見ていると使いたくなる、無印良品の木製モップ。水洗いで汚れ落ちがカンタン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時短家事で「私」の時間を大切に。
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
暮らしがラクに楽しくなる家事、
片づけの方法、収納の工夫を
お伝えしています。

きょうは、
見ていると使いたくなる
いつの間にか床掃除をしてしまう
モップの話です。

去年の暮れに買った
無印良品の
木製フローリングモップ。

すごく魅力的な姿。
なのにペーパー愛用の方には
すすめられない事情がありました。

ペーパーが
とても挟みにくかったのですが
改良になったとのこと。

どれくらいの使いやすさかは
わかりませんが
私のおススメは
ペーパーではなく水拭き用。

乾拭きにも使えて
手入れもすごくラク。

 

目にすると使いたくなる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木製ポール。
長さといい太さといい、
なにより姿がいい。

掃除道具ながら
どこに置いても
目ざわりにならないどころか
目に入ると楽しくなって
使いたくなるのです。

そんなの私だけ?

見た目も機能もいい
モフモフのモップ(ドライ)ですが、

手入れの面も含めておススメは
水拭き用です。
乾拭きにも使えます。


■優れもの水拭き用
マイクロファイバー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素材が
マイクロファイバーですから
水拭き用も乾拭きにも
使えます。

途絶えがちだった
モップを持っての
毎朝の家中ひと回りが最近復活。
手にしたくなる無印モップのおかげ。

水拭き用を乾拭きに使っても
埃はしっかりキャッチ。
そのうえ手入れがラクなんです。

掃除が終わればて
次も気持ちよく使えるように
洗って干します。

まず、モップについた埃を
水洗いする前に
濡らしたペンシルブラシで
掻き出します。

ペンシルブラシを濡らすのは
埃が立ちにくくするため。

水拭きタイプは毛足が短いので
ドライ用モフモフより
汚れを取るのがとてもラクです。
(モフモフタイプも
埃をつまんで取って水洗いするだけで
きれいになります)。

濡らして揉み洗いで
すっきりきれいに。

埃がよく取れて
手入れがラクなのは
ほんとうにありがたいです。

前のは水洗い後
洗濯機で洗っていましたから。

↓イメージ
ペンシルブラシで埃を掻き出し
モップは水洗い後乾いた状態です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の買い替えで
これまでの
ヘッドにつけるモップは
お役目終了に。

3枚を使いまわして10年。
あまりまじめにモップがけしない
時期があったので長持ちでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝の室内パトロールには
すき間にどこでも入る
薄い水拭き用を使い
昼間はドライ用モフモフを
つけて通路に置いています。

 

■持ち手を
もっと使いやすく

カスタマイズ

使い出してすぐに工夫したのが
持ち手の部分。

もう少し手になじむように
皮を貼りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手持ちの革を切って
工作用に両面テープで貼りました。

貼ってから紐をつけたくなって(笑)
はがして穴あけ。
穴あけに使ったのはモクネジトリオ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元々モップには
穴が開いていましたから
革も同じ位置に穴をあけて
革ひもを通しただけ。

革を貼ったことで
手にしっくりなじんで
持ちやすさアップ。

革の色を木に合わせたので
全体の雰囲気をそこなわない
と思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■モップだって新旧交代OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがに無印良品同士です。
ポリプロピレンスツールと
モップがピッタリ。

モップの新旧の比較をしてみます。
↓写真手前は20年くらい前に買った
昔の無印良品のモップ。

ポールを外すと木の新しい棒にも
ヘッドの部分は使えます。
さすがシステム。

昔のはペーパーも
薄い布もラクに挟めます。
ポールはもともと緩んで使いにくく
テープで固定して使っていましたから
処分します。
ヘッドだけ残してみることに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つの長年使用のモップは
マジックテープが効かなくなって
直して使ってきました。

本体を残すかどうか考え中。

今のが壊れていないのに
新しいのを買うことにためらうって
ありますよね。

私もまだ使えるとも思いましたが
このモップに関しては
姿の美しさだけでなく
使って分かったことですが
マイクロファイバーの機能が
優れていて買い替え成功です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

掃除道具は
表に出すものではないですか?

私は掃除道具は
暮らしのそばにさりげなく
あるのがいいと思っています。

廊下に掛けたモップは
仕事部屋から
リビングへの通路に掛けておきます。

リビングへ行くときは
モップをかけながら
まるで連れて行く(笑)
という感じです。

ついでの掃除が
暮らしの中で習慣になるには
道具はわざわざ取りにくより
すぐそばがいいです。

 

《追記》~おススメできなかった理由

モップの底部分には
ペーパーを使うためのゴム状の
分厚いカバー(?)がついています。

固い底のカバーは
ペーパーを使わない私には
必要ない部品。
ですが、外したら戻せない。

無印さんに電話でも
訊いてみましたが説明通りにしても

固くてはめられませんでした。

さらにペーパーを挟む部分が
固くてとても使いにくかった。

電話で訊いた時点では
改善の予定なし、とのことでした。

ところが~!
本日見直し商品をネットで発見。
※新旧両方ネットストアに掲載

つい数日前
店頭でペーパーをはさみ込む
「フローリングモップ」が
半額になっていたので
調べてわかりました。
旧商品のため半額だったんですね。

ペーパー使わない方には
旧商品お買い得です(笑)。

 

《追記2》
水拭き用を洗い替えに
もう一枚購入。
右が軽くもんで水洗いを
繰り返した状態です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 


posted : 2017年3月3日