【ニュース】 2018年10月07日 【「非常時の備え」自宅見学講座】「今、見て!知って!ほしい」。地震・停電への備え。実践例『減災収納』という暮らし方

新着記事

使えないものを抱えない対策。万能ノコギリ大活躍!不燃ゴミを分解して切ってコンパクトにして回収日まですっきり分別保管

今年も残すことろ2か月をきりました。何年も放置してきた不燃ゴミはありませんか?今日は、何とかして直して使いたいとおもいつつその気持ちも存在も忘れていたカメラの三脚を処分した話です。

posted : 2018年11月2日

続きを読む

続きを読む →

マグネットを使って包丁の収納を壁から引出しへ。地震に備える、安全への眼差しが快適につながる!

地震対策というとグッズを買うこと?専用のグッズが必要な対策もありますが、特別なものを買わずともできることが…。しかも地震対策の意識が暮らしをよくする…。今日は20年も続けてきた引出しの収納を地震対策をきっかけに見直した話題です。

posted : 2018年10月21日

続きを読む

続きを読む →

『減災収納』という暮らし方。地震・停電への備えは、ゼロより1の発想で暮らしながら3日分備えることから始める

漠然とした不安を抱えている人に、今、見て知ってほしい『減災収納』という暮らし方。●家具の転倒防止と扉対策/食器棚、キッチン収納扉、玄関前通路の折れ戸収納扉 ●備蓄品の種類、量、保管場所と非常食の試食、食品・飲料水の保管場所●停電対策/地震感知ライトの設置場所、センサーライトの設置場所、ソーラーライトほか種類と保管場所 ●携帯電話用充電、ラジオなど ●調理用の熱源など…記事の最後に快適に暮らしながら備える講座の案内を…

posted : 2018年10月7日

続きを読む

続きを読む →

使いにくさの元は思い込み!雑誌の収納は、かごより無印良品おもちゃ箱!子どもの絵本にも!?

かごが好き。好きなものは「姿」にほれ込んで買ってしまう。(苦笑)その結果使いにくくて持て余すってありがちなこと?無理にかごを使い続けなくていい方法がひらめきました。「…かごよりリビングで使っている無印良品のおもちゃ箱の方が向いているかも?」今日は「なんだか使いにくい」を解消する…

posted : 2018年9月27日

続きを読む

続きを読む →

停電。懐中電灯選びのポイントは?明るさが一番?子どもも、片手でも、だれでも使いやすいものを!

…直接被害がなかった地方では日々の暮らしに紛れて停電への備えができていない人がいるかもしれません。今日の記事は「取り急ぎ一つ買った…」「実はまだ…」そういう人の備えのきっかけになることを願って懐中電灯を選ぶポイントが話題…

posted : 2018年9月17日

続きを読む

続きを読む →

キッチン道具。「見せる収納」のメリットとデメリット。使いやすさと安全対策のバランス

キッチンの道具は、私にとって見えることで使いたくなるもの。置き場所置き方は地震対策も意識して使用頻度もしょっちゅう点検。その習慣がキッチンがものであふれないことにつながり、ものが把握できている安心感にも…

posted : 2018年9月15日

続きを読む

続きを読む →

キッチンの地震対策。「倒れた食器棚に挟まれる!」「出口を冷蔵庫が塞ぐ!」。そうなる前に転倒防止対策を!

9月6日の北海道での地震。揺れが小さかった地域に住み家具の地震対策をしていなかった人からは「どうせやっても…」という声も。今日は、6月の大阪北部地震のすぐ後に掲載した地震対策を食器棚と冷蔵庫に絞って…

posted : 2018年9月14日

続きを読む

続きを読む →