冷凍手羽をそのまま調理はNG?大丈夫!水から抜群のスープに!茹でて時短の手羽焼きも美味!

暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
「今日を大切に」する時短家事を
伝えています。

冷凍手羽の袋に
「そのまま調理しないように」
「冷蔵庫で自然解凍するように」
って書いてあります。

冷凍のままでも
おいしく調理できる方法がありますよね。

すごくおいしいスープがとれて
茹でた手羽はこんがり塩焼き~♪

今日は時短にもなる
冷凍手羽活用法を取り上げます。

 

■スープとお肉とダブルでお得!

冷凍手羽中は
まずはおいしいスープを得るために
水から炊きます。

お鍋に冷凍手羽中と
ひたひたくらいお水を入れて
弱火でコトコト30分。
タイマーかけて放っておきます。

茹でたて熱々を
そのまま食べるとおいしい!

(実は茹でたてを何もつけずにつまみ食い、
と〜っても美味しくて幸せ♪)

え?水から茹でたら旨みが抜ける?
お肉のうまみを味わうには
お湯で茹でるのが常識?
その常識がひっくり返る美味しさ!

 

■スープの保存と感動の活用法

濁ったスープが
きれいになりました。

スープはできたて熱いうちに
ペーパーで濾します。

ボウルとざるを重ねて
こぼして
ザルを引き上げると簡単。

このひと手間は
かける価値あり!
面倒だな~と思ったら
「美味しいスープが待ってるからね」
と自分に声掛けして~。

手羽中10本に水ひたひたで茹でて
スープは500㏄ほどできます。。

できたスープを
保存するときは
塩をひとつまみ加えて
冷蔵もしくは冷凍。

別の日
手羽中のスープを
おうどんの出汁に使ってみました。

具は干ししいたけと
えのきとネギだけ。

手羽スープが濃いので
椎茸の戻し汁を同量で割って干ししいたけの
旨みも足して
塩とお酒とみりんとお醤油少しで
味付け。

写真は地味ですが
スープは感動のおいしさです!

 

■茹でたて手羽中を焼くと
美味しく時短

茹でたての手羽をグリルで塩焼き。
スープの味を
手羽に沁み込ませるには
手羽をスープにつけたまま冷ますのが
いいはず。

でも茹でたての手羽は
グリル中火で5分ほどでこんがり~。

手羽中を
生から焦がさないように焼くのは
ちょっと火加減がむずかしいですよね?

その点茹でたてのは
焼き目のための火加減だから
ラクです。

茹でてあると骨離れよく
生から焼くより食べやすいです。

水から茹でても
うまみもあってジューシーで
スープとダブルの美味しさ。

(茹であがった手羽を
焼いている時間を使って
スープを漉して保存しました)

 

■茹でた手羽中に
お醤油まぶして冷蔵
お助けの一品

↑手羽を半分に切ってさらに食べやすく

茹でた手羽に
お醤油をからめて冷蔵すると
2~3日保存できます。

(以前に取り上げましたが
生で醤油絡めて焼いたものを
冷凍保存も美味しいです)。

茹でた手羽にお醤油だけなのに
焼くと美味しい~!
挽き胡椒をアクセントに。

時間がない時も
くたびれて
料理を考える元気もない時も
お助けのひと品になります。
 

たれ焼きもできます。
生で焼く美味しさもいいですが
こちらの方は時短。

茹でた手羽と好みのたれを
ポリ袋に入れて揉みます。

たれごとお鍋に入れて加熱。
火加減注意。
サッと手羽にタレが絡んだら
手羽を取り出します。

タレだけ煮詰めて
お鍋の中に
手羽を戻してタレをからめて
でき上り。

冷凍手羽中は
解凍せずに水からじっくり茹でる!
茹でた手羽を使うと
おかずもパパっとできます。

茹でている時間で
サラダなどを作って
時間も有効活用。

一度にたくさん茹でておくと
とっても便利。

 

***************

【こちらの記事もおススメ】

▼時短!おたすけ料理の保存方法を紹介↓


▼手羽のマーマレードと
お醤油少量漬け
メープルシロップ料理の

過程とレシピ掲載↓


▼時短で美味しく免疫力アップ!で感染予防


▼スープは手羽先で
豚角煮をチャーシューに

超簡単で旨し!


▼煮魚だって時短カンタン!

**********


posted : 2018年4月2日