モップをリメイク。短く切ってヘッドが回転しない工夫で、レンジフードの埃取りが踏み台要らずに!

 

こんにちは。
“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

丁寧な暮らしのための
時短家事&減災収納を
お伝えしています。

処分のつもりで
短く切った床用モップが
短さゆえに役立ちそうです。

あれを使って
あ~して
こう~して…

アイディアが浮かぶと
ちょこっとやってみます。

楽しい時間の始まりです。

お風呂天井用も
廃品利用でお試し中。

今日は
ゴミにするつもりのものが
工夫で楽しく実用品に蘇る話です。

 

■捨てるつもりで 切った
モップが工夫の始まり

去年の暮れ、
モップを新しくしました。
入れ替わりに古いモップを処分。

そのままの長さでは
回収の予約が必要。

モップを万能ノコギリで
50㎝に切ったのは
不燃ゴミに出すため。

本当は万能ノコギリを
使ってみたかった!?(笑)

処分のモップは20年も使って
グリップが 割れていました。

使う気になればまだ使えるのに
グリップが割れているのを口実に
処分のため切りました!

短くなったモップ。
いつでも回収に出せるのだし
処分の前に
ベランダの掃除に使ってみようかと、
取り置き。(笑)

え~、早く処分しないと~。

ところが!
処分のために切ったことで
思わぬところで
活躍しそうでなんです♪

使うためには
ひと工夫必要ですが
方法も具体的に浮かんで ウキウキ♪

そうしているうちに
あれ? あのとき残したヘッド、
お風呂の天井の拭き掃除に
使えるのでは?

あのときとは
モップを切ったときのこと。

20年も前に買った
無印良品の伸縮ポールも切って
それは ヘッドだけ残して
ポールは処分。(笑)

イヤですね~、
本当に捨てない人ですね~。

専用のが売ってるのだから
買えば済むこと。

このたびの工夫がわかっていて
残したわけでは
ないんですけど…

なんだか楽しい予感♪

 

■モップのパイプ切断面を
安全に使う工夫♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切ったモップの活用を思いつき
材料と道具を出して工作開始。

まずは切りっぱなしのパイプは
危ないので
革を巻いて安全対策。

革を巻く前に
ぶら下げ収納ができるように
パイプにダメもとで穴あけトライ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あいた!
革ひもを片方から入れて
反対側から目打ちでひもを引き出して…
できました!

50㎝のモップは
もう少し(自分の)腕が長ければ…
と思う高いことろに使えそうなんです。

例えばレンジフードの外側。
日々拭くとき
腕が届かないので脚立にのります。

モップで拭けたらいいな~。

でもご存じのように
床用モップを上向きで使うと
ヘッドがクルクル回って使えない。

そこでひと工夫。
骨折のときのギプスのように
ジョイント部を 厚紙と
マスキングテープ
グルグル巻きで固定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

不細工です。(笑)
革で張り直し。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

両面テープは
薄くて革にも使えるタイプを
選んでいます。

素材に合わせた
両面テープの選び方も
プチDIYのポイントです。

回転しません!
バッチリ使えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

50㎝のモップできました!
収納場所は レンジフードの前。
穴の持ち手に穴を空けたので
吊るせます。

レンジフードの埃を踏み台使わず
サッと拭けるようになって快適。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■そうだ!
お風呂の天井用もつくろう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高いところで使うモップといえば
お風呂の天井。

うちには
スクレーパーがあるだけで
専用のモップはないです。

捨てずにとってある
20年も昔のモップのヘッド。

さすが無印良品同士。
最新のスクレーパーの柄が
昔のモップのヘッドにも 使えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クルクル回転対策をして
マイクロファイバークロスで
天井や壁を拭きたいです。

お風呂で使うと湿気があるので革はNG。

とりあえずマステで固定して
テスト。

 

使えます!
マステは白に変えました。

な~んだ、
もっと前に 気づいても
よかったじゃないですか~。

 

■工夫を陰で支える優秀な道具と材料
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ダメ元で
パイプに穴をあけに使った道具は
『モクネジトリオ』。

その名の通り
ドライバー、ヒートン回し、錐と
3通りの機能がある
一家に一つおススメの道具。

ドライバーとしても
優秀ですが
穴あけ機能がすごいです。

単純な錐(キリ)ではなくて
ネジ状の刃がついたキリ。

カッター付き定規&カッターマットも
優秀です。
(なのに製造中止のよう…残念)

暮らしの不都合解決や
ひらめきを形にする楽しさは
かげから支えてくれる道具があってこそ。

それに材料も大事。
グリップに使った革は
リビングの椅子の座面が伸びて
張り替えた前の古いものです。

革素材は
100円ショップや手芸店でも
サイズが小さいのはあるはず。

窓の隅に見えるベランダに置いた
処分するつもりのモップを
日々目にしていました。

洗濯物を干すたびに
「床掃除に使えるかな?」
と思って手を触れていました。

見て触れていたから
活かせたと思っています♪

 

【関連記事】
↓こちらの記事では無印良品木製モップの
持ち手に革を張って使いやすく工夫

▼見ていると使いたくなる無印良品木製モップ
http://doikeiko.com/archives/13086
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


posted : 2017年5月15日