ヘアドライヤー、コードを巻かずにサッと使ってパッと片づける。地震、通電火災など安全も確保できる収納の工夫

 

こんにちは。
“暮らしはラクに楽しく”
暮らしのアドバイザー土井けいこです。

丁寧な暮らしのための
時短家事&「減災収納」という暮らし方を
お伝えしています。

ヘアドライヤー、
使うたびにコンセントから
抜いていますか?

抜いた後
コードをドライヤー本体に
グルグル巻きにしていませんか?

ふだんの暮らしで身につけた
ちょっとした習慣が
暮らしの安全につながります。

汚れやすくて散らかりやすい
洗面台周りで
ドライヤーのコードが
絡まらずにスッキリキープ!

今日は、
ヘアードライヤーの
ラクで安全な収納方法など
を取り上げます。

 

■サッと手に取れてラクに戻せる
安心感もある収納法

洗面台に引出しがないこともあって
当初から専用のグッズを使わずに
できるだけシンプルな方法で
引っ掛けられるようにと考えました。

阪神・淡路大震災のあの瞬間。
うちでは、
立っていた人間が飛ばされ、
洗面台鏡面の収納ボックスは配線で
かろうじて
壁からぶら下がっている状況でした。

だから、ドライヤーの収納方法は
地震の揺れで
外れにくくて飛びにくいのが条件。

住み始めのときに使ったフックは
左右に揺れるタイプで
地震対策と使い勝手を両立。

フックは
壁に1センチほどの釘で取り付けでした。

■使いやすさと安全の折り合い
次なる方法を試行錯誤

今の住まいに暮らして20年。
年月が経つ間に
フックの金属部分が錆びてきたので
フックを取り替え。

洗面台の横にステンレスのプレートを貼って
耐荷重3キロの
ガシッと張り付く
マグネットを利用してみます。

↓地震対策には
フックが動く方がいい。

ても、マグネットフックを使うなら
ドライヤーが外しやすい
フックが固定タイプが使いやすいかな。

相当しっかり磁力がありますが
揺れでなにかが当たって
磁石そのものがひょっとしたら
ステンレスプレートから
外れてドライヤーは飛ぶかも?

壁に3本の細いピンを
打ち付けるタイプに変えると
気持ち安心?

↓小さなフックを
ドライヤーのそばにつけると
プラグを掛けるのがラク。

使い終わったら右手に持ったまま
手首をくるりと返して
壁のフックにドライヤーをサッとひっかけ。

引っ掛ける部分が
360度回転するタイプなので、
ドライヤーを
ひっかけるのも外すのもラクです。

回転するフックは
初代と同様、
地震のとき
ドライヤーが左右に揺れることで
飛びにくいかな?
とイメージして選びました。

 

■ドライヤーのプラグを
コンセントに差したままは絶対NG
その理由

私がドライヤーを使うたびに
プラグ抜く工夫をするように
なったのは
通電火災を知ってからです。

コンセントに差したままの
ドライヤーが地震で飛んで
何かが当たってスイッチが入る。

ドライヤーが飛んだはずみで
コードにキズがつく。

停電で避難して無人となった自宅に
通電が再開すると…。

地震後の停電復旧が原因で起こる
火災のことを通電火災といいます。
通電火災のリンクはこの記事の最後に貼ります。

現在うちでは、
ブレーカーに貼るだけで
揺れでブレーカーが落ちる
グッズを使っています。

それでも
長年の習慣でコンセントは使うたびに
差して外します。

雑誌などでドライヤーの収納方法として
コンセントに差しっぱなしの事例を
見かけます。

抜き差しは慣れると苦になりませんから
差しっぱなしは安全のために
やめましょう。

 

■コードは巻かない
吊るす収納でコードが絡まらずスッキリ

コードを本体に巻いて引き出しに収納
という事例もよく見かけます。

巻くとコード(特に付け根)
の根元が傷みやすくNGです。
ご存じとは思いますが
傷んだ部分から火花が出ることもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それに巻いたりたたんだりすると
コードにクセがついて
使ってる間、
コードが絡まりやすいです。

引っ掛け収納はコードが絡まらず
外に出していながら見た目スッキリで、
使いやすく、安心感があります。

壁にピン穴があくのがNGの場合は
ステンレスシートと
マグネット使いがいいかな?

毎日の暮らしがラクで
地震対策も合わせて考えるのが
「減災収納」の原点です。

 

【こちらの記事もおススメです】

▼神戸市の通電火災記事のリンクです。
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/information/anzen/20160301.html

▼【保存版】フック使いで垂直面活用。使う場所に置き場所をつくる、吊るす収納で水回りが片づく!
http://doikeiko.com/archives/37315

 

 

 

*****追記 *****

著書が発売になりました!
「収納が苦手」な人がラクに「片づけ上手」になれる本

苦手意識をゆるめる考え方の本です。
ごちゃごちゃの解消法や
地震対策にも役立つ
家族で取り組む暮らしの管理も
取り上げています。

詳しくはこちらに掲載

アマゾンにて発売中


posted : 2016年11月22日