外出時の忘れ物は、帰宅時バッグを空(カラ)にして解決

外出先で
かばんの中からものを取り出すのに
いつも焦りながら探していた…
それがある時期までのわたしです。

ところが
あるときを境に
頭の中とバッグの中が連動して
スッキリ把握できるようになり継続中。

継続できているのは
外出中留守を守る
直径30センチのかごの存在と
帰宅後のひと手間があるからです。

こんにちは!
暮らしのアドバイザー
土井けいこです。

「今日を大切にする」時短家事と
暮らしがラクになる「減災収納」
をお伝えしています。

前回は
「バッグの中のずっと続く整理法」
でした。
まだの方は前回の記事
ぜひ先に読んでくださいね!

今日は、
バッグの中のごちゃごちゃ化を陰で支える
帰宅時にバッグを空にする習慣と効果を
取り上げます。

 

■帰宅後にバックを空にするメリット

「どうして次の日も持って出るバッグを
いちいち空にするのですか?」
講座の受講生さんに聞かれました。

ものの出し入れが
点検の意味を持っているからです。

モノに手を触れて目にすることで
ものの存在が記憶されます。

バッグに入れた記憶が確かであれば
外出先で何か必要なとき
目当てのものがパッと目に入らないとしても
気持ちは焦りません。

わたしの場合、
バッグの中が把握できていなかったときは

どこにあるか一瞬わからずに(場所が浮かばず)
焦ってかき回すので

あるのに「ない!」が口癖になって、
なんとか代わりの方法で
用を済ませた後になって
見つかることもよくありました。

バッグの中のものを
帰宅時に出すことは面倒に思えますか?

バッグを空にすることを日々繰り返すと
間違いなくバッグの中のものが
把握できるようになります。

出したり入れたりすることで
入れっぱなしのときとは違って
手に持つわけですから
ものの存在感が、
手と目で脳に刻まれるのです。

 

■外に持ち出すものの戻る場所
「基地」があるメリット

ものの存在感が記憶されるだけでは
ないんです。

外に持って出たものを「基地」に戻すとき
翌日に不要なものを取り除くと同時に
翌日に必要なものが
帰宅時に準備できることになります。

いまは、バッグの中を空にするというより
ものを管理する拠点として「基地」に戻す
と考えるようになっています。

【いつも外で使うもの】=3つのポーチは、
バッグと「基地」を行ったり来たり。
その繰り返しで
中身を管理する意識も育ちます

出かける前にバッグに3つのポーチを入れると
「基地」(かご)の中は空っぽに。

忘れ物がないことが見てわかります。

服装や持ち物の量に合わせて
かばんを別のものに替えても
帰宅時に一カ所にまとめたものを
そっくり移す(基地を空にする)だけなので
忘れ物をすることはありません。
たぶん…(笑)。

少なくとも
出先で「ない!」と焦ることは
確実に減ります。

バッグを替えない人は
入れっぱなしでもいいのでしょうか?

バッグが同じかどうかは関係ないです。

バッグを空にするとき、
今日の済んだ用事(モノ)と
【いつも持ち出すもの】を
ラクに分けることができます。

「基地」に戻して
再びバッグに入れるとき
中身を整えることができます。

中身を把握するだけでなく
どこに何があるのか
頭の中にモノの位置=地図が
できることにもなります。

入れっぱなしだとその機会をつくるのも
ひと仕事になってしまいそうです。

 

■機能する「基地」の条件

「バッグの中のものを出したら
ごちゃごちゃになる」と
いった人がいます。

どうやら
散らかったテーブルに
バラバラと
置くイメージのようでした。

バッグから出したものを置く
「基地」はとても重要ですから独立させます。

場所は
帰宅後あちこち動かないうちに
ラクに置ける場所が適しています。

わたしの場合は
玄関から靴を脱いですぐ開けるドアから
まっすぐ3歩のところです。

ドアから「基地」まで
自分の動きを遮るものはなし!

まっすぐ進むそばにはテーブルがあり
バッグの中のものを
いったん出すこともできます。

戻しやすさを考えると
「基地」の置き場所は、
腰高で上から中が見えることと
深さがポイント

わたしの「基地」=かごの直径は30センチ。
【いつも持ち歩く】3つの
ポーチの幅が約27センチ。
深さはかごもポーチも約20センチなので
入れやすいです。

「基地」にふさわしい収納は、
そこに入れる
バッグの3つの入れ物(ポーチ)の
大きさを考慮して決まっていきます。

3つの入れ物(ポーチ)の大きさは
その中に入れるものと
バッグの大きさを考慮します。

人によって持ち物が違いますから、
諸条件を満たすものは当然それぞれです。

使うバッグによっても違います。
バッグに入れるものを
はっきりさせるのが出発点ですね。

バッグを空(から)にするのが習慣になると
かばんに入れっぱなしでは
スッキリしません。

メリットの方が身体に沁みているようです。

かばんの中が把握できるようになって
帰宅後は
わずかな時間ながらほんの少し気持ちゆっくり
一日を振り返りながら
バッグの中身を「基地」へ移します。

バッグを空(から)にすることが
次の日、
出かける前の余裕につながっていると
実感する日々です。

 


posted : 2019年7月23日