22年続く台所シンク下扉裏の収納改善。収納の状態も家事もどんどん快適に!

うちの台所シンク下の収納は
扉タイプ。
扉裏を道具類の収納に活用。

扉を開けたとき
スッキリ見えて使いやすい方法を
ここ数年、
頭の中であれこれ考え続けてきて…。

ついに
よい方法がひらめきました!?
しかも費用はワンコイン。

暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

住んで22年。
シンク下を快適に使うために
ずっと改善を重ねて
先日の改善で
とても快適になりました。

今日は
キッチンシンク下の改善を例に
改善のステップを取り上げます。

早く結果を得たい人には
向かない改善のステップかな?
制約の中で
楽しむことが伝わりますように。

 

■シンク下と扉裏収納
22年改善を続ける理由

いまの住まいに入居したのは
1998年6月。

あれからずっとシンク周りの
改善を重ねています。
それはなぜ?

費用をかけずに
アイディアを探し続けることに
意味がある…それが私の考え。

だからはじめから
完成形を望んでいないんです。

既成のシステムや使い方は万人向け。
我が家の暮らしに合った方法は
暮らしながら見つけていきます。

その間に暮らしも暮らす人間も
変わっていきます。

もっとスッキリした空間にしたい。
使いやすくしたい。
どうすればいい?

ここにあれがあった方が
使いやすいとか、
これでは使いにくいとか
センサーでキャッチ。

さらに解決策を頭の中で
アイディア会議。

やってみてダメなら
次のタイミングまで放っておきます。

これまで
何度も何度も改善を続けて
今回ついにベストな方法が
見つかりました!?

 

■費用をかけない制約と時間が
思いがけない「快適」を運んでくる

始めにこれまでのフックを全部外して
文房具店で買った
「シールはがし」剤で剥がして
拭き掃除。

次のステップに向かうために
掃除に取り掛かると
今まで取れなった汚れが
不思議に取れます。

本気ですると効果が出るものですね。

次に今回のメインである
ステンレスパネルを貼り付け。

何をどこに下げると
見やすくて使いやすいか
磁石選びや使い方を何度も試行錯誤。
改善が進みます。

一気にベストな方法が
見つからないことで
かえって
見つけられたときの喜びが

何倍にもなります。

改善し続けるのは
台所を居心地いい場所にしたいから。
道具の配置で動きに無駄がなく
家事がスムーズに運ぶと
気持ちがいいです。

それに自分の頭と手で
しかも費用もかけない方法で
改善する過程は楽しい

あるものを使って改善して
その都度小さな喜びを感じて
それが次の改善に
つなっがるようです。

制約があるから
アイディアが生まれる
気がします。

今回、
小さなステンレスプレートを何枚も
使うことを思いついたときは
早く試してみたくてわくわく。
改善前から楽しい。

長さのあるパネルが
売っていることは知らなかったので
お店で見つけたときは「やった!」。

使ったパネルは
一枚100円。
小さなジオマグネットも100円。

22年前も
100円ショップはありましたが
当時はステンレパネルも
ジオマグネットも
売っていませんでした。

待っていたわけではないけれど
チャンスが巡ってきた気分♪

この時点では
下の段のパイプは
そのまま生かすつもりです。

 

■長年の不便を根本解決

扉裏に
パイプをつけたのは何年前かな?
パイプに目玉クリップを使いだしたのは
4年くらい前?

見た目は気に入っていたけれど
たわしを掛けると
たわしの重みで
クリップが回ってしまうんですね。
根本的に改善したいな~。

下の段。
目玉クリップをやめて
マグネットにしてみます。
残念。
マグネットがパイプから
外れやすいです。

パイプを外して
ステンレスパネルと
マグネットでぶら下げ。
ダブルリングが吸い付くように
しっかりつきます。

ついに今までの不便が解消!

たわし類の使い勝手などを見直し
ものを絞りこみ。
だんだんスッキリ感がアップして
使いやすさもいい感じに。

改善が「かっぱえびせん」状態に
なりそうなので

デスクワークと
往ったり来たりして
それがまた次のアイディアに
つながります。

 

■閉めたら見えない扉裏に
関わるほど愛着が増す

別の場所の花ばさみなども
こちらに吸収。

ものが一目で目に入るように
スッキリ配置されていると
扉を開けたくなります。

排水口掃除のブラシ(上右端)や
たわしを
サッと手に取って使いたい。(笑)
なので
家事がはかどります。

ごくごくありきたりな
経年劣化も汚れもあるうちの台所設備。

しかも閉めたら見えない扉裏。
改善を22年近く繰り返して
関わることで愛着が深まり
いい感じに育ってきています。

快適な台所には
視覚的バランスと使い勝手の
どちらも
欠かせないものだと
今回の改善で気づきました。

マグネットの使い方など
詳しくは
別の機会に取り上げます。

 

《2020年4月1日/追伸》
この時期に
収納のことを取り上げるのは
外出が不自由な今は
暮らしを見直す機会と
少しでも前向きに捉えられたらと
思ってのこと。

掃除、片づけは
時間を区切って
気持ちと家のリフレッシュに活用!

このところの状況で
不安がじわじわと
膨らんでいる気がします。

拭き掃除は
そういう心をしずめてくれます。

前にも取り上げましたが
ドアノブなどを拭くにも

いまだからこそ
たとえ5分でも
淡々と拭くことに専念しては
どうでしょう。

きっと清々しく感じられることでしょう。
拭き掃除ってすごいですね。

今回の収納改善では
キッチン収納の扉の汚れを
しっかりと拭き取りました。

取れないと思っていた汚れが取れて
とても気持ちがいいです。

扉裏は
実際に使ってみて
断続的に改善が続いています。

その結果もレポートしますね。

===========

【こちらの記事もおススメ】







posted : 2020年3月30日