生ゴミの臭いは、濡らさず、ゴミ箱に蓋しないで解決!でもゴキブリ、コバエが…。ゴミが見えるのもイヤ!

 

こんにちは!
“暮らしはラクに楽しく♪”
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切に」する時短家事と
暮らしがラクになる『減災収納』を
お伝えしています。

*

生ゴミを入れるゴミ箱に
蓋をしないなんて
コバエやゴキブリが湧きそう!?

コバエやゴキブリって
生ゴミの臭いを好むって
知っていました?

生ゴミの臭いの元って、
空気がないところで
活性化する微生物なんですね。

だから、
ゴミ箱にコバエやゴキブリが入るのを
気にして蓋をするのは逆効果!

今日は
生ゴミのゴミ箱に蓋をしないことが
臭い対策になって
結果的にコバエやゴキブリも発生せずに
快適キッチンになる…という話です。

 

■生ゴミの臭い対策その1
生ゴミを濡らさない

生ゴミの臭い対策で
まず心がけることは、
ゴミを濡らさないこと。

ゴミが濡れていると腐りやすく
臭いがひどくなります。

(その理由はこちらの記事に掲載。最後にもリンク貼ります)
▼「キッチンのコバエ、生ゴミの臭いが困る~」。
3つのNGを知って、発生元を断つ!

http://doikeiko.com/archives/32551

まな板で
野菜を刻みながら
シンクの中に野菜くずを
落とすのはNG!

お皿に残った焼き魚の皮や骨を
排水口のゴミ受けに流し込んでしまう
ケースも見受けます。

どちらのケースも
生ゴミの臭いの原因をつくっています。

(魚をさばいた生ゴミは冷凍するのも方法です)

うちでは生ゴミは
調理台の上で新聞紙に包むので
水が掛かからず、
吸水力と通気性でゴミ箱の中でも好都合。

とはいっても
新聞をとっていない家庭も
多いですよね。

野菜の皮やヘタはザルで受けて
少しでも乾燥させることを
心がけましょ。

通気性のいいザルに
(底に水切り穴がある
プラスティック植木鉢などもOK)
水切りネットを使って
生ゴミを空気にさらすと臭い対策に。

ポリ袋を使う場合も
ゴミ箱に捨てるとき
口を閉じないで空気が入るようにしましょ。
それが臭わないポイント。

ゴミ箱の底に用済みの
学校やDMの印刷物を敷くのも
臭い対策に。

 

■生ゴミの臭い対策その2
ゴミ箱に蓋をしない

臭いの元の微生物は
水気があって密閉していると繁殖。
だから濡らすだけでなく
ゴミ箱に蓋もNG!

コバエが生ゴミの周りを
ふわふわ飛んでいるのを
よく見るのは
生ゴミの臭いを好むからなんですね。
ゴキブリも生ゴミの臭いが
好みだそうです。

若い頃、
蓋を開けたときの臭いがイヤで
蓋のないゴミ箱にしました。
その結果臭いがほとんどなくて
蓋をしないことが害虫対策に!!

 

■ゴミ箱を密閉せずに
ふたをする方法

上からゴミ箱の中が見えるのが
気持ちよくないということも
ありますよね。

そういう場合はゴミ箱
(できれば底や周りに穴があるもの)に
目玉クリップを挟んで
蓋を締め切らないように
すき間を開けます。

蓋を利用しながら密閉もしない
この方法は使い勝手も上々。

壁用のワイヤーラックを
クリップで留めて蓋がわりにすると
中が見えにくいです。

お子さんが開けると困るので
(いたずらではなく指を挟むから)
冷蔵庫扉ロックなどに使う100円グッズが
ゴミ箱の蓋を閉めきらない対策に使えます。

蓋が浮くように貼り付けます。

ペットを飼っていて
外出中や就寝中の
ゴミ箱対策が必要な場合は
100円グッズで蓋を閉めきらず
通気性を確保しつつ蓋をロック。

小さなゴミなら
ロックをしたまま
横から入れられます。

ツメを指でつまんで
引き上げて開けます。

調理中は
軽く引っ掛けることもできます。

ペット対策に引出し収納は好都合ですが
密閉しないように対策が必要。

うちではシンク下の扉収納の中が
分別ゴミの保管場所。

洗って水切り後つぶしたアルミ缶の
引出しを
締めても締め切らないように
クリップを止めています。

 

■臭う元に蓋をしない
その発想はどこから?


↑昔のキッチンにも生ごみ入れはなし

30年近くゴミ箱に蓋をしていません。
蓋をしなくなったのは
蓋を開けたときの臭いがイヤだったからと
いいましたが
これは理屈ではなく五感が
感じ取ったこと。

もう一つ。
生ゴミを濡らすのがイヤで
長年シンクの中にゴミ容器はなし。
これも五感です。

臭いの元が
空気を嫌う
「嫌気性微生物」だと知ったのは
ずっと後になってからです。

数年前から生ゴミを包むのに
吸水性と通気性抜群の
新聞紙を使っていますが
その前は調理台でポリ袋(縛らずに)を
使っていました。

その経験から
生ゴミの臭い対策は
ゴミ箱にふたをしないことが
一番だと考えています。

生ゴミが濡れると腐りやすいのは
ほんとうは
誰もが知っていることだと思うのですが
なんとなく濡らしています。

濡らすことに
不快なセンサーが働くなっています。
臭う原因をつくって
臭いが外に出ないように
ゴミ箱にふたをしています。

さらに
コバエや殺虫剤を使うのは
これはマッチポンプ状態。

これから気温が上がります。
五感を働かせてポイントを押さえて
生ゴミを快適に保管しましょ。

 

 

《追記》NHK『あさイチ』出演その後
生ゴミの臭い対策の
番組で指南役を務めたのですが
それを見たみなさん
口をそろえるように
「新聞紙ですよね!」
といいます。

え?番組でそこを強調しましたか?
濡らして密閉するのがNG!って
番組ではお伝えしたのですが…。

 

***************

 

【生ゴミの臭いの原因について詳しく書いた記事】

▼「キッチンのコバエ、生ゴミの臭いが困る~」。3つのNGを知って、発生元を断つ!
http://doikeiko.com/archives/32551

【今日の内容に関連した記事】

▼「消臭効果バツグン!!生ゴミの臭い対策は新聞紙で包む!使いやすく収納も工夫」
http://doikeiko.com/archives/17322

▼キッチンのゴミをスッキリ!分別ゴミの置き場所はどこに?清潔保管で臭い対策もOK!
http://doikeiko.com/archives/11764

▼「台所にゴミがあふれる~!」。ゴミを減らして、暑苦しいキッチンをすっきり快適に!
http://doikeiko.com/archives/17322

 

 

 

 


posted : 2019年4月16日