的に進めたいです。

それが得意かどうかは別にして(笑)。

片づけにとれる時間が限られていて、
一気に進まないけれど、

それがよかったと思えるような
次のステップにしたいです。

外す。
仕分けする。

と、収納=道具を使った工作的な作業は
使う脳の部位が違うそうですから

別の日にするのがいいのかもしれないとも思いました。

なんであれ、
一気に進められないことも
よしとします。

リニューアル以前の『do!だより』はこちらからお読みいただけます。


posted : 2016年5月16日