小さな片づけのタイミングはいつ?

片づけのタイミングはいつ?
取り出しにくいと感じたとき。
そのとき、気持ちに余裕があれば、
気分転換に『10分片づけ』。
小さな片づけは、気軽にしましょ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暮らしはラクに楽しく♪
時短家事のプロ
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

きょうの話題は、
「10分片づけ」のタイミング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キッチンのカウンター隅にレードル立てを置いて、
ペン立てに利用しています。

「ここ」にペン以外にも
「立ててしまう」モノで「いつも使う」モノで「ないと困る」
そういうモノが入っているのですが。。。

いつの間にか、ものが増えて出し入れがしにくいです。
この窮屈さが片づけどきのお知らせ、アラーム。

それで、いつものように、
デスクワーク中にお水を飲みに行って、
ついでに片づけ、となりました。

 

まず、全部出して。。。

あらら…同じマジックペンが2本。
カッターも2本。
どこから持ってきてしまったのでしょう。
写真ではよく見えませんがなぜかバターナイフも。

キッチンの「ここ」に置くものには
「黄色」の目印をつけるはずが、
つけるの忘れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ここ」にしまう理由があるものは右へ。
理由が「???」は左へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左のモノは、
ほかに置き場所が決まっているものばかり。

右のモノだけ元に戻します。
スカスカ~、気持ちがいいです。

あ、カッター2本とも戻さなくていいの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カッターの代わりに、
ほかに置いてあったペーパーナイフを「ここ」に置くことに。
それで、内側にマグネットつけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ペーパーナイフを内側にペタリ。
これでほかのものを取り出すとき危なくないかな?

黄色い目印もカンペキ(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キッチンのペン立てを見て、
来客がつぶやきました。

「…こういうのってどういうタイミングで片づけるのかな~」

はい、窮屈さに気づいたときがタイミング。

じつは、最近なにか使ったとき、
すでにアラームが鳴っていたんです。

使うたびに何度もアラームが鳴って、
窮屈さ=アラームの感覚を覚えていて、
すきま時間「10分片づけ」。

これは気軽な日常の中の片づけです。

 


posted : 2016年7月12日