プレーンヨーグルトの水切り。簡単、美味しいホエーとクリームの楽しみ方

 

昨日の投稿を読んでくださった方、
ごめんなさい。
説明が足りなかったので
料理の作り方を書き直して
太字で追記しました。

片づけの写真も載せています。

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

今日は、
ヨーグルトクリームができる過程と
ホエーの楽しみ方をもう一度
書き直します。
お付き合いくださいませ~。

 

■プレーンヨーグルトが
半日で大変身

ヨーグルトの容器をあけると
上に水っぽいのが見えますよね。
(ご存じとは思いますが)
乳清=ホエーです。

ヨーグルトクリームを水切りすると
同時にホエーができます。

プレーンヨーグルトを
晒(ガーゼ)や
キッチンペーパーで漉すのですが

ペーパーを使う場合は
やぶれそうなので
ざるとか使った方が安心かな?

作るというより
時間が濃厚なクリームとホエーの
二つのおいしさを
もたらしてくれる感じ。

ヨーグルトの重みで
ガーゼが沈むのでひと工夫。

こんな小さなことで
うれしくなって
水切りヨーグルトを作る途中が
さらに楽しくなります。

ガーゼを通してホエーの滴が落ちます。
時を刻むようで
なんだかいい感じ。

常温でも作れますが
今回は都合で途中から冷蔵庫へ。

半日ほどで
濃厚なクリームとホエーができます。

ホエーの半透明の色が
なんとも言えないいい色です。

クリームの固さ柔らかさは
時間で決まりますのでお好みで。

 

■ホエーの美味しさを味わう

水切りヨーグルトは
クリームがお目当て?

違うんです。
わたしの場合はどちらかといえば
ホエーかな。
と~ってもおいしい
スープになるんですよね。

捨てちゃう人がいて
スープを飲んで
あまりのおいしさに
びっくりしていました。

↑画像の提供は受講生さん

今回はホエーとコンソメ(野菜だしパック)と
ひよこ豆、大豆など
蒸しミックスビーンズで
スープにしました。

スープが
お豆の味を引き立てますが
トマトも合います。

しみじみとした味わいは
心と体に沁みるようです。

 

■ヨーグルトクリームの楽しみ

↑画像の提供は受講生さん

昨日の投稿に書きましたが
今回は、
グループ予約の講座で
キッチンでの動きを見ていただくために
料理を作りました。

食べていただくことが
メインではないのですが
それでも小さな喜びを
感じてもらえたうれしいな…
と思って
メインとサラダのほかに
スープと
ヨーグルトクリームを添えました。

ヨーグルトクリームに乗せたのは
自家製の梅ジャム。

この日のために作った?
ではないのですが
受講生のみなさんに食べてほしくて
取りおいたもの。

ヨーグルトクリームは
パンにディップのようにつけても
そのままでもおいしいですよ。

ヨーグルトクリームは
アイスクリームに添えると
もっとデザートになります。

写真は以前のもの。

実はホエーの楽しみは
スープばかりではありません。
デザートにも生かせます。

乾燥イチジクをホエーに漬けると
ホエーにイチジクの甘みが溶け出し
メープルシロップのような
不思議なほどとろみがつくのです。

イチジクにはホエーがしみこみ
味が濃厚になって柔らかに。

イチジクと周りのシロップが
深い味になる感じがします。

クリームとホエーができる途中は
何度やっても楽しいものです。

それと
梅ジャムですが
自家製といっても「なんちゃって」です。
いきさつは明日投稿します。

 

**********

【こちらの記事もおススメ】

**********


posted : 2019年10月28日