「センスがよくなりたい!」。今のじぶんが10年後のじぶんをつくる

数稽古した人の「いま」としていない人の「いま」は違いがあり過ぎます。それなのに比べてしまう。人と比べるとその瞬間に、眠っているセンスの小さな芽が引っ込んでしまいそう。成長していくには自分のペースってすごく大事。いまのじぶんは10年前の結果、と思うといまからまだまだ育てていきたいと思うのです…

posted : 2020年1月7日

続きを読む

Continue reading →

謹賀新年。「できるようになる自分」をイメージ。諦めない先に新たな景色がある!

元日の朝。『悦』(よろこび)の書とお正月の花で新しい年の空気感が。大晦日、頑張ってよかったです。ムリと思ってもあきらめずにそこからもうひと頑張りすると出合える景色があります。今まで何度もそういう景色を見てきました…

posted : 2020年1月1日

続きを読む

Continue reading →

「買わない」と決める。…すると、松ぼっくりがオリジナルなクリスマス飾りに

毎年11月終わりになると、クリスマス飾りの入った箱を出します。飾りは代り映えしないのに、手に取ってみると不思議に今までとは違った使い方や置き場所を思いつきます。今年のインスピレーション(?)はおさがりの松ぼっくりを積み上げてクリスマスツリー(?)に…

posted : 2019年12月25日

続きを読む

Continue reading →

クリスマス飾りは買い足さない。20年も前、森から持ち帰った蔓を活かす

あちこちのお店で素敵なクリスマス飾りを見かけます。…といってもここ数年そういうお店にはあまりご縁がなくお買い物はなし。それでも森の蔓やいただいたものなどでこの季節ならではの思いがけない世界が生まれます。予想もしない組み合わせの展開に自分でも「へ~」と思ってしまいます。

posted : 2019年12月24日

続きを読む

Continue reading →

春へ向かって、家具を動かさず何も買い足さずに模様替え。かごがもたらす小さな旅の記憶♪

暦の上では冬から春へ。このところ「片づけ」の考え方の記事が続いています。それには訳があるのですが…。二月に入り季節感を室内に取りいれたくて模様替えです。今日の話題は模様替えとかごに出会った頃のエピソード。

posted : 2019年2月4日

続きを読む

Continue reading →

冬の始まりのインテリア。「赤」と「あかり」でぬくもり感じて季節感を愉しむ。その工夫はどこから?

先日、クロス類を片づけたってお伝えしましたね。実はそのときついでに額を出して室内を晩秋から初冬に変えました。今日の話題はインテリアなんですけど片づけのタイミングの話・・・■片づけの流れでついでに額を入れ替え ■模様替え?季節感を色で取り入れる ■贈り物がもたらす世界 ■喰わず嫌いは損!?

posted : 2018年12月1日

続きを読む

Continue reading →

風に秋を感じて、リビングを晩夏のインテリアに。生活小物を隠さず居心地よい空間にするポイント

今日はインテリアと生活小物を分けて考えない、移ろいを受け入れる居心地と暮らしやすさの話です。■インテリアも生活小物も変化しながら心地よさをつくっていく■個人の持ち物の拠点は暮らしながらできていく■生活小物を使いやすい場所にまわりとなじませて置く■モノを足したり引いたり決めるのは暮らしている人

posted : 2018年8月26日

続きを読む

Continue reading →