「あってあたり前」をなくしてみる

最近キッチンから水切りかごをなくしてみました。
すると、シンク周りが片づくように。
「あってあたり前」をなくしてみることで、
いろいろ気づくことがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あなたの時間を大切に。
時短家事で暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

水切りかごについては、
今までも何度か取り上げてきました。

悩みの種は水切りかごの周りが水浸しになって、
かごの汚れが取れないこと。

なぜ水切りかごが汚れるのか?

食器を洗って水を切るのに、
どのくらい伏せておけばいいか
わかりますか?

ザッと水を切るには、わずか数秒あれば十分
なのに、水切りかごに食器を入れたままに。

だから、食器が乾く間に、
水切りかごのステンレスについた水滴も乾燥して
水垢汚れになってしまっていたんです。

そもそも乾くまで置きっぱなしがよくない

ザッと水が切れたら即拭く
空(から)になっていれば、
水切りかごも洗って拭くことができます。

 

もしかしたらなくてもいいかも?

と思って、水切りかごをなくしてみたんです。
これが快適。

ひとり分とか少しの量なら
水分を吸収するクロスを敷くだけで
十分用が足りるんです。

すすいだとき、
ちょっと器を振って水を切るだけで
水浸しも解消です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後の食器をすすぎ終わり、
器が手から離れた瞬間
さっとふきんを手にして拭いている自分がいます。
意識が変わるとすることが変わりますね。

 

前にも書きましたが、
水切りかごという場所があるから

食器をそこにためてしまっていたんです。

ふとバットを水切りかごの代わりに使うと
どうだろう?
最後にしまうこともできる、と思い、早速実行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バットはしまうにもよく、
料理にも使えて、なかなかいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キッチンが狭いから
大きな水切りかごが置けないと
思っているかたがいるかもしれません。

お鍋でもなんでもどんどん積み上げられる
大きな水切りかごがほしい、という声も聞きます。

私の場合、もともと幅18センチと、
水切りかごは小さくて、

場所塞ぎな大きなお鍋や調理道具は
先に洗って拭いて、
食器を洗っている間に乾燥させて片づけていました。

大きいとそれだけものがたまりますから
小さい方がいい。

家族が多いから、
洗い物がたくさんあるから、無理?

そういう場合でも、
同じ形の器を続けて洗うなど工夫のしどころはある。

20人以上もてなして、
幅18センチの水切りかごで、
あとの洗い物もしてきましたから。

 

水切りかごをなくしたことで、
洗ったら拭いて片づける、ということが
すんなりできるようになって、
シンクサイドがスッキリ片づきます。

「ないと困る」は、
もしかしたら「なくてもなんとかなる」
かもしれません。

 

 

《追記》
「暮らしがラクになる《減災収納》」では、
今日の「時短家事」の快適に、
安心を加えて、
記事を書きました。

 


posted : 2016年9月3日