脱プラ!新聞紙でつくる生ゴミのゴミ箱、臭いなし!自立で収納もOK

 

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

先週末は自宅講座が続きました。
金曜日は去年からのグループ予約。
今月から来年の春まで
月1回テーマを替えて行います。

その名も
「世界とつながる家事講座~私たちの家事が世界を変える」。
G20初日でしたから
G20勝手に分科会とか。(笑)
わたしの企画ではありません。

詳しくはあらためて取り上げます。

土曜日は
毎日新聞掲載記事を読んだ方が
ご予約。

記事を見て
ゴミ箱にカゴを使っていることに
驚かれていました。

さて、ワタクシこの度、
レジ袋に替わるゴミ箱を
開発しました~!(笑)

蓋がない状態で
調理台の隅に次の収集日まで
置いても臭いません!
形がしっかりで見た目もスッキリ。

今日は、
新聞紙を折り紙のように折ってつくる
箱を紹介します。

 

■レジ袋よりずっと快適便利
「新聞でつくるボックス収納」

直接のきっかけは
居酒屋さんで
枝豆のガラに入れに
チラシを折った掌サイズの
ゴミ箱を出されたこと。

あの日、
小さなガラ入れを
ひっくり返して底の折り線をしげしげと見て…
次の日
あ~でもない、こ~でもないと折り続けて
再現。

そうこうするうちに
「あれ?もっとしっかりした箱が
できないかな?」
と数日試行錯誤で折り続けます。

新聞見開き3枚重ねて折って
かなりしっかりした箱ができました!

吸水力もあって
とっても安心感があります。

6月の後半の気候で
新聞ボックスをキッチンの隅に置いて
バナナの皮や生卵の殻を入れて
次のごみ収集まで4日間
口を開けたまま使うのですが…
全然臭いません!!

(3つのNGのひとつ
生ゴミを濡らさない原則は忘れずに)※

若干の水分が新聞紙に染みても
乾くと臭いません。
見た目もほとんどわからないです。

レジ袋やビニルを使ったときの臭いや
見た目の不快さがありません!

 

■買うことでは得られない
紙を折って箱をつくるひととき

半分にたたんだ長方形の新聞紙を
縦横をそれぞれ1/3
もしくは1/4に折りたたんで
誌面の真ん中に底面がくるように
余分な四隅を斜めに折りこみます。

最後に余った上部を外側に折りたたみ
立てた四面を挟むことで
枠が補強されます。

何度も何度も折るうちに
立体感覚のトレーニングになることや
手先を使うことで脳トレにもなり
集中力のトレーニングにもなると気づきます。

使う紙は新聞紙に限らず
フリーペーパーなども折りやすいです。

詳しい折り方の説明は…
動画を撮ります!?

試行錯誤してできたところで
ネットを見たところ、
もっと簡単な方法(ゴミ袋)が
出ていました。(笑)

しか~し!
このボックスはかなりかっこいい!(笑)

一番簡単なのが
毎日新聞の記事「すっきり夏の台所」でも紹介された
新聞を真ん中の折り線で切って
半分に3回折って掌サイズにたたんで
袋状にして使う方法。

汁気のあるものは掌サイズに折ったのを
使って
果物の皮や生卵の殻などは
新聞ボックスを使い分け。

置いても見た目がスッキリのボックス~!(笑)
ボックスは生ゴミをサッと入れられます。

 

■収納ボックスや仕切りに使って
脱プラスチツク

折り方は日々進化中。
紙の大きさを変えると
サイズもいろいろできます。

A4の紙で折ると横幅10センチほどの
小さな箱ができます。
写真は枠を補強して深さの調節のために
縁を外側に二重に折り込んでいます。

引出しの仕切りに
プラスチックなくても大丈夫。
脱100円ショップ!?

どうしてもプラスチックの容器が必要!
と思うまでは
紙で折ったボックスを
間仕切りに使ってしのげます。
これは我慢ではありません。
紙でも用が足りるのです。

新聞(紙)でつくるボックス収納は
新聞紙の箱はアウトドアでも便利!

たたんだ箱はざぶとんにもなって
スポーツ観戦にも便利。
広げて身体に巻くと
防寒にもなりますよね。

新聞紙の箱は
災害後の長引く避難生活でも役に立つはず。

手を使って折ることで
無心になれて
できた箱は食べ物や小物を整理に使えて
もちろんくずかごにもなります。

新聞紙は
暮らしの工夫と知恵を育ててくれます。

紙袋のようにマチもしっかりしていて
たたむとペタンコになって
要らなくなったら
古新聞で回収、再資源化されます。

プラスチックの収納グッズって
買って収めた瞬間が満足のピーク。

やがて仕切りの中がぐちゃぐちゃになって
使いこなせないプラスチックの収納グッズが
余まるのはよくあること。

形がしっかりした
「いつか使えそうな」プラスチックが
家のあちこちに
中途半端なゴミになっています。

新聞紙をたたんで
ゴミ箱をつくろうと思った目的は
ゴミ箱の中袋や生ゴミ入れに
レジ袋を使わずに
替わりの方法をさがすことでした。

だけど、
実際に新聞ボックスをつくってみると
つくる過程も面白くて
使ってみると快適なんです。

さらにプラスチックを
使い捨てにしない心地よさがあります。
使い捨ては心が小さく痛みますから。

まずは掌サイズに
パタパタ3回たたむところから
始めませんか?

新聞を取っていない人も
プリントとかフリーペーパーとか
雑誌を破いてでも
紙を生ゴミに利用できます。
紙であればどれも吸水力があります。

 

《追記》
先日紹介の食パンの袋
同じように試したところ口を開けてい ても
空気に触れているせいか臭いません。

素材が臭いを通しにくいので
口を縛っても臭いません。
新聞をとっていない方におススメです。
でも中で腐っているのはわかります。

臭いを通さない理由など
詳しくは記事で説明しています。

 

***************

【本日の内容に関連した記事】

▼※「キッチンのコバエ、生ゴミの臭いが困る~」。3つのNGを知って、発生元を断つ!
http://doikeiko.com/archives/32551

▼「消臭効果バツグン!!生ゴミの臭い対策は新聞紙で包む!使いやすく収納も工夫」
http://doikeiko.com/archives/17322

 

 

**************

【関連のサイト&記事】

国連/プラスチックを使わない生活20の方法

http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/blog/2018/plastics20.html

 


posted : 2019年7月1日