ヘアドライヤー、コードを巻かずにサッと使ってパッと片づけて安全も確保できる収納の工夫

 

pb225576

 

暮らしのアドバイザー土井けいこです。
きょうは、
いつもの「時短家事」の工夫をはなれて
「暮らしがラクになる『減災収納』」。

ヘアードライヤーの
ラクで安全な収納方法など
を取り上げます。

ヘアドライヤー、
使うたびにコンセントから
抜いていますか?

抜いた後
コードをドライヤー本体に
グルグル巻きにしていませんか?

コンセントから
電気製品のコードを抜くとき
何気なくコードを
引っ張っていませんか?

ふだんの暮らしで身につけた
ちょっとした習慣が
暮らしの安全につながります。

■サッと手にできて
パッと片づく収納法は安全

うちでは、ドライヤーは
使い終わったら右手に持ったまま
手のひらをくるりと下に返して
壁のフックにドライヤーをひっかけ。

空いたその右手で
コンセントからプラグを抜き、
洗面台右横の決まった場所に
コードの先を置きます。
コードは本体には巻きません。

コンセントから抜いたコードの
置き場所はひと工夫。

本来は紙などを挟むマグネットクリップを
使って
クリップの指で挟むバネのところに↓
コードをポンとのせています。

洗面台横の洗濯機に、無印良品マグネット付クリップ

pb225572

↑壁のフックに注目。
左右に振れるタイプなので、
ドライヤーを
ひっかけるのも外すのもラクです。

サッと引っ掛け収納ができることと、
地震のとき
ドライヤーも揺れて飛びにくいかな?
とイメージして選びました。

 

pb225573

 

■ドライヤーのプラグ
コンセントに差したままは
絶対NG、その理由

ドライヤーを使うたびに
ラクにプラグ抜く工夫をするように
なったのは
通電火災対策です。

コンセントに差したままの
ドライヤーが地震で飛んで
何かの拍子にスイッチが入る。

その後避難して無人となった自宅に
通電が再開する…。

地震による停電復旧が原因で起こる
火災のことを通電火災といいます。
通電火災のリンクはこの記事の最後に貼ります。

通電火災という言葉をいつ知ったか。

私の場合、
阪神・淡路大震災の時は
脱出の際
ブレーカーを落としていませんでした。
気持ちに余裕がなかった?
知識がなかった、と思います。

地震後、外に避難する際は
ブレーカーをオフにする。

そうすることで
停電復旧時に起こりやすい
通電火災が避けられる。

現在うちでは、
ブレーカーに貼るだけで
揺れでブレーカーが落ちる
グッズを使っています。

熊本地震では通電火災がゼロだった
ニュースで知りました。

阪神・淡路大震災の教訓が生かされて
注意喚起がなされての結果と思います。

でもまだまだ
ご存じない方も多いと思います。

ラクな収納方法として
プラグを差したままの事例も
見受けます。

コンセントからの抜き差しが
ラクな収納方法を工夫して
安全を確保しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■本体に巻きつけも
NG、その理由

コンセントからプラグを抜いても
本体にコードを巻きつけると
安全には使えなくなる
可能性があります。

本体に巻いて引き出しに収納
という収納事例をよく見かけます。

巻くとコード(特に付け根)
が傷みやすい。
ご存じとは思いますが
傷むと火花が出ることもあります。

私の経験では
昔アイロンを本体に
巻きつけていたことがあって
故障して電気店で
見てもらったところ
付け根が中で断線していました。

発火する前に使えなくなって
よかったです。


私がコードを
ドライヤー本体に巻きつけないのは
巻いたり解いたりの
手間を省くためだけではないんです。

火災を防ぐためです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■コードを引っ張って
抜くのもNG

プラグには指で持ちやすいように
真ん中に凹みがあります。
なるほど~配慮されているんですね。

クセで
コードを持って引き抜いてしまう方、
面倒…。
そういう時、アラームです。

pb225581

 

それでも手が届きにくい場所に
差し込み口がある場合は困ります。
おまけにけっこう指先に力を入れないと
抜けないこともあります。

年齢を重ねると
そんな小さなことにも困るようになります。

そういう時は
ワンタッチでプラグを外せる便利小物を。

↓写真のは親指をのせて押すと
ワンタッチでプラグが外せるタイプ。

うちではオーブンのコンセントが
手が届きにくいところにあるので使っています。
オーブンのプラグを差し込むのは
使うときだけ。

指二本で挟んで抜くタイプもあります。

pb225598

 

ヘアドライヤーをコンセントに
差しっぱなしの方は
ワンタッチで取り外しができる
便利グッズをヘアドライヤーの
プラグにつけるのも
習慣化に役立つかもしれません。

「暮らしがラクになる『減災収納』」は、
不定期掲載です。

【暮らしはラクに楽しく】は
毎日の暮らしが少しでもラクに楽しく
面倒と思うことが
少しでもラクにできるようになることを願って
あれこれ工夫を伝えます。

工夫する楽しさが
今日の充実になり、
工夫が安全に活かされますように。

 

通電火災に関する
神戸市のホームページのリンク

ヘアドライヤーの事故に関する
国民生活センターのホームページ
リンク

 

《追記》
消費生活アドバイザーの
試験に合格して18年になります。

阪神淡路大震災を体験した者
としてだけでなく
暮らしの安全についても
取り上げる機会を増やしていきたい
と考えています。

2017年3月3日記事を加筆。
画像も追加しました。


posted : 2016年11月22日