カディコットン、インド綿の魅力。夏の服は、肌と身体にやさしい素材を選ぶ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インドのカディコットン↑

 

“暮らしはラクに楽しく♪
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

「私」の時間をたいせつに。
ていねいな暮らしのための
時短家事をお伝えしています。

 

きょうは『暮らしを愉しむ』で
暑い季節を快適に過ごす
夏服の素材
カディコットン、インド綿の話を
取り上げます。

一昨年の夏
一枚のストールに出会って
素朴で繊細なカディという
インド綿を知りました。

先日無印良品で買った
インド綿のワンピースが
カディに似た素材です。

肘を包む袖丈。
肌にやさしい生地が
冷えから身体を守ってくれるようで
デスクワークにすごくいい感じです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■夏の服は生地がポイント!

私が服を選ぶポイントの一番は
生地の素材感・風合いです。

素材が何かもだいじですが
糸の細さ、紡ぎ方、織り方によっても
風合いは変わります。

カディコットンは手紡ぎ手織り。
独特の糸車が使われていて
歴史的背景もあるようで興味深いです。

詳しくはこちら↓

Checkandstripe

身に纏うものは
自分を表すもので
気分にも大きく影響するもの。

そうなんですが
一昨年の夏
カディのストールに出会ってから

真夏こそ
身に纏う衣服の生地の役割を
考えたいと思うようになっています。

寒暖調節も含めて
自分を表現するおしゃれを
するってことかな?

 

■夏の衣類は
袖の長さもだいじ!?

夏の服は案外、
袖があるのが汗を吸ってくれたり
エアコンの冷気から守ってくれたりで
安心と思います。

袖があれば肌に直接触れるだけに
生地の風合いがだいじ。

無印良品で買った
オーガニックコットン
半袖ワンピースは、
インド製。

シールはがしちゃいましたが
セール価格~♪

P7286732_LI

 

ストールに比べると
やや張りがあるものの
カディに似た透け感のある
いい感じの生地。

ゆったりした身幅で腰を包むひざ丈と
肘が隠れる袖丈がエアコン対策に
すごくいい。↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じつは、
パジャマにするつもりで
買いました~。

ゆったりと空気を纏う感じで
しかもサラリとして…

そうだ、お風呂上りに着るのに
もう一枚買いたい!

紺色も店頭で見かけたので
サルエルパンツと合わせて
外出着にもしたいです。

ただし、私は無地が好き。
インドらしい
サリーに見られる裾のボーダー柄は
切るつもり。

洗濯すると2時間で乾きました!

パジャマにすると
毎日洗いたてが着られますね~。

 

■カディコットンのような
ふんわりブラウスの魅力

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑このブラウスに出会ったのは
一年前の今頃。

デパートのバーゲンも
終盤に入った7月の末。

お気に入りのブランドの
スタッフさんとおしゃべりしていて
お向かいのショップの
トルソーが着たブラウスを
「気になりますね~」と話題に。

襟がふんわりして
前身ごろがねじった不思議なデザイン。

手を触れてみると
見た目だけでなく
生地がなんともふんわりやさしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着てみると襟が空気を含んで
エアコンで冷える首を
さりげなくサポート。
安心感あり。

タグを見るとインド製。

カディのストールと
似た手触り感。

メーカー※1に訊いてみたところ
カディコットンではないかもしれない
とのこと。

よ~くよくていねいに
手のひらでにぎってみると
わずかに違いを感じるかな?

いや、やっぱりカディコットン
じゃないかな?

それくらい手触りよく
着ていてもいい具合に風を通し
空気を含んでくれて
ありがたいこと。

 

■カディコットンがきっかけで
30年前の服が蘇りました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バングラデシュに住んでいた頃
愛用した民族衣装
=サロワー・カミューズ。↑

なにしろ
素材感、風合いが素晴らしく
カディがきっかけで
帰国以来27年ぶりに
この夏は再びパジャマとして
着ています。

ショールはずっと現役!
四角大判風呂敷サイズも
ストールとして使っています。↓
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

夏、身に纏うものは

暑い屋外でも
エアコンの効 いたところでも
活躍するのがいいな。

身に着ける服の素材で
夏の室内外の寒暖調節を
うまくしたいから。

それにしても
インド綿ってすごいですね~。

 

*余談*

※1ふんわりブラウスのブランド
毎日着たいゆったり服~YAARAヤラ
アボリジニの言葉で「ゆっくり流れる」
の意味だそうです。

若い人向けながら
私の世代にもいい感じと思います。
生地と縫製と価格のバランスがいいと
思っています。

※2バングラデシュのサローワ
近年広まっている私も大好きな
サルエルパンツは中東が発祥のようです。
イスラム教の国
バングラデシュのサロワ
サルエル(パンツ)
つながっていると思っています。

※3カディの生地
カディは切り売りされているそうで
ストールを自分で作ってみたいです。
参考まで
リンク貼ります→切り売り

 

 


posted : 2017年7月28日