キッチンの隅に植物のエネルギー。空き缶と蔓、ゼロ円でいい感じ♪

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

2月、サイト(ホームページ)の
内部改修をしたところ
4年前までのホームページが
見られなくなりました。

それで
以前のような小さな話題を
復活させたいと思いまして、

日々投稿するコーナーを
『今日の小さな工夫』
としました。

小さな嬉しいことを
数行でも取り上げて
いきたいと思っています。

今日は
グリーンのカバーに空き缶を使って
キッチンの隅がいい感じ~
という小さな話です。

グリーンを感じよく置くとき
意識していることもお伝えします。

小さな工夫で
きょうも好い日に♪

 

■「出して置く」から
「しまって置く」へ
変えたらグリーンスペースができた!

去年くらいから地震対策もあって
キッチンのあれこれを
「出して置く」収納から
引出しに「しまって置く」に
替えています。

 

コンロのそばの小さなスペースは
長年小分けした
調味料の置き場所でした。

 

小分けの調味料を
使いやすい場所に
「しまって置く」に変えたところ
キッチンのコンロの脇に
小さなスペースが
できました。

白い背景はグリーンが映えますから
いろいろ楽しめそう。

以前からキッチンに植物を
置いていましたが
なんだか見慣れたスペースが
リフレッシュ。

植物のエネルギーを
感じます。

 

■「いい感じ♪」にするポイント

 

地震対策で空けたのに
ガラス瓶は困りますね。
そこで空き缶を
びんのカバーに利用して
黒いポットはいったん外して

いい感じになるように
植物の高さと
葉っぱのボリュームと
空き缶の高さのバランスを
ちょっと意識。

ポンポンと置く感じ。

なんとなく並べてしまうと
イキイキしなくなるかな?
3つなんだけど
3つでひとつのような感覚。

3つの植物のてっぺんが
三角形を描くように配置すると
アンバランスのバランスが
うまれるんじゃないかと思っています。

 

■拾いもので雰囲気アップ!?

そうこうしているうちに
蔓を置くことを思いつきました。

いいなんと!感じ♪
もう20年も前に森で拾ったもの。

両サイドの植物は去年秋、
ベランダのコンテナの下草で
こぼれ種が育っていたので
引き抜いた
イヌホオズキ(バカナス)。

丈夫で半年近く水だけで
育っています。

空き缶とか
拾ったものとか

ゼロ円で暮らしを愉しむのは
わたしの得意ワザ。(笑)

キッチンの隅に
グリーンを置くと
その周りを頻繁に拭くようになって

植物が人を動かすことに
あらためて気づきます。

もしかしたら
隅っこにエネルギーを感じるのは
植物が
アイビーではなく
コンテナから引き抜いた下草
イヌホオズだからかもしれません。

下草に生きる力あり。

 


posted : 2020年3月17日