古タオル、お掃除シート、やめませんか?超極細繊維が拭き掃除を不快から快適に変える!

水が気持ちいいこの季節を利用して、
「雑巾」を使うのはやめませんか?
お掃除シートも使うのやめませんか?
超極細繊維クロスが、すごくいい働きをするんです。

雑巾洗いがイヤな方もまずは使ってみてくださいませ~!
とっても快適なので、
「おそうじクロスおススメ」シリーズ二回目です(笑)。

 

あなたの時間を大切に。
時短家事で暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

 

「雑巾は、使い古しのタオルを使うものでしょ?
わざわざ買うなんて…!」
「雑巾はお掃除シートで使い捨てがラクだから。」

そういう声をいろいろ聞きます。
「化繊のおそうじクロスは手触りがイヤな感じ…。」
という声も聞きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まず、濡らして絞ると肌触りが良くなるんです。
タオルでは落ちない汚れがラクに取れます。
超極細お掃除クロスはタオルや蚊帳ふきんにはない働きがあります。

タオルの3倍といわれる吸水力、そのうえ乾燥が早い!
ジメジメ無縁です。

20年近く、
超極細おそうじクロス(ポリエステル、ナイロン)を使ってきて、
洗剤なしの汚れ落ち効果は実感していましたが、
でも、使い方を限定していました。

今年の春、100円ショップで
使いよいサイズ、薄さのマイクロファイバークロスを買ってから、
シンク周りもトイレもほんとうに
こまめに掃除をするようになっています。

何しろラクにきれいになるので
使いたくなんるんです。

たくさんサイズが出ています。
ニトリなどの商品も見ましたが、
30センチ×30センチのものが多く、やや肉厚。

おススメは、20センチ×28センチ(30センチでもOK)。
このサイズ、
半分に折ると手のひらがちょうどのるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、汚れを抱き込んでくれるということは
クロスはすぐ汚れます。
汚れたまま使い続けるとせっかくの
超極細繊維の汚れを掻きとる働きがなくなって
見た目にもただの汚れた布になってしまい、不衛生です。

↓2枚のクロスは同じものですが、左は使って汚れた状態。
右は酸素系漂白剤(高温のお湯に溶かす)で汚れを取ったもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

メーカーは高温を使うとクロスの繊維が弱ると注意書き。
そこは汚れ落ち効果を優先して割り切って、
高温のお湯に酸素系漂白剤を振り入れて冷めるまで放っておきます。
ついた汚れが落ちてスッキリ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑粉末とスプレー。水洗いで取れない汚れはセスキを水に溶かしたアルカリスプレーを使うことも。

 

雑巾なんて、タオルの使い古しで十分?
ほんとうにそれでいいですか?

料理を作る調理台、食事をする食卓の上を
ジメ~っとした汚れた台拭きでぞんざいに拭いていませんか?

あるもので間に合わせに使っていたトイレの拭きそうじも、
↓このクロスを使うようになって、
汚れがラクに取れるので掃除をするのがすごく気持ちよいひと時になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑メーカーに訊いたところ、
取り扱いは「セリア」のみだそうです。

マイクロファイバーお掃除クロスを使うことは
特に水回りの掃除を快適にする大事なポイントだと
ますます思うようになっています。

お掃除に使う布は
ちゃんと選んでよい働きのクロスを使うのがおススメ。

乾いたままも使える、とメーカーは言いますが
手触りの感触がよく汚れ落ちもいいのは
濡らして絞って使うのがいいです。

超極細繊維=マイクロファイバー=お掃除クロスは、
お風呂もトイレも掃除にいざなってくれる、
私の時短家事の相棒のような存在(笑)。

使い捨ては手間いらずかもしれませんが、
掃除をする気持ちよさは味わえないと思うんです。

「わかっていないわね~。
掃除に使った雑巾を洗うのがイヤなのよね~。」

そうですよね。
それで、水が気持ちいい夏の間に
洗うたびに手になじみ使いやすくなる
お掃除クロスをおススメしてみました。

 

 

【お知らせ】

今日から、『土井けいこのdo!だより』は、
『土井けいこの時短家事』となりました。
どうぞよろしくお願いします。

明日8月16日まで投稿をお休みします。


posted : 2016年8月13日