手ごわいヌルヌルとカビ、ガサガサ汚れ…お風呂掃除が苦手。その原因はどこに?

講座の受講生さんの中には
お風呂掃除が苦手な人が多いです。

オンライン講座の受講生Aさんも
なかなか動き出しません。
どうしてなのでしょう。

「指1本だけ、
今すぐやってみて!」。

動きました!
指の腹を押しつけた痕だけ一本の線が!
地色が見えた!?

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

指1本から掃除が始まりひと月半。
指1本をきっかけに
ヌルヌル&カビ対策の第一歩、
ドア吸気口も換気口も掃除して
空気が通るようになりました。

ヌルヌルも掃除。
日々の換気とついで&ながら掃除が
続いて快適な浴室キープしています!

今日は
お風呂掃除への苦手意識が
生まれる原因を取り上げます。

 

■苦手意識を生んだ原因は
思わぬところにあった!

お風呂掃除に苦手意識がある人は
ヌルヌルやカビが
できてしまう原因に
気づいていません。

ヌルヌルとカビの原因は
使った後に残る
浴室内の湿気と壁や床などの水。

(ガサガサした汚れは
石けんの泡と皮脂と石けんカス)。

な~んだ、それなら知っている?
ほんとにわかっているかな?

浴室換気システムが機能していれば
ヌルヌルにならずカビも発生しません。

換気システム?

「指1本!」の叱咤激励(笑)で
動き出した後、
受講生Aさんへ
ドア下スリットのクロスに定規を巻く
掃除の(2、3秒の)動画を送りました。

↓この記事に写真が出ています。

受講生さん、はじめて
ドアスリットの汚れを目と手で確かめて
根本的なことに気づきました!

空気を吸い込むスリットが
埃とカビでガチガチで隙間がない!

しかも、Aさん宅の浴室ドアスリットは
開閉タイプ。
閉じたままでした!

空気を吸い込めないと
換気ができない。
換気扇を回しても(そこにも埃がたまって)
換気効果なし。。。
ヌルヌルやカビの
根本原因にようやく気づいたAさん。

つまり換気システムがついていても
効果のある働きをしていなかった。

まずはスリットにたまった
ガチガチの埃を取って
換気扇の埃も取ってようやく換気開始。
システム稼動。

どうやって湿気が取り除かれるのか
浴室換気設備の仕組みを知っていれば
スリットも換気扇も手入れしたでしょう。

換気ができて湿気が排出されていれば
ヌルヌルやカビのお風呂には
ならなかったんです。

ヌルヌルやカビがたまらなければ
苦手意識も生まれなかった!?

 

■「巣」への愛でカビ対策

高気密高断熱の住宅には
電気による換気システムがあります。
(強制換気といいます)。

でも…世代を問わず
(親の暮らし方を見て育つ平成生まれも)
住まいに対する感覚は
昭和(窓を開ける自然換気)のまま?

電気を使って換気する意味が
理解できていないのかもしれません。

でもね、新築入居なら
換気機能を有効にする方法は
浴室の取説に書いてあります。

取説がなくても
メーカーのホームページや
ネットに出ています。

わたしも湿気を取り除く
換気のシステムとその効果と
掃除方法を
「ここ」で何度も取り上げています。

知ろうとしないと
情報は身に沁みず行動につながらない…。

カビさせてしまうのは
住まいのつくりが原因の場合もあるけれど
湿気を溜めないための換気など
暮らし方次第のところが大きいです。

どうしたら
住まいを大事にすることに
意識をもってもらえるかな?

パッキンなどのカビのシミ(菌)は、
なくそうと思えば
はがして取り換えるなど
大変な作業(業者に頼むと出費)です。

浴室の掃除は
自分の住まい(所有、賃貸の別なく)を
快適に暮らすために手入れする一環。

その意識があれば
きっと早くに汚れに気づき
知識を得て
対策を取ったと思うのです。

そもそも初めから
換気を正しく行っていたでしょう。

「自分が暮らす”巣”への
愛が足りないな~」と
受講生さんには言いました~。

そういうわたしもできていないこと
いろいろあります。
(壁の掃除ができていません。
フローリングの
ワックス掛けも足りていません〜汗)

 

■溜まった汚れの掃除
タイミングはいつがいい?


22年目のカラン↑

溜めた汚れの掃除は
ものすごく大変!
そう思うから
見ないようにしているのかな?

汚れがラクに取れる
タイミングがあります。

お風呂の汚れが一番ラクに取れる
タイミングっていつと思いますか?
入浴時。

そのとき浴室内は
湯気で汚れがゆるんでいて
取れやすいから。

ドア下スリットのガチガチの埃も
入浴中なら湯気でふやけて
取れやすい(と、受講生さんの声)。

なので、溜めた汚れ取りの
最初のきっかけは
入浴のときがおすすめです。

そのあとも入浴時に
ちょこちょこ掃除を続けます。

スリットの埃取りは
布でくるんだ割り箸や定規などで
掻き出してみましょ。
本体にキズをつけないように
力を加減しながら。(←追記)

ヌルヌル汚れも同じく
入浴中はゆるんで取れやすい。
お掃除クロスと手と水で
ほんとうにラクに取れるんです!

だからうちでは
汚れやすい排水溝のところに
マイクロファイバークロスを
サッと手に取りやすいように
引っ掛けています。

ガサガサした汚れも
入浴時なら
クロスでその場で拭って
お湯で流すと
簡単にきれいになります。

鏡や蛇口は、
お風呂上りに
指の腹にキュッと圧掛けてカラ拭きすると
特別なことをしなくても
ピカッと!

そんなわたしも3年前には
鏡とドアを白くしてしまいましたが
から拭きを日々繰り返して
いつの間にか普通の状態に。

だから、
お風呂汚れは手ごわくない!

ただし
目地やプラスチックに染み込んだ
黒いシミ(カビの菌床)は
取れません。※
取れませんが換気による乾燥で
増えなくなります。

汚れを知ったうえで
指1本指先でいいので
汚れに触って
1センチでいいので
ラクにできる体勢で指を動かすこと。

自分から汚れに関わることが
苦手意識を
確実に解消するポイント

洗剤を使ってわざわざ時間取って
掃除しなくても
入浴ついでのながら掃除と換気機能で
快適な浴室になります

「やらなくちゃ」って頭で思うのは
やらされ感がありそう。
それも苦手意識になっていそうですね。

 

※《追伸》
黒いシミが取れなくても
浴室内を乾燥させると
カビは増えないです。
指1本から始めた
一人の受講生さんが実践中です。

前回
「ボトルヌルヌル解消」記事の
追記の写真がAさんの行動の結果です。

《追伸2》
前回のボトルヌルヌル対策のあと
掃除の講座が続いています。
グループレギュラー講座
今月のテーマは
「お風呂掃除の習慣化」。
講座のあと
みなさん掃除が楽しくて
子どもたちも巻き込んで
「掃除が止まらない~」との声が
たくさん届いています。
苦手意識払拭です!

**********

 

【こちらの記事もおススメ】





posted : 2019年11月13日