差し込み口が足りない!コードがごちゃつく!買わずにコンセントまわりの困りごと、解決!

“暮らしはラクに楽しく♪”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

ていねいな暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方を
お伝えしています。

洗面脱衣室で使う電気製品が増えて
コンセントが足りないです。

足りないのは全部を差しっぱなしに
しようとするから。

ヘアドライヤーは
安全のために毎回プラグを抜くのが
習慣なんだから
ほかでもできるでしょ?

…とおもいつつ、
買い替えずに
不便を解消する方法を試行錯誤。

そうこうするうち、
既存の無印良品ジョイントタップで
問題が解決。
買い換え、な〜し!

今日は
コンセントの不足と
安全対策の両方が解決する過程と
解決のきっかけが話題です。

 

■タコ足配線をせずに
コンセントが足りない問題を解決!?

うちの洗面所には
コンセントが2口しかありません。

洗濯機がひとつ塞ぐので
残りのひとつに5口のタップを使って
しのいできました。

差し込み口が足りないのに
センサーライトが
コンセント2つ分スペースを取ります。

10センチ程度の延長コードで
解決したいですが
センサーライトは
宙ぶらりんができません。

買い替えずにタコ足配線をせずに
安全で使いやすくできないものか…。

あれこれ試行錯誤して
とりあえずの方法で
数日使ってみることに。

■無印良品のコードが外せるタップで
安全安心

無印良品ジョイントタップは一番多いので5口。
無印以外なら
もっと差し込み口の多いのもありますよね。

でも買い替えずに
困りごとを解決いたい。

試行錯誤するうち
コードをタップから外すと
延長コードに使えることに
(今頃)気づきました。

使用頻度が低い機器は
コードをタップから外して
カードの先に差して使かうことに。

抜くのがかたいのが難点ながら
ひとまず問題はひとつ解決。

それだけじゃないです!
コードを外せばタップには通電がないわけで
タップにプラグを差しっ放しにしても
通電火災の心配もありません。

やっぱり無印のでよかった。

でも問題はまだまだあります。

 

■いくつもの気づきで問題解決

差し替えるプラグを
サッと使えるようにタップに引っ掛け。
何だかすっきりしないなぁ
…と思いながら数日経過。

さて、コンセント周りで
バラバラのコードが目障り。
結束バンドでまとめます。

あれ?
クリップライト、
コードを抜くと使えません。
これは不便。

↑洗濯機のプラグにつけた
抜きやすくするカバーいらないかなぁ

そこで
ライトと洗濯機を差し替え。

洗濯機はコンセントから直接じゃなきゃ!
と思い込んでいました。

ほかで使っていた
差したままオンオフ切り替えできる
スイッチをテスト利用

 

実は一連の差し込み口の変更は
センサーライトを
外したことで成り立っています。

センサーライトを電池式に変えたらいいことに
途中で気がつきました。

トイレの電池タイプと
とりあえず交換、置き場所も変更。

クリップライトのオンオフも楽にできて
タップを新たに買わずに
日々の小さな不便が解消。
コンセントまわりがスッキリ!
おまけに差し口が一つ余りました!

 

■頭を柔らかくする方法がわかった!

発想が切り替わったというか
いくつものことに気づいたのは
コード類を束ねたのがきっかけ。

差し込み口が足りない問題から
いったん離れたのがよかった。

アイディアって
やっぱり思考錯誤の中から
生まれるのですね。

しかも、いい考えが浮かばないときは
いったん離れて
ほかのことで
ひたすら手(指先)を動かすのがいい。

これって
発想の転換には
とても大事なんですね。

しかし!
バラバラと気づくものだから
結束バンドでまとめる作業を
3回もやり直し。

結束バンドって
一度締めるとハサミで切るしかないのです。

でも…その手間をかけたことで
いろいろな気づきが。

困りごとを買って解決すると楽ですが
発想のトレーニングにならず
しかも物が増えます。

私の講座の受講生さんが
「頭をやわらかくしたい!」って
よく口にします。

すぐに買い替えを考えず、
試行錯誤しつつ
黙々と手を使うのはいかがでしょう。

差し込み口が足りない問題も
安全対策も
コンセントまわりのごちゃごちゃも
全部解決!

洗面所のコンセントの前に
何回立ったかなぁ?
解決策に辿り着くには
その時間も有効でしたね。

あ、1500ワットは
各機器のワット数を確認したところ
容量オーバーしていませんでした。
これも解決。

 

 

《追記》

無印良品ジョイントタップのリンク


posted : 2019年3月9日