快適と安心のために、「あって当たり前」をなくしてみる


最近キッチンから水切りかごをなくしました。
シンク周りがスッキリ片づき、
安心感もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暮らしのアドバイザー土井けいこです。
「暮らしがラクになる『減災収納』」7回目。

ふだんの暮らしに役に立ち、
災害時にも役に立つことをお伝えします。

 

阪神・淡路大震災までは、
食事のあと片づけがとてもイヤで、
食洗機さえあれば、
と思っていたという話をしました。

あの大きな体験をしたことで、
意識が変わって、
食器洗いは気持ちがいい作業になっているとも言いました。

 

そうなんですが、
悩みの種は水切りかごの周りが水浸しになって、
かごの汚れが取れないこと。

なぜ水切りかごが汚れるのか?

食器を洗って水を切るのに、
どのくらい伏せておけばいいか
わかりますか?

ザッと水を切るには、わずか数秒あれば十分
なのに、水切りかごに食器を入れたままに。

だから、食器が乾く間に、
水切りかごのステンレスについた水滴も乾燥して
水垢汚れになってしまっていたんです。

 

そもそも乾くまで置きっぱなしがよくない

ザッと水が切れたら即拭く
空(から)になっていれば、
水切りかごも洗って拭くことができます。

いや、やっぱり食洗機があればいい?(笑)
そうですね、ビルトイン(初めから備えられている)
なら地震でも安心。

でも、据え置き式は危ないです。
食洗機ごと飛んでくるかもしれませんから、
対策が必要ですね。

 

話は水切りかごの話へ戻ります。
あるとき、水切りかごをなくしてみたんです。
これが快適。

ひとり分とか少しの量なら
水分を吸収するクロスを敷くだけで
十分用が足りるんです。

すすいだとき、
ちょっと器を振って水を切るだけで
水浸しも解消です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後の食器をすすぎ終わり、
器が手から離れた瞬間
さっとふきんを手にして拭いている自分がいます。
意識が変わるとすることが変わりますね。

 

 

じつは、これまで使っていた水切りかごは、
阪神・淡路大震災当時のもの。

当時の四角いシンクにぴったりサイズがあって
シンクにハンギングして使っていましたから、
地震でもその中に入っていたグラスはビクともせず。

でも、今のシンクには形が合わないのです。
それで、シンクサイドに「出して置く」のですが、

そうすると不安がよぎるのです。
水切りかごの置き場所は、キッチンの出口すぐです。

おまけにその中に食器を乾くまで
入れたままにしていたものだから、
地震で出口に食器が散乱するのでは?と不安に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

すぐに片づけたら散乱する確率はずっと低くなりますが
すぐに拭いて片づけることが習慣になったのは、
水切りかごをなくしたあとのこと。

水切りかごという置き場所があるから
不安におもいながら、

食器をためてしまっていたんです。

 

 

ふとバットを水切りかごの代わりに使うと
どうだろう?
最後にしまうこともできる、と思い、早速実行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バットの底には、
クッションゴムを貼って滑り止め。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バットはしまうにもよく、
料理にも使えて、なかなかいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キッチンが狭いから
大きな水切りかごが置けないと
思っている人がいるかもしれません。

お鍋でもなんでもどんどん積み上げられる
大きな水切りかごがほしい、という声も聞きます。

私の場合、もともと水切りかごは小さくて、
場所塞ぎな大きなお鍋や調理道具は

先に洗って拭いて、
食器を洗っている間に乾燥させて片づけていました。

 

大きいとそれだけものがたまりますから
小さい方がいい。

家族が多いから、
洗い物がたくさんあるから、無理?

そういう場合でも、
同じ形の器を続けて洗うなど工夫のしどころはある。

20人以上もてなして、
幅18センチの水切りかごで、
あとの洗い物もしてきましたから。

 

「ないと困る」は、
もしかしたら「なくてもなんとかなる」
かもしれません。

 

水切りかごをなくしたことで、
洗ったら拭いて片づける、ということが

すんなりできるようになって、
シンクサイドがスッキリ片づき、
安心感も得ています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

震災当時、
せっせとたくさんのものをしまう工夫をしていた私。

地震後の散乱した状態を思い出すと
なんとなくもっていたものが散乱するのは哀しい。

なにより、置きっぱなしにしないのが
今日の快適と安心になるとあらためて思っています。

 

 


posted : 2016年9月3日