『片づかない家、こと』が『片づく!』になる、大型連休の過ごし方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時短家事で
「私」の時間を大切に。
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

暮らしがラクに楽しくなる家事、
収納の工夫、片づけ方を
お伝えしています。

きょうは、
大型連休に向けて
暮らしの見直しの話です。

野山は新緑へ、
暮らしも新旧交代の季節。

今月からお弁当作りが
始まった人もいれば、
終わった人もいるのでは?

長年勤めた仕事に
区切りをつけた人もいれば
引越しした人も。

どの人も4月は
新しい暮らしになれるので精一杯の
ひと月だったのではないでしょうか?


■大型連休こそ
いつもできない
暮らしの見直し

子どもが巣立った親は
ぽっかり空いた部屋と
お弁当作りやごはん作りに忙しかった日々を
いまどんな気持ちで
振り返っているでしょう?

私が巣立った後の親の気持ち、
どんなだったか…と、
察することができなかった
当時の自分をいまは思います。

新しい暮らしが始まった人は
いままでのモノや収納の使い方
配置を見直すのに、
ゴールデンウイークは
とてもいい機会です。

捨てなくてもいいのです。

暮らしを点検し、
片づけることは
気持ちを整える時間にもなります。

そして新たな暮らしの
基盤づくりにもなります。

■住みながらリフォーム
したような大変な一年

新たな暮らしを受け入れる
態勢づくりをしないまま
ことが進むと
大変なことになります。

私の場合、
一年前ホームページをリニューアルして
何の覚悟もないままで
新たな日々が始まりました。

バタバタの一年で、
まるで住みながらのリフォームのようで
いや、オリジナルの一戸建てから
メーカー住宅に住み替えでした。

よくわからないまま
走っていた(住み始めた=書き始めた)
ことに
いま、あらためて「よくまあ…」と
思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

転居はもちろん、
入学、進学で
ライフステージが切り替わる時は、

長年住み慣れた家でも
環境は大きく変わります。

今月からお弁当作りが始まった人は、
お弁当箱の置き場所を
確保しましたか?
今までの密閉容器の中に
いれていませんか?

復職で通勤を再開した人は
通勤に着る服と普段着が
混ざっていませんか?

本当は新しことが始まる前に
新たな環境を受け入れる態勢が
できているのがいいのでしょうけれど
始まってみなければわからないことも多いもの。

ほんとうに。。。
しみじみ実感。

■ポツンと残ったお弁当箱

あるキッチンの目立つ場所に
お弁当箱が置いてありました。

てっきり毎日使っていると思いましたが
違っていました。

何年もそこに置いたままだったそうです。

小さな子供が成長する段階では
新たなものがどんどん入ってくるでしょう。

新しいことに目も気持ちも奪われ
過ぎたことにまつわるものは
忘れられ、そのままに。

私も偉そうなこと言えません。
仕事部屋の一角に
資料が箱ふたつ入っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一つは一年前に終えた
18年続いた仕事の残骸、ラジオ番組の資料です。

録音も取り置いてあるので
紙ものは丸ごと廃棄してもいい
とは思うのですが…。

できないですよね。(笑)

…それにしても、
この一年一度も手を触れていません。

定年退職を去年迎えた方は
スーツ類の整理をそろそろ始めても
いいのかもしれません。

置いたまま時が過ぎれば
もっとややこしい「塊」に
なってしまいます。

 

■埃の積もった資料を
処分する時間

つい数日前のこと。
記事で「3つのくくり」(塊)のことを
書いたことがきっかけで

デスク横にホーページの拠点が
一年経ってようやくできました。

新たな拠点をつくる過程で
収納を見直していたら
目に入ったのが
使いそうで使われない資料…。

ラジオの仕事のように
最終回があるわけではなく
いつの間にか使われなくなった資料です。

↓実際はこれの倍以上あります…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

仕事はいつの間にか切り替わっていて
長年使ってきた資料が
「過去」のものになっていたのです。

世の中がお休みモード入る頃
私は大量の資料を
淡々と振り分けて、
処分しているかもしれません。

18年間のラジオの資料も
埃が積み始めた長年の資料も
それなりに目を通して
淡々と振り分けている自分を
今からイメージして、

実行しようと思っています。

↓空いた場所に
埃が積んだファイルボックスが

ありました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

30代半ば、神戸へ引越しをして
少し経った頃のゴールデンウイーク。

家じゅうの片づけの見直しに
なんと大型連休のほとんどを費やしました。

その成果はその後の暮らしを大きく変えて
「片づかない」が「片づくに」!

それ以来大型連休は年に1回の大片づけ週間になり、
「リ・クリエイション週間」と呼んでいます。

この春、暮らしが新たになった人も
今までと変わらない人も

大型連休は、
暮らしを見直すチャンスです。


posted : 2017年4月20日