プロフィール

土井けいこ
暮らしのアドバイザー
消費生活アドバイザー

 

1990年
企業の家事コーディネーターの仕事に就く。38歳で阪神・淡路大震災を体験。その後独立。

1997年
自治体消費生活講座講師依頼をきっかけに一念発起。40歳を過ぎて人生初めての猛勉強。2年掛かりで二次小論文試験合格。
1999年 消費生活アドバイザー資格取得。(経済産業大臣認定)

*独立してから*

講座、雑誌、テレビ、ラジオなどで暮らしの困りごと解決の考え方(問題の解き方課題の見つけ方)と具体的な解決方法を伝えて22年。依頼に応じて仕事をするうちにテーマも対象も開催場所もどんどん広がってきました。

*最近の取り組み*

2014年~
それまでの、家事への苦手意識のある人や捨てられない人との多くの出会いから困りごとをほぐすサポートが必要と考えるように。ひとり一人の困りごとをほぐすワーク中心の少人数講座を自宅、大阪、神戸で始める。

2015~2018年
大阪服部緑地公園前に小さな教室『リビングスタジオ208』をつくり、“「今日を大切に」する時短家事”を伝える少人数講座「暮らしの困りごと解決」を開く。

 

*著書 *

『「収納が苦手」な人のための片づけ術』主婦の友社刊
改訂版
『「収納が苦手」な人がラクに「片づけ上手」になれる本』主婦の友社刊

 

 

*ふだんの私*

50代半ばに3年ほど体調超低空飛行を経験。苦しいときも本を出版、講座も続けて、いまはそこそこ元気にアラカン。

image

 

 

 

 

 

 

 

↑シルバーイヤークリップ ロクマル記念にあとりえsakanaで彫金にトライ

講座では初めてのかたも笑顔でお迎えしていると思うのですが…ふだんの私は、時々近寄りがたい雰囲気と言われます。が…、それは人見知りのせい。本当です(笑)。

特技はどこの町でもひとり飲みの止まり木を見つけること。日が暮れるとおじさんに変身です(笑)仕事のあとのビールが楽しみ。純米酒が好き。好きなたべものは歯ごたえのあるもの。

時を経て味わいを増すシルバーのアクセサリーが好き。好きな服の色はアースカラー。黒、紺、生成。一見シンプルで個性的なデザインが好き。

布が好き。着物は見るのも着るのも好き。50歳前後5年ほどかなりの着物熱にかかり、
古い紬の仕立て直しに夢中になりました。いまは平熱(笑)。

image

 

*ボランティア経験*

20代
YWCA障害児夏キャンプで初めてのボランティア

30歳
約3か月海外ボランティア活動

・40歳前後2年間
兵庫県震災復興事業地域活動推進員

・同時期4年余り
コミュニティづくりに取り組む任意団体幹事
同時に同団体主催
ホームヘルパー養成2級研修運営担当

・40代~50代にかけて10年
ボランティア団体の家事ヘルパーとして活動