ご飯のあたためは蒸篭。トーストはコンロのグリル。おいしくて手入れも大丈夫!?

 

“暮らしはラクに楽しく♪”
暮らしのアドバイザー 土井けいこです。

ていねいな暮らしのための時短家事と
『減災収納』という暮らし方を
お伝えしています。

前回キッチン家電品に頼る暮らし方を
見直すことを提案しました。

それでは
キッチン家電の代わりに
何を使っているのか?

質問がありましたので
お応えしますね。

キッチン家電を使わなくなってきた
背景もお話します。

 

電子レンジではできない
蒸篭であたためるおいしさ

前回、阪神・淡路大震災を体験して
暮らしへの思いが深まったといいましたが
家電品を使うのを
急にやめたわけではありません。

暮らしを立て直すとき、
電子レンジを買っています。

それが3年ほどで壊れて
そのときすごく考えて
修理代を費やしたつもりで
同じくらいの金額で
上等な蒸籠を購入。

(壊れた電子レンジは1年ほど保管。
処分を急がなかった理由は
あらためて取り上げます)

あれから20年以上
蒸篭で冷凍ごはんを日々蒸かしています。
電子レンジと味の違いは…?
忘れました!

ただ、少々時間が経っても
冷めにくくて
お櫃のようで
冷めてもおいしく食べられます。

以前にも取り上げましたが
蒸篭で肉まんを蒸かすおいしさは
格別です。
冷めてもふかふか~。

蒸籠を使いはじめた頃
コーヒーメーカーも使うのをやめて
手で淹れるように。

あの頃は
今よりずっと忙しかったにもかかわらず
若かったから(笑)
晩ごはんの品数も多く忙しく料理。
それでも、
電子レンジより蒸篭を選びました。

手につながる生活の道具を
使いたい思いが
だんだんと具体的になったからかな?

スイッチポン、ピー!
で慣れていると
お湯を沸かして
蒸かしあがるまでの時間が
まどろっこしく感じますか?

蒸篭もドリップコーヒーも
途中の湯気がなんともいい感じ♪

そのひとときも含めて
「おいしい〜」
と感じているのかもしれませんね。

ゆっくりが
当たり前になります。

 

■焼く道具として
オーブントースターより
グリルを選ぶ理由

コンロのグリルは
狭い空間でかつ高温で
効率よく焼き目をつけられる優れもの。

買い替えのとき
トーストがおいしくできるように
両面焼きにしました。

オーブントースターは、
出張先のホテルで
朝食のとき使いますが
食パンの水分が飛んで
パサつく感じがします。

においが心配?
トーストしている間は
食パンから水分を放出していて
魚を焼いたあとでもにおいは
大丈夫なんです。
ただし焼けたらグリル内に置かずに
すぐに取り出すこと。

グリルは
魚も鶏手羽もスルメも
焼き目がいい感じに
しかもふっくら焼けます。
焼き目がつくのですから
グラタンもできます。

ちなみにオート機能は使いません。

もう一つ別の理由があります。
機能が優れたグリルがあるのに
オーブントースターを使うのは
場所塞ぎだと思うから。

 

■後始末は熱いうちに拭く!

 

グリルを使わない理由の一つに
後始末問題があります。

使ってすぐ(やけどに注意して)
濡らしてギュッと絞った
マイクロファイバークロスで
網や受け皿の汚れを拭き取ると
あっという間にきれいに。

洗うのも熱いうちがポイント。

といいながら、
サッと拭いたり洗ったり
するようになったのは
最近のことです。

正直にいうと
20年前使っていたコンロは
グリルに水を入れるタイプで
あとになるほど洗うのが嫌でした。

それで、
焼けたときグルルごと引き出して
五徳の上に置いて
汚れが見えるように
洗うのを忘れないように
工夫したことも。

両サイドのプレートは
まだ外し忘れることがあります。(汗)

それでゴシゴシ~。
グリル内のプレートを外せるタイプは
掃除がラクなのでおススメです。(笑)

 

■キッチン家電がもたらすデメリット

電子レンジやオーブントースター
炊飯器、食洗器がないと不自由?
それは逆です。

前回も言いましたが
家電がないと家事ができない
(と思ってしまう)って
とても不自由なこと。

それに
家電品にキッチンの
作業スペースを占領されるって
不自由です。

食器洗いが嫌で
食洗機が欲しかった震災前の私でしたが
買わなかったのは予算だけでなく
空いている(作業のための)
スペースが大事だと知っていたから。

家電は便利ですが
便利なものが場所を占領し
人の動きを不自由にします。

家電の便利さに慣れると
気持ちの上でも技術的にも
できることができなくなってしまいそう。

「3.11」のあと、
食洗機を使わなくなった人がいます。

計画停電を体験して
何か思ったのでしょうか。
使わなくなった理由を聞いても
なにもいいませんでした。

お子さんの自炊や
ケガや病気の場合、
電子レンジは特に重宝です。
この先、
私も使うようになるかもしれません。

でもできるだけ
身体で覚える感覚を鍛えて
暮らす力をつけたていきたいです。

それになにより
蒸篭もグリルも素晴らしい調理道具です!

電子レンジを手放すことを迷っている方は
急がずにお鍋で蒸かすおいしさを
体験してみませんか?

 

《追記》
20年前壊れた電子レンジは
オーブン機能付きで
あたため機能より
オーブンをよく使っていました。

そのため蒸篭を買ったあとコンパクトな
オーブンを購入。
長年来客時の料理に大活躍。

現在もキッチンにありますが
最近は年に何度か使う程度。
じゃまにはなっていませんが
そろそろ見直しでましょうか。

***************

【関連記事】

▼フライパンで蒸かす!かたくなってパサパサのパンが1分でふわふわ~http://doikeiko.com/archives/24400

 

▼パリッとジューシーにグリルで手羽が焼き
http://doikeiko.com/archives/28209

 

▼「3.11」は、便利なキッチン家電を見直す日。家電品に頼らず、あるもので工夫する暮らし方を
http://doikeiko.com/archives/39180

 


posted : 2019年3月12日