1回2秒、1日10秒×365日。包丁の置き場所改善で人生のロスタイムを解消

 

長年変えずに来た包丁の置き場所。
ついに変えました。
ものすごい時間のロス解消です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事専門家
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
ていねいな暮らしを目指して
日々工夫を重ねています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ずっと包丁の戻し場所は
シンク左手の壁でした。

だけど、右利きだから
身体ひねって戻すわけ。
不便です。

不便を承知で
入り口に立ったとき
刃物が目に入らないように、
という理由でここ(↑)を置き場所に。

世の中には刃物が目に入るのを
不快に思う人もいるそうです。
(今日は最後に包丁の先が写っています。)

それを知った当時、
講座のときなどのことを考えて
入り口からの死角を
包丁の置き場所にしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長年の習慣で
苦にならなくなっているけれど
どう考えても動作にムダがある。。。。。。

何年考え続けてきただろう?

そして……先日、いろいろ条件が整い
めでたく
動作のムダを解消できました!

今度の包丁の戻し場所は、
調理台の正面。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まな板から直線。
腕を伸ばす距離は65センチ。
これまでの戻し場所と距離の差は35センチ。

日に何度も
35センチを余分に
往ったり来たりしてきたのです。

住んで18年も……。

片道1秒
1日5回往復で10秒ロス。
365日×18年。
…なんと!○時間!!

え?うそ?
私の計算ミス?計算弱いので
計算、よろしくお願いします。

いや、しかも体のひねりもあった。
運動と思えばそうかもしれないが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日に何度も使うものの戻し場所を、
左にひねって1mから
正面に腕を伸ばすだけの位置に変えてみたら
なんと快適なことでしょう。

時短家事って、
手抜きじゃないのです。

いろいろな場面で
1つ1つの動作に小さなムダがある。

動作のムダは、
自分の人生の時間を
ムダに費やしていること。

60歳の記念に、
ワタクシ、暮らしのムダ時間解消キャンペーン
実施中(笑)。

 


posted : 2016年6月14日