手放すときは未練がましく?

不用になって紙袋に詰めたものを
再び広げて最後の確認。
これはムリなく手放すための
大事なステップです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事専門家
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

最近、不便の解消を積極的に進めています。

 

5月8日の投稿で、
ガラス容器の重さが気になり
軽いのに替えた話をしました。

それから1週間後
重く感じたのを
新聞紙に包んで紙袋に詰めて
手放す準備を進めましたが
時間切れで保管場所に仮置き。

CIMG1744

そのままひと月も置いてしまい、
もう1回広げてしまいました(笑)。

重たくて使いにくいと感じるようになった
ガラスの容器たちも

若い時の私は
そんなことも感じることなく
ただ「好き」で選んだわけです。

手放す前にもう一度手に取り
眺めていたら、
まだ30代だったあのころ

地震から暮らしを立て直すのに一生懸命だった
自分の姿がよみがえりました。

あああ…
やっぱり分厚いガラスが好き。
四角を大小各1個と丸いのを戻します(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このあとさらに
緑色のふたのもひとつだけ残しました。

私は全然潔くなんかない!
それでいいのです(笑)。

ただ、新聞紙に包んだのを
受け取った寄付先の方がいうんです。

「土井さんは潔いです。
ものの手放し方が見事…」とか。

講座では、
どんなに好きでも
手放すときはくるもの…。
次の世代に引き継いでもらいましょ。

なんて言いながら、
戻したものは
キッチンの私しか知らない
秘密基地にしまいました~。

ただし、
元の収納場所には戻しませんよ。
意味が容器から
「思い出のもの」に変わりましたから。


ものが少ないと管理はラク。
だけど納得して手放すことも
すごく大事。


だんだんムリなく
手放せるようになってきている
と思っています。

 


 


posted : 2016年6月17日