新生活、寝具セットを買わないで!冬も夏も快適、非常時も安心。最小限の寝具で押入れスッキリ!

 

“暮らしはラクに楽しく♪”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

ていねいな暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方を
お伝えしています。

*

春は新生活への情報がたくさん。

新生活のための寝具は
ニトリや無印良品で
セット買いでしょうか?

ちょっと待ってください。
これを読んでから
お買い物を決めませんか?

今日は羽毛(羽根)のシュラフを
日常使いするメリットを取り上げます。

たまにしか使わない
来客用の寝具が
押入れを塞いで困っている方にも
きっとお役に立ちます。

 

■羽毛のシュラフを
ふだんの寝具に活用

シュラフは
たたむとコンパクト。

それでいて
拡げてみるといい感じの
ボリュームです。

わたし、元々寝具は羊毛派です。
その理由はさておき
ふた冬続けて羊毛ふとんとあわせて
羽毛のシュラフを
ガーゼのカバーを掛けて
毛布替わりに使ってみました。

寒い季節、
心地よく自然なほっこり感で
首の周りをまもってくれるのを実感!

ファスナーで2枚に分かれる
羽毛ふとんを見かけますが
今回おススメするのは
あくまでもシュラフとして
使えることがポイント。

羽毛のシュラフは
停電などで暖房が使えない日の夜、
頼もしい存在になること間違いなし!

 

■新生活にセット買いを
おススメしない理由

春はあちこちで
新生活用の寝具セットが
売り出されています。

「セットで買わなくちゃ」
と、思ってしまいそうですね。

「新生活」って、なんだかわくわく。
しかもいろいろ決めなくてはいけない時期に
セット購入は
あれこれ選ばなくていいので
ラクかもしれません。

でも…冬ふとんは、
ワンルームマンションでは
夏の間しまい場所に困るのでは?

その点、
羽毛シュラフは使わないときは
コンパクトになって
2枚重ねてカバーに入れて使うと
冬ふとんにもなります。

冬ふとんに併せて使う毛布を使う場合も、
アクリル毛布ではなくて
肌触りがよくてかさばらず
使用感が快適な
綿毛布か羊毛ケットがおススメ。

オールシーズン使えて
洗濯機で洗濯もできて
小さくたたんでシーツなどでキュッと包むと
クローゼットの棚の上に収まります。

 

■うちのシュラフが快適な理由

シュラフをふとん(ブランケット)として使うには
長方形の封筒型のがおススメです。

わたしが快適に使っているのは
長方形で
ファスナーを開くと
150センチ×200センチ。
毛布用のカバーにもいい具合に収まります。

内容量600グラム。
一般的な羽毛ふとんの半分の重さ。
5千円くらいでした。

ダウン30%フェザー70%。
フェザーが7割ですから
正確には羽毛シュラフではなく
羽根シュラフです。

フェザーでもガサガサせず
フィット感がいいです。
それはなぜ?

ガーゼの効果です。
ガーゼの肌触りのよさは
誰でもわかるはず。

ガーゼは通気性がいいので
湿気がこもりません。
だけど空気を含みます。
それが自然な保温効果に。

だから
カバーをガーゼにすることで
上質なダウンのシュラフでなくても
快適に使えます。

オールシーズン快適に使える
カバーは
リネン(袋状)もおススメです。

熱帯夜になる前の夏掛けの時期には
シュラフのカバーに使うと快適。

リネンのカバーは
真夏の熱帯夜には
ブランケットとして使います。
この使い方は
タオルケットよりずっと快適ですよ。

リネンも通気がよく
湿気ずサラリとしているので
意外に真冬も快適。

 

■羽毛シュラフとの出合い

30年も前のことですが
ブータンでひと月ほど
暮らしたことがありました。

標高2,700メートル、乾燥した10月。
高温高湿度の
バングラデシュから直行だったので
夜の寒さは辛かったです。

厚みが1㎝もある毛布は重たいだけで
肩のすき間から
寒さが入ってきて眠れませんでした。

そうこうするうち
事務所(相方の勤務先)の倉庫で
シュラフを見つけて
夜の寒さから救われました。
素材が羽毛だったのです。

後に生協のカタログで
この(いま使っている)
シュラフを見たとき
その体験が蘇り購入を即決。

もっと早くに
ふだん使いに気がついたらよかった
と思うくらい快適です。

寝具選びのポイントは
快適さと省スペース。

滅多に使わない来客用の
おふとんで押入れを塞いでいる方も

上質なダウンじゃないと
快適じゃないと思っている方も

掛けふとんとアクリル毛布と
夏掛けとタオルケットは当たり前と
思っている方も

これまでの寝具を
見直してみませんか?

わたしも見直し中。
たぶん羊毛掛けふとん
使わなくなると思います。

 


posted : 2019年3月15日